66


 矢吹君は私を椅子に座らせ、自販機で缶ジュースを買ってくれた。


「少しは落ちついた?」


 矢吹君の顔を見て、安心したんだ。

 一人じゃないって、安心したんだ。


「……みんなは就職するから、スポーツクラブを辞めたの。誰も言ってくれなかったから、私だけ継続して……寂しかったんだ」


「俺がいるよ。俺もスイミング始めようかな。そしたら、上原と一緒に泳げるし」


「……私はレディース専用時間だから。それは無理だよ」


「レディース専用か。女装しなきゃダメかな」


「じょ、女装!?」


 矢吹君のジョークに、思わず笑みが漏れた。


「やっと笑ってくれた。俺と付き合い始めて、上原はずっと寂しそうな顔をしてたから。笑ってくれてホッとしたよ」


「……矢吹君」


「上原は中原や田中さんのことが大好きなんだなって、よくわかった。中原も田中さんも上原のことが大好きなはず。きっとまた、以前みたいに仲良くなれるよ」


 そうかな……。

 恵太はもう私のことなんか、相手にしないよ。


 美子だって……

 LINEはずっと既読にならない。


「俺もね、二年前にあることがきっかけで、仲間がバラバラになったんだ。関係を修復したいけど、それも出来ない状態なんだ。上原はまだいいよ。中原も田中さんもすぐ傍にいる」


「……矢吹君?」


 矢吹君が友達の話をしたのは初めてだった。日本には友達がいないと言っていたから。


 矢吹君も辛いことがあったのかな……。

 私よりも、もっと辛いこと……。


 矢吹君はどこか遠くを見つめている。

 その瞳の奥は、苦悩に満ちている。


「バラバラになったって、逢ってないの?」


「一人とは連絡取り合ってる。ほら、渋谷で一緒だった彼だよ。もう一人は行方不明だったけど、やっと見つけた。でも、もう一人は……」


「もう一人?」


「いや、何でもない。せっかく来たんだから、トレーニングして帰ろう。俺がずっと見てるから、上原は一人じゃないよ」


「……うん。そうだね。泳いで気持ちをすっきりさせる。矢吹君、ありがとう」


 みんなが私から遠ざかったとしても、矢吹君だけは……傍にいてくれる。


 それだけで……

 心があったかい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます