64

「優香、彼といつから付き合ってるの?彼は何歳なの?どこの大学を卒業されたの?東京の方?もう就職されてるのかしら?」


 母は次から次へと、私に質問を浴びせた。


「まだ付き合い始めたばかりだから。矢吹君は私と同じ歳で帰国子女なんだよ。三年前に日本に戻り北海道の大学を卒業したって聞いたけど、私も詳しいことは知らない」


「まあ、お付き合いしているのに何も知らないの?就職の内定決まってないのかな。二人揃って就活中だなんて、前途多難なカップルね」


 前途多難だなんて、まるで絶望的みたいに。私はともかく、矢吹君に失礼だよ。


「疲れたから、夕飯まで部屋で休む。洗濯物宜しく」


「はいはい」


 かめなしさんは母からちゃっかりオヤツをもらっている。


 猫は働かなくていいから、いいよね。

 私もなれるものなら、猫になりたいよ。


 冷蔵庫から缶珈琲を取り出し、二階に駆け上がる。


 ストレス発散のために参加したキャンプなのに、発散どころかストレスが蓄積され、気疲れでヘトヘトだ。


 部屋の窓から家の前の車道を眺める。

 暫くすると、恵太の車がスーッと家の前を通り過ぎた。


 恵太の家のカーポートに車は収まり、美子が後部座席から降りた。恵太が美子に荷物を渡している。


 遠くてよく見えないが、恵太が何か話し掛け、美子が泣きながら走り去った。


「……美子」


 恵太のバカ、何言ったのよ。

 本当にバカなんだから。


 直ぐに携帯電話を取り出し、美子にLINEしたけど既読になることはなかった。


 いつもなら、すぐに返信あるのに。


『どうしたんだよ。浮かない顔だな』


「かめなしさん、美子が泣いてた……」


『美子が?恵太が優香に告ったんだ。泣きたくもなるだろう』


「……私のせいだよね」


『そうだな。そもそも矢吹をキャンプに連れて行った優香のせいだよ。矢吹さえ連れて行かなければ、洋子と喧嘩にもならなかったし、恵太が優香に告ることもなかった。美子を泣かせることもなかったし、幼なじみの嘘っぱちな友情は守れたわけだ』


「……嘘っぱちだなんて酷い。私達は親友なんだから!」


『好きな気持ちを偽って、友情ごっこして何が楽しいんだよ。友情ってのはな、失恋しても変わらないのが、真の友情なんだよ』


「猫のくせに、わかったようなこと言わないで」


『俺だって、それくらいわかっている。だからこうして……』


 かめなしさんは何故か表情を曇らせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます