62

 でも……

 不思議なんだ。


 家で飼うことが決まった途端、かめなしさんは元気になった。ヨロヨロしていたのに、ピョンピョンと走り回りテーブルや椅子の上に飛び乗るようになった。


 まさか……!?


 アレは仮病で、空腹だっただけとは思いたくはないが、もしもそうだったとしたら、かめなしさんに【主演男優賞】あげるよ。


 ◇◇


 私は矢吹君に、かめなしさんを拾った時の様子を話す。後部座席を見ると、かめなしさんはシートの上で丸くなって寝ている。


 時折、猫耳がピクピクと動く。

 人間だけど、寝姿は猫みたいだな。

 いや、猫なんだけど、人間みたいなのかな。


 だんだんわけがわかんなくなる。

 かめなしさんと一緒にいること自体が、ラノベの異世界ファンタジーに迷い込んだみたいだから。


「異世ファンが好きなんだね。驚いたな。確かに、ナイトはイケメンだよね。異世ファンは日本での活動は休止中なのに、まだ好きなんだね」


「うん。大好き。異世ファンは元々海外で活動してるバンドなんだよ。海外でのバンド名は違うみたいだけど。いつになったら、復活ライヴしてくれるのかな。全てが謎のベールに包まれていて、本当に異世界から転移したんじゃないかって思えるくらい」


 テンションが上がる私に、矢吹君は笑みを浮かべる。


「転移か……。何だか、妬けるな。ナイトが恋のライバルに思えてきた」


「……っ、そんなんじゃないよ。矢吹君はナイトより、断然カッコいいもの」


「ありがとう」


 異世ファンは活動休止中だけど、私の騎士ナイトは隣でハンドル握ってる。矢吹君の助手席は、私にとって特等席だ。


 矢吹君は真っ直ぐ自宅まで送ってくれた。古い住宅の建ち並ぶ街にピカピカのポルシェが異彩を放つ。


 矢吹君はトランクから私の荷物を取り出した。私はドアを開け後部座席で寝ているかめなしさんを揺り起こす。


「かめなしさん、家に着いたよ。起きて」


『ふあぁ~!よく寝た。もう着いたのか。ああ、お腹空いた』


 かめなしさんはピョンと車から飛び降り、矢吹君をジロッと見た。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます