60

 でも恵太の車の助手席は、美子ではなく琴美だ。美子は後部座席でカンジと宏一に挟まれ、小さくなっている。


『美子、こっちに乗る?』そう言いたいのに、聞くことが出来ない。


 なぜなら、美子が私と視線を合わせようとしないからだ。


 助手席の窓がスーッと開き、琴美が笑顔を向けた。


「優香、洋子のこと気にしなくていいからね。次に逢った時は、きっとケロッとしてるよ。彼氏と上手くやりなさい。私も球児と上手くやるからさ」


「……琴美。じゃあ、またね。美子……またLINEするね」


 美子は俯いたまま、小さく頷いた。


 恵太の車が静かに発進する。


『あーあ、美子完全に拗ねてるな。恵太が優香に告ったりするからだよ。乙女心傷ついちゃったよ。可哀想に』


「……それで、元気がないのかな」


『かなり重症だよ。俺と一緒だ。目障りなのはだ』

 

 かめなしさんが矢吹君を睨みつけ、矢吹君は一瞬戸惑ったように見えたが、すぐに私に視線を向けた。


「上原、どうかしたの?」


「あっ、何でもない」


「俺達も帰ろうか」


「……うん」


 私はかめなしさんと一緒に矢吹君の車に乗り込む。私の膝の上に乗ろうとしたかめなしさん。


「あのさ、無理だから」


『どーしてだよ。優香の膝の上で大丈夫だよ』


「絶対、無理だから。後部座席に乗ってよ」


『ちぇっ、イチャイチャ禁止だからな。もし、イチャイチャしたら、アイツに噛みついてやる』


「そんなことしたら、許さないからね」


 矢吹君が私を見ながら、クスクスと笑った。


「上原って、本当に面白いな。まるで猫の言葉がわかってるみたいだね。猫がいるから、寄り道も出来ないし、真っ直ぐ家に送るよ」


「わ、わ、私はかめなしさんと会話なんてしてないし」


「前から思ってたんだけど。どうして『かめなしさん』なの?猫が自分で名乗るはずもないし。まさか、上原の初恋の人の名前とか?」


 矢吹君はサングラスを掛け、ハンドルを握る。その横顔に、思わずうっとりと見とれた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます