57

「車で話そうか」


「……うん」


 二人で駐車場まで歩く。

 矢吹君がすっと私の手を握った。


 みんなを傷付けているのに、自分だけがこんなことをしていいのかな。


 いいわけない。


 自分から、矢吹君の手を解く。


 矢吹君は助手席のドアを開けてくれた。罪悪感を抱えたまま車に乗り込む。


 矢吹君は運転席側に回りドアを開け、車に乗り込んだ。


「このまま、二人でどこかに行こうか」


「えっ?ダ、ダメだよ。私、降りる」


「冗談だよ。上原って、面白いね。猫と話したり、可愛い。俺はそんな上原も好きだよ」


「……矢吹君」


「中原はきっと俺達のことを認めてくれたんだよ。だから、上原のところに行けって言ったんだ」


 本当にそうかな。


 恵太のことだ。

 単純にテントが狭いから、目障りな矢吹君をテントから追い出したに違いない。


「さっき、どうして泣いてたの?」


「……何でもない。もう平気」


 恵太に告白されたなんて、矢吹君には言えない。


「宮地さんや中原に何か言われたなら、俺が上原を守る」


「……矢吹君」


 矢吹君の言葉のひとつひとつが、消しゴムみたいに私の罪悪感を消し去っていく。


「俺は部外者だけど、みんなに仲間だと認めてもらえるように頑張るよ」


 こんな状況で、みんなに仲間だと認めてもらうなんて無理に決まってる。


 ――でも……

 もう私の気持ちも引き返せない。


 恵太も美子も大切な存在だけど。

 矢吹君はもっと大切な存在になりつつある。知り合った期間は短いけど、付き合った長さなんて関係ないと思えた。


 矢吹君が私に視線を向けた。その澄んだ瞳に吸い込まれそうになる。


 ゆっくりと近付く、矢吹君の顔。


 夜の闇に呑み込まれるように、私はゆっくりと瞼を閉じた。


 初めてのキスは……

 私の気持ちを、よりいっそう強いものにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます