56

「恵太……」


 恵太が私の手を掴んだ。

 その真剣な眼差しから、視線を逸らす。


「……恵太、ごめん。私……」


 恵太は掴んだ手を離した。


「ごめん。美子の気持ちには応えられない。それくらいわかるだろう。もうテントに戻ろう」


 私……

 なにやってるんだろう。


 美子の気持ちを……

 踏みにじってしまった。


 恵太の予期せぬ告白に、混乱している。


「じゃあな。おやすみ」


「……おやすみなさい」


 恵太と別れたあとも、美子が寝ているテントに入ることが出来ない。ガサガサと音がし、テントからかめなしさんが這い出す。


『どうした?優香』


「……かめなしさん。私……」


『恵太に告られたんだろう。だから言ったんだよ。恵太は優香のことが好きだって』


「……私、恵太に余計なこと言っちゃった」


『余計なこと?』


「……美子の気持ち、勝手に話しちゃった」


『バカだな。恵太は優香のことが好きなんだよ。美子と付き合えるわけないじゃん』


「……どうしよう」


 どうしたらいいのかわからなくて、泣き出してしまった私。


『ばーか。泣くなら俺の胸で泣け』


「……かめなしさん」


 かめなしさんの胸に縋って泣いた。

 大切な友達を失ってしまった寂しさと、大切な友達を裏ぎってしまった悲しさに、涙が溢れて止まらなかった。


「上原?」


「……矢吹君」


『チッ、またお前かよ。せっかくいいとこだったのに、いつも、いつも、何で邪魔するかな。俺はお前の顔なんてみたくねぇんだよ』


「俺、かめなしさんに嫌われてるみたいだね。無理もないけど」


「ごめんなさい。こら、かめなしさん唸らないで。テントに戻りなさい」


『ちぇっ、何でこうなるんだよ。大体、恵太や美子との友情を壊したのは、矢吹が現れたせいだろ』


「そうだけど。テントに入ってて」


『琴美が寝相悪すぎて寝れないんだよ』


 琴美、テントに戻って来たんだ。


「上原?猫と話せるのか?……そんなわけないよな」


「あ、は、ごめん。つい……」


 矢吹君は私の顔を覗き込み、頬を濡らす涙を指で拭った。


「泣いてるのか?中原と喧嘩したのか?中原が、上原のとこに行けって……」


「……恵太が?」


「うん。テント狭いからって、追い出されたんだ。確かに、男五人はむさ苦しいな」


 恵太が……

 矢吹君に、そんなことを……。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます