51

 矢吹君との僅かな時間は、洋子や恵に邪魔をされたが、それでも矢吹君の隣にいられたことが嬉しかった。


 矢吹君は約束通り、私がボートから降りたあと、洋子を隣に乗せた。


「やばっ、もうこんな時間だよ。バーベキューの準備しなきゃ。優香、先にテントに戻ろう」


「……えっ?先に?……そうだね」


 恵は洋子に手を振る。


「洋子!先に行くねー!」


 洋子は余裕の笑みで手を振り、矢吹君に凭れ掛かる。恵はそのツーショットを携帯電話のカメラに収めた。


 その光景に、これは洋子と恵の作戦だと気付く。


 矢吹君と洋子が二人きり。

 どんな話をしているのだろう。


 矢吹君は優しいから、どんな話も笑顔で受け入れそうだ。


 ―オートキャンプ場―


 後ろ髪を引かれる思いでキャンプ場に戻る。すでに炉とテーブルのセッティングはされ、琴美や美子が手際よく食材を切っていた。


「ごめん。遅くなって」


「あれ?洋子は?」


「洋子は矢吹君とボートに乗ってるの」


 恵はさっき撮影した写真を、みんなに見せた。


「わあ~!絵になるね。いいカンジ。矢吹君と洋子付き合ってるんだ。あんなイケメンゲットするなんて羨ましい」


 何も知らないひろこが、かめなしさんをナデナデしながら写真を食い入るように見た。


「まさか、三角関係だったとは」


 琴美が私の耳元でボソッと呟く。


『まさか、三角関係だったとは』


 かめなしさんがフンと鼻を鳴らし、琴美の口調を真似た。


「三角関係じゃないってば!」


「……あっ、ごめん」


 私の声に琴美は驚いたように目を見開き、かめなしさんはニヤリと笑う。


 思わず、かめなしさんを睨み付けた。


『だから、俺にしとけ。アイツは女なら誰でもウェルカムなんだよ』


「それは、かめなしさんでしょ」


『俺は優香だけだよ。お前しか愛せない』


「冗談は顔だけにして!」


「優香!?顔だけにしろって、私は確かに美人じゃないけど、愛嬌と男を見る目だけは誰よりもあると思ってるんだけど」


「琴美、違うの。ごめん……気にしないで」


 どーしてこうなっちゃうの。

 全部、全部、かめなしさんのせいだからね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます