50

 ボート乗り場に着くと、矢吹君は洋子に謝った。


「ごめん。上原と乗りたいんだ」


「いいよ。私達二人で乗るから。矢吹君、あとで、私と乗ってくれない?」


「宮地さんと?いいよ」


 ……っ、何であっさりOKするの。


 誰でもいいみたいで、嬉しさが半減しちゃう。


 赤いペダルボートに、矢吹君と二人で乗り込む。


 狭い空間に二人きり。

 かなり照れ臭い。


「ペダルボートだなんて、小学生以来。小学生の時にね、父と乗ったことがあるの。ボートのペダルが故障して動かなくなって、父はオロオロするし、怖くて不安で、池の真ん中でワンワン泣いたんだよ」


「それって、トラウマになってるとか?ごめん。ボートが苦手だったとは思わなくて」


「いいの。この池は狭いし、矢吹君が隣にいるから」


 矢吹君は私を見つめニコッと笑った。


「こうでもしないと、二人きりになれないからね」


 矢吹君の言葉に、鼓動がトクトク走り出す。


 私達のボートの後ろで、「キャーキャー」と黄色い悲鳴が響く。洋子と恵だ。


 ペダルボートは左右に大きく揺らぐ。

 何やってんだか……。


「賑やかだね。ここでも二人きりにはなれそうにないな」


「……矢吹君」


 矢吹君は左手で、スッと私の手を握った。

 私達のボートの後ろには、洋子のボートが続いている。


 矢吹君と手を繋いでいるところを見られたら、何を言われるかわからない。


 嬉しさよりも、額に冷や汗が滲む。


「……や、矢吹君。洋子に見られたら……」


「あっ、ごめん。嬉しくてつい暴走したみたい……」


 矢吹君は照れ臭そうに笑った。


「上原の猫、俺のこと嫌ってるみたいだね。ずっと威嚇されてる。いつから飼ってるの?」


「……二年前から。かめなしさんは女の人はいいんだけど、男の人が苦手なんだ」


「男嫌いなんだ。猫なのに、上原に近付く男に嫉妬してるのかな。それとも俺に敵意があるのかな」


 かめなしさんの姿は、矢吹君にもやはり猫にしか見えないようだ。


「まさかバッグに入り込んでるなんて気付かなくて。道理で重いと思ったんだ」


 矢吹君は楽しそうに笑ってる。


「気付かなかったなんて、上原らしいね。スポーツバッグの中で寝てたのかな?車の中で鳴き声しなかったよね」


「うん」


 スポーツバッグのファスナーの隙間から、じっと私達を見つめ、息を潜めて盗み聞きしていたかと思うとゾッとする。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます