46

「上原は家族と仲が良いのか?兄弟はいるの?」


「私は一人っ子なんだ。両親とは仲良い方だと思うけど。最近、ぎくしゃくしてる」


「ぎくしゃく?」


「私ね、まだ内定取れてないの。大学卒業したのに、やりたいことが見つからなくて。何やってんだか、自分でも嫌になる。矢吹君は就職決まったの?」


「俺?好きなことをして収入は得たけど、まだ方向性は決まってない」


 えっ……?それってバイト?

 まだ、内定取れてないんだ。


 方向性が決まってないなんて。

 私と同じなのかな?


「俺達、まだ二十代だよ。みんなが就職するからって、焦らなくていいんじゃない?上原が本当にやりたいことが見つかるまで、じっくり考えればいいんだよ。俺なんて、ずっと迷いっぱなし。何度挫折したかわかんないからね。この俺が国を飛び出すなんて、両親は思ってもなかったはずだ」


 何度も挫折……?

 国を飛び出す?両親は海外在住なのかな。

 両親との意思疎通が上手くいかないなんて、私はまだ恵まれている……。


「……ありがとう。少し気分が楽になった。今日のメンバーで内定取れてないの私と恵太だけだから。肩身が狭いっていうか、落ち零れた気がしてたんだ」


「中原も就職決まってないのか?」


「恵太には将来の夢があるみたい。何がしたいのか私には教えてくれないけど、これから採用試験受けるみたい」


「ふーん。意外としっかりしてるんだな。周囲に流されないなんて、ちょっと見直した」


「そうかな。幼なじみの私にも言えないなんて、よほど自信がないのかも。恵太は勉強得意じゃなかったし、臆病でヘタレで、それでいて生意気なんだから」


 矢吹君の前で、私、何言ってんだろう。

 幼なじみの悪口いうなんて、サイテーだ。


 恵太のこととなると、つい向きになる。恵太は私の兄弟みたいな存在だから。将来の夢を秘密にされてることが腹立たしくもあり、ちょっと寂しい。


「相変わらず仲がいいんだね。羨ましい」


 えっ……?

 どこが……?


「全然仲良くなんてない。ただの幼なじみなんだから」


 矢吹君は運転に慣れているのか、恵太よりもハンドルさばきは上手い。助手席は居心地がよく、ヒヤヒヤすることもないのに、私は自分の発言にヒヤヒヤしてる。


 なにテンパってるんだろう。


 車内には洋楽が流れ、海外生活が長かったことが感じられた。


 私にはメロディーしか伝わらない。

 英語の歌詞がわからないから。


 でも矢吹君には歌詞が全部わかっているんだろうなと、思うと、私とは住む世界も、価値観も違うのかなと思ってしまう。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます