45

 そのあとを、琴美、真砂美の車が続き、私はポツンと取り残され、矢吹君を見つめた。


「遅刻したから、みんな怒ってるのかな?上原ごめんな」


 違うよ……

 そうじゃない。


「私が矢吹君と付き合っているって。嘘をついたから……」


「だったら、嘘でなくせばいいんじゃない?」


 えっ……?

 どういう……意味?


「俺は上原とちゃんと付き合いたいと思ってる。ダメかな」


「……や、や、や、矢吹君!?」


「上原が、まだ友達でいたいと言っても、もう友達ではいられない」


「……わ、わ、わ、私」


「好きなんだ。初めて逢った時から。一目惚れって、こんな気持ちをいうのかな」


 ストレートに告白され、その言葉がスーッと心に浸透していく。


「……私も矢吹君のことが」


 好きという気持ちは、まだ朧気でハッキリしているわけではない。友達として好きなのか、異性として好きなのか、その感情すらも自分で掴めていない。


 矢吹君は、困っている私の頭をポンッと叩いた。


「ごめん。そんな顔しないで。俺達も行こうか」


「……うん」


 矢吹君は助手席のドアを開けた。ポルシェに乗るなんて初めての体験で、ドキドキする。


「矢吹君、これレンタカーなの?」


「あはは、違うよ。自分で買ったんだよ」


「……じ、自分で!?……凄いね」


 矢吹君はセレブなのかな。

 この若さでポルシェを自分で買うなんて、一般的には考えられない。


「矢吹君は海外の大学を卒業したんだよね?」


「海外留学が長かったから帰国子女だとよく言われるけど、実は三年前から日本にいるんだよ。最終学歴は北海道の大学なんだ。父は俺が日本に戻ることは反対したんだ。『おとなしくしてろ』ということなんだろう」


 矢吹君はお父さんとうまくいってないのかな?三年前から日本にいたんだ。


 立ち入ったことを聞いてしまい、会話が途切れる。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます