44

 矢吹君が参加することを知っているのは、琴美と美子だけ。ニ人は心配そうに私を見ている。


「優香、電話してみたら?」


「……うん」


 琴美に促され、携帯電話を見つめる。


 ――その時、白のポルシェが学校の前にスーッと停車した。みんなの視線は、一斉にポルシェに向けられた。


 ポルシェから降り立ったのは、サングラスを掛け、ラフな白いシャツとジーンズを穿いた矢吹君だった。


「皆さん遅くなってすみません。学校の場所がわからなくて、迷ってしまって……」


「矢吹君?やだ、どうして矢吹君が?来るならそう言ってくれればよかったのに。知ってたら私、車出さなかったのに」


 洋子は矢吹君に走り寄り、熱い眼差しを向ける。恵太が矢吹君を睨みつけた。


「何で、矢吹がいるんだよ。お前はマルチメゾンワールド高校の卒業生でも、理科部でもねーじゃん」


「……それは」


「やだ。恵太、それ私の彼氏や真砂美に喧嘩売ってるの?このキャンプは彼氏や家族同伴OKなんだよ」


 琴美にたしなめられ、恵太は口をへの字に歪ませた。


「矢吹は同じスポーツクラブってだけで、誰かの彼氏じゃないだろう。もしかして、洋子と付き合ってんのか?」


「やだあ、恵太。私と矢吹君だなんて」


 洋子はヘラヘラと笑いながら、頬を赤らめ体をくねらせた。


「優香にこんな素敵な彼氏がいるなんて、驚いたな」


 琴美の一言に、その場の空気が凍り付いた。


「優香の彼氏?」


「さあ、行こう!出発進行!各自、車に乗って。ひろこは洋子の車でいいんでしょう」


 琴美に促され、恵太の声が掻き消される。


 恵太の助手席にカンジが乗り込み、宏一と美子が後部座席に乗り込む。恵太の車に乗り込もうとしたら、美子にバタンとドアを締められた。


 車の窓がスーッと開く。


「5人乗ると窮屈だから、優香は矢吹君の車に乗ってね」


「……み、美子」


「恵太、車出して」


「……っ、美子!何で優香が矢吹の車なんだよ。ポルシェなんて、レンタカーじゃねーの。このキザ野郎が」


「優香、矢吹君待ってるよ」


「……美子。ありがとう」


 恵太は怒ったようにアクセルを踏んだ。

 洋子も、怒ったようにアクセルを踏む。


 二台の車のタイヤがキキーッと悲鳴を上げた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます