39

「えっ?まさか?」


『これは、猫のカンだ』


「何、猫のカンって?猫缶?」


『バーカ、動物的直感だよ。間違いない』


 かめなしさんはニヤリと口角を引き上げた。


「かめなしさんのカンなんて、参考にはならないよ。恵太と私は幼稚園の頃からの幼なじみなんだよ。兄弟みたいに育ったんだから。恋愛感情なんてナイ」


 と、いいつつ……。

 幼なじみなのに、美子は恵太にずっと片想いしている。


『なんで断定できるんだよ。男のキモチ、わかってねーな』


 男のキモチってなに。

 少なくとも私は恵太を異性として意識したことなんてない。


 まして、かめなしさんは男ではなく、オスだから。人間のなんてわかるはずもない。


「もう部屋から出てくれる?就活に集中出来ないの」


『パソコン開いて、求人情報閲覧してるだけだろ。エントリーする気もサラサラないくせに、それで就活してる気になってるなんて、ただの自己満足だろ』


 かめなしさんの言葉が、グサリと胸に突き刺さる。


 私だって、焦りはある。

 能天気だとか、天然だとか、干物女だとか、みんなから言われてヘラヘラしているけど、本当は気にしない振りをしているだけで、何気ない一言に傷付くこともあるんだよ。


「もう出て行って」


 思わず、猫相手に苛つく感情をぶつけてしまった。かめなしさんはふて腐れたように振り返り、部屋を出て行く。


 机の横にはコルクボード。

 私と美子と恵太の写真を貼り付けている。別に恵太と一緒に写真を撮りたいわけじゃない。


 美子と一緒にいると、お菓子のオマケみたいに必ず恵太が付いてくる。でもそれは、恵太が美子のことを好きだからだと、思っていた。


 その恵太が……私のことを好きだなんて。


 そんなこと、あり得ない。

 

 かめなしさんが人間に見えるくらい、摩訶不思議な出来事だ。


 猫のカンなんて、あてにならないよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます