38

 帰宅し、すぐに美子にLINEした。


【美子、ふたりきりのデートどうだった?】


【デートじゃないし。優香と矢吹君が一緒にいるところを見せたくなくて、駅前の本屋まで行ったけど、恵太はずっと不機嫌だったんだ。優香はどうだったの?】


【あたしも全然ダメ。カフェで洋子と恵に鉢合わせして、数分で終わった。】


【洋子と恵か……。そこまでは考えてなかったな。それで、優香が帰ったの?】


【……うん。矢吹君が洋子に一緒にどうぞって誘ったの。矢吹君はみんなに優しいから。】


【だから、矢吹君はやめた方がいいって、言ってるでしょう。ごめん、今から英会話なんだ。またね。】


【うん。またね。】


 スポーツクラブに英会話。

 大学を卒業しても、美子は忙しいんだね。


 でも、『矢吹君はやめた方がいい』なんて、ちょっと傷付く。


 階段に座っていると、背後から声がした。超、不機嫌な声だ。


『遅いぞ!』


「やだ。いつからそこにいたの?」


『優香が帰ってからずっといたよ。今まで何、やってたんだよ!』


「スポーツクラブだよ。月曜日と金曜日はスイミングだから」


『ほんとかよ?男とデートしてたんじゃねーの』


「怒鳴らないでよ。まさか、猫のくせに妬いてるの?」


『……ッ、……』


 私が二階に上がると、かめなしさんが後ろをスタスタついてくる。


「だから……何でついてくるのよ」


『いいじゃん、別に……。俺の勝手だろ』


 部屋のドアを閉めようとすると、隙間からスルリと入り込んだ。


「だから、入らないで」


『いいじゃん、別に……』


「ベッドに上がらないでね」


『いちいち、うるさいなぁ……』


「ねぇ、かめなしさん。ちょっと聞いてみるんだけどさ」


『何だよ』


「あのさ……恵太なんだけど。最近、なんか不機嫌でさ。何でだろうね?」


『恵太のことなんて、知るかよ』


「だよね。かめなしさんに聞くなんて、間違ってた。猫に聞いてもわかんないよね。パソコンで求人情報調べるから、出て行ってくれる」


 パソコンを開き求人情報のサイトをクリックし、事務職を探す。特にこれといった理由があるわけではないけど、営業職より事務職がいい。


 かめなしさんは猫みたいに、右手でキーボードをチョンチョン触って遊んでいるが、邪魔をしているに過ぎない。


「あのー……。邪魔なんだけど」


『つめたいなぁ。俺もさ、優香の事好きだから、わかるんだけど。きっと、恵太も優香の事が好きなんだよ』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます