【3】干物系女子に突然のモテ期到来? 摩訶不思議。

37

「……洋子」


「俺達、さっきスポーツクラブの前で逢ったんだ。一人だったから、一緒にお茶してただけだよ。よかったら、一緒にどう?」


「えっ?いいの?」


 洋子はそそくさと矢吹君の隣に座った。

 恵は私の隣に座る。


 せっかく二人きりだったのに、洋子に大切な場所を奪われた気分。


「優香、いつも三人一緒なのに、美子と恵太において行かれたの?美子は駅前の本屋に行くって言ってたよ」


「……そーなんだ。二人を探してたんだ。私、置いて行かれたみたい」


 気まずさから思わず立ち上がる。

 矢吹君が『えっ?』って顔で、私を見上げた。


「今から行けば間に合うよ。バイバイ、優香」


 洋子に追い払われるように、私は矢吹君に会釈する。


「……じゃあ俺も」


 言葉を言い掛けた矢吹君に、洋子がたたみかける。


「矢吹君、ジムってどんな感じ?」


「まだ始めたばかりだからね。有酸素運動とか、筋力トレーニングしてる。インストラクターにサポートしてもらってるんだ」


「ふーん。私もスイミング辞めてジムに変更しようかな。そうしたら矢吹君と一緒にいられるし」


 矢吹君を見つめる洋子の熱い眼差しに耐えられなくて、私はカフェを出る。


 初めてのデートだと言ってくれた矢吹君。そのデートが数分で終わった。


 自転車に跨がり、自宅方面に走る。


 駅前の本屋には行かない。

 せっかく美子と恵太が二人きりでいるのに、美子の邪魔をしたくないから。


 自転車を走らせ十分。

 バッグの中で携帯電話が音を鳴らす。


 自転車を止め、バッグから携帯電話を取り出した。


『上原、どこにいるの?』


「……矢吹君」


『やっとカフェから出た。駅前まで走ったけど、上原いなくて……』


 矢吹君は私が本屋に行くと思ったんだね。


「……ごめんなさい。今、家に帰ってる途中なんだ」


『なんだ。残念だな。金曜日、スポーツクラブに来る?』


「うん」


『金曜日にまた逢えないかな?ここじゃなくて、別の場所で。また邪魔されたくないから』


「……ごめんなさい。多分キャンプの買い出しがあるから、金曜日は無理かも」


『そっか。それなら仕方がないな。またメールするよ』


「……うん。バイバイ」


 引き返せば、逢えないことはない。

 でも、引き返す勇気がなかった。


 誰にでも優しい矢吹君。

 洋子の熱い眼差しに、淡い恋心が怯んでしまったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます