36

 矢吹君がクスリと笑う。


「何か買ってくるよ。何がいい?」


「……じゃあ、矢吹君と同じもので」


「わかった。ちょっと待ってて」


 矢吹君は再びカウンターに行き、アイスコーヒーを注文した。


 矢吹君の前で、ズズッと音を鳴らすなんて、本当にかっこ悪い。


「お待たせ」


 矢吹君は私の目の前に、アイスコーヒーを置く。


「……ありがとう。お金……払うね」


「いいよ。初めてのデートだよ。コーヒーくらい奢らせてよ」


「デート!?」


 思わず大きな声を出し、周囲の視線を感じ両手で口を押さえる。


「上原って、中坊みたいだな」


 矢吹君は楽しそうに笑ってる。

 大学卒業したのに、高校生から中学生に格下げだ。


「……中学生じゃないよ」


「そんなことわかってるよ。可愛いなって思っただけ」


 私が……

 可愛い?


 全身青コーデで、『鯖みたい』だって、恵太に言われたのに。可愛い?


 それって……

 やっぱり子供扱いしてるのかな?

 

 それとも、矢吹君は鯖が大好物とか?


「キャンプのこと、みんなに内緒だなんて、二人だけの秘密みたいで、ちょっとドキドキするな」


「……うん。ごめんね。恵太が煩いから、当日まで黙ってて」


「ずっと気になってたんだけど。中原と付き合ってるの?」


「付き合ってないよ」


「中原のこと、下の名前で呼んでるから」


「幼稚園からの幼なじみなの。だから、親友って言うか、腐れ縁って言うか……。鈍感で、ヘタレで、できの悪い兄弟みたいな感じ」


「そうなんだ。てっきり上原の特別だと思ってた」


「と、特別だなんて。絶対にあり得ないから。今日だって私の服装見て、鯖みたいだって言ったんだよ。女子に鯖だなんて、デリカシーの欠片もないんだから。美子が好きになるなんて、信じらんない」


「田中さんが中原のことを?なんだ、そうなんだ」


「……まだ恵太は美子の気持ち知らないの。鈍感だから気づいてないの。だから、私から聞いたなんて……言わないで」


 なんて、口が軽いんだろう。

 美子の気持ちを、矢吹君にペラペラ話すなんて。


 矢吹君といたら、嘘なんて吐けない。


 大きな瞳で見つめられたら、つい本当のことを話してしまう。ずっと前から、友達だったような、安心感があるから……。


「何でも話してくれて嬉しいよ。上原から聞いたこと、誰にも言わない。約束する」


 矢吹君が私の目の前に、小指を差し出した。私はその小指に、自分の小指を絡める。


「指きりげんまん」


 トクン、トクン、鼓動が早まる。

 全身がポッポッと、熱くなる。


 まるでホッカイロを全身に貼り付けられたみたいに、赤面し汗が噴き出す。


「あれ?優香じゃない?」


 聞き慣れた声に、慌てて指を離す。


「矢吹君と……?えっ?どーして?」


 まずい。

 洋子と恵だ……!?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます