34

「まさか、琴美に矢吹君のこと彼氏だって言ったの?」


 私はコクンと頷いた。

 美子は目を丸くした。


「本当に付き合ってるんだ」


「ち、違うの。そう言わないと、琴美が許可しないから、つい……嘘を……」


 美子は小さな溜息を吐く。


「優香、恵や洋子も行くんだよ。あの二人の前で、嘘なんて通用しないでしょう。あの二人は矢吹君のファンだから、同行に反対はしないだろうけど、完全に反感はかうね」


「……だよね。どうしよう」


「矢吹君は優香のこと好きみたいだから、喜んで彼氏を演じてくれるだろうけど。優香の気持ちはどうなの?」


「矢吹君は友達だよ。……でも、矢吹君といるとドキドキするし、電話もらうと嬉しいし、キャンプも一緒に行きたい」


「……そっか。じゃあ、別にいいんじゃない?問題は恵太だよね。恵太が知ったら、きっと反対するよ。『こいつはマルメゾンワールド高校の理科部じゃねーだろ』って」


「矢吹君には、当日まで言わないでってさっきメールした」


「そっか、当日なら反対も出来ないもんね」


「あのね、美子。矢吹君が車出せたら、私と洋子と恵で一緒に乗るから、恵太の車には美子と二人で乗りなよ」


「どうして?」


「恵太は鈍感だから、美子の気持ち話さないと気付かないよ」


 美子は競泳用の帽子を被りながら、視線を逸らした。


「優香、私と恵太のことは気にしなくていいから。自分のことだけ心配しなさい」


 美子と私の間に、見えないシャッターが降りた気がして、それ以上は言えなかった。


 美子が何故か怒っていたからだ。


 穏やかで温厚な性格の美子が、恵太のこととなると意地を張る。私は美子に幸せになって欲しいのに。


 ガヤガヤと賑やかな話し声がして、恵と洋子が更衣室に入って来た。


「美子、優香、今日は早いんだね。ちょっと聞いてよ。さっきロビーで矢吹君に逢ったんだ。これ、奢ってもらっちゃった」


 洋子はスポーツ飲料を私達に見せ、自慢している。


「私ももらっちゃった」


 恵も同じスポーツ飲料を手にし自慢気だ。


 矢吹君は誰にでも優しい。

 先週逢ったばかりの二人にも、こうして奢ってくれる。


 もしかして、みんなの携帯番号聞いてるのかな?


 私だけが特別なんかじゃない。


 いいな、スポーツ飲料。

 矢吹君からもらったスポーツ飲料。


 私、もう少し遅く来ればよかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます