26

 プールで一時間泳ぎ、シャワーを浴びる。


「優香、今日元気ないね?もしかして矢吹君のこと?」


「違うよ。この間受けた印刷会社に撃沈しただけ」


「……そっか。優香なら大丈夫、次、頑張って」


「……うん」


 『頑張って』と言われることが苦痛。

 もう十分頑張った。

 精根尽き果てちゃったよ。


 更衣室を出ると、そこには……。


 美子が矢吹君に気付き、「えっ…?」って声を漏らす。


 矢吹君……

 来てたんだ。


 私達より、早く来ていたのかな。


「上原、待ってたんだ」


 上原……。

 名字からポロリと敬称が取れ、妙に親近感が増す。


「……矢吹君こんにちは。来てたんだね」


「今日は少し早めに来たんだ。ジムから上原が見えたから、ここで待ってたんだ」


 美子が半ば呆れたように、矢吹君を見ている。恵太が背後からガンッとぶつかり、矢吹君を押し退ける。


「わりーな。優香はチャリだし、俺達と一緒に帰るんだよ。な、優香」


 矢吹君が一瞬ムッとした。


「みんな自転車なんだ。じゃあ、みんなでお茶しない?そこのカフェでどう?」


 困った……。

 どうしよう……。


 断る理由が見つからない。

 ていうか、心が『行くっ!』って叫んでる。


「……じゃあ、少しだけ」


「優香、まじで?優香が行くなら俺も。美子も行くだろ」


「……うん」


 四人でスポーツクラブの隣にあるカフェに入る。それぞれがアイスコーヒーやコーラを頼み、四人でカウンター席に座るものの、恵太はずっと矢吹君を睨んでいる。


 緊迫した空気に、ゴクンゴクンと咽が鳴る音だけが、妙に鼓膜に響く。


「お前さ、優香のなに?」


 気まずい空気を打ち破ったのは、恵太だった。


「何って、月曜日に友達になったから、もっと上原と話がしたいと思っただけだよ」


「月曜日にちょっと話しただけだろ。それで友達?もう呼び捨てかよ。俺と優香はずっと友達だったんだ。お前が入り込む隙はない」


 ……は?

 恵太、何言ってんの?


「一回話したくらいで、馴れ馴れしいんだよ」


 矢吹君は黙ってコーラを飲んでいる。


「長く一緒にいたからって、それが何?出逢ったばかりでも、通じるものがあれば、友達にも恋人にもなれる」


「こ、恋人ー!?そんなもん、なれるか」


 美子が恵太の腕をムンズと掴んだ。


「恵太、やめなよ。矢吹君と友達になるかどうかは、優香が決めることでしょう。私達は付き添い。余計な口は挟まない」


「美子、こんなやつに優香取られていいのかよ」


「取られる?優香は私達の親友だよ。取られるとか、何言ってるの?恵太、変だよ」


「……わかってるよ。ふん」


 恵太は鼻の穴を広げ、口をへの字に結んだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます