22

「上原さんはたくさん友達がいるんだね。学生の時から水泳やってたの?」


「全然、私、運動神経ゼロだから。唯一得意なことは水泳なんだ」


「そうなんだ。クロールさまになってたよ」


 うわ、わ、しっかり見られてた。

 競泳用の水着姿も見たんだ。


 みんなはスタイル抜群だけど、私は自信がない。バストも小さいし痩せている。


「そ、そうかな。矢吹君は?」


「俺はずっとバスケやってたけど。途中で辞めたから、体がなまっちゃって。それでここに」


「バスケやってたんだ。だから背が高いんだね。私は高校の時、理科部だったんだよ」


「理科部?何それ?何すんの?」


「運動部は苦手だったから、文化部だったの。理科部は結構楽しかったな。園芸の世話とか、動物や生物の世話とか。いわゆる生き物係。顧問の先生が、野外活動が好きでね、二ヶ月に一回山行ったり、キャンプに行ったりしてたんだ。だから今だにアウトドアは好き」


 矢吹君が前髪を掻き上げながら、私を見つめた。


「理科部っていうから、インドア派かと思ってたけど、意外だな。キャンプなんて、行ったことないな」


「嘘、矢吹君こそ、アウトドア派かと思った」


「俺の両親は厳しくて、友達との楽しい思い出はない。野外は危険が多いしね」


「危険?」


「俺も上原さんと山行ったり、キャンプ行ったりしてみたいな。ムリだよね」


 向けられた視線に……

 ドキッとした。


 どう答えたらいいのか、わからない。


「優香、帰るぞ!」


 恵太に大声で呼ばれ、思わず振り返る。


「友達が呼んでるよ。今度いつ来るの?週何回?」


「えっと……。週二。次は金曜日」


「金曜日か。携帯電話の番号教えて?」


「……あっ、うん」


 矢吹君と携帯番号を交換し、みんなの元に戻る。


「じゃあな」


「……さよなら」


 私の手には矢吹君に貰ったオレンジジュース。恵や洋子がジッとそのジュースを見ている。


「それ、二本目だよね。優香、矢吹君と知り合いだったんだ。それ、早く言ってよ。知らない振りして、感じ悪い。キャーキャー騒いでた私のこと、馬鹿にしてたんでしょう」


「まさか……。昨日原宿で、ちょっと逢っただけだよ。ねっ、美子」


「だったら、どうして美子も呼ばないの?どうして優香だけなのよ。美子の方が優香より断然美人だし、お子ちゃまの優香を呼ぶなんておかしいでしょう」


 お子ちゃまで悪かったわね。

 どうせ、私は童顔で幼児体型ですよ。


「……そんなこと言われても、私にだってよくわかんないし」


 ま、まじで…… 

 こわっ……。


「洋子、矢吹君の方から優香に声を掛けたのよ。だから、優香にあたらないで。優香、帰るよ。恵太も、何ブスッとしてるの?帰るよ」


 美子に助けられ、私は女の嫉妬から解き放たれた。


 矢吹君は昨日の印象とは、異なっていた。初めて話をしたけど、ずっと前から友達だったみたいに話しやすかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます