「待って……。冷静になりましょう。あなたは人間で、これはテレビ番組の撮影で猫の振りをしている。そーよね?でも、諦めて。私はそんなのには騙されないから。面白いリアクションなんて、ムリ」


『それ、本気で言ってるのか?俺はだ。人間じゃない。獣族だ』


「け……獣族!?あー……わけわかんない。私がおかしくなったの?」


『それはこっちのセリフだ。どうして優香にだけ俺の話が聞こえてるんだよ?さっき階段から落ちたからか……?』


「そんなの、私にわかるわけないでしょう。それに、あなたは二足歩行で人間の体をしてる。全身に毛も生えてないし、どう見ても猫なんかじゃない」


『えー……!?俺、人に見えるのか?何て素晴らしいんだ!ブラボー!ついに、戻ったんだ!』


「冗談でしょう。とにかく、この家から出て行って」


『それは困る。今さら野良猫に戻りたくない。ここは三食昼寝付き、温かいベッドと、あったかい家族と愛する恋人がいる。ここは俺のホームだ。出て行かないよ』


「それ、本気で言ってるの?もう一度だけ聞くわ。あなたの名前は?歳は?」


『俺の名前は。猫年齢は二歳、人間でいうなら、二十三歳くらいかな。大丈夫、は発情してないから』


「……っ、は、発情!?」


 最悪だ……。

 彼はペットの『亀梨騎士かめなしないと』だと、言い張っている。


 でもどう見ても人間にしか見えないのに。


「あなたが猫だというなら、耳を見せなさいよ」


 ピコンッと音がして、彼のサラサラヘアから猫耳が突き出した。よく出来た猫耳だ。まるで、本物みたい。


 彼の猫耳を思い切り引っ張る。


『フギャ、いててて。何すんだよ』


 どうやら、テーマパークで売られている猫耳付きのカチューシャではなさそうだ。


 こ、これ、本物!?


『尻尾も見る?』


 彼はカチャカチャとズボンのベルトを外す。


「きゃあー……。もういいから、お尻出さないで!変態!」


『尻尾だよ。いつも猫じゃらしみたいって、優香も触ってるだろう。変なの』


「いつもは猫だけど、今は猫じゃないでしょ!」


 ――尻尾もあるって、ことは……!?


「ほ、本当にかめなしさんなの?どうして、人間みたいなの?」


『わかんないよ。元に戻りたいって、ずっと思っていたから、神様が願いを叶えてくれたのかな?優香と……色んなことが出来るように』


 全身にゾワッと鳥肌が立つ。

 毛を抜かれた鶏みたいだ。


 これは夢。

 悪夢に違いない。


 そもそも『元に戻った』とか意味わかんない。

 飼い猫が猫耳妖怪に変わっただけだ。


 こんな時は、二度寝に限る。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます