「よくやるよ」


 それ、いつもかめなしさんが使ってる食器だよ。


『何、驚いてんの?何を出されても残さず食べるのが、ペットの礼儀だ。優香みたいに、食べ物を粗末にしない』


「必死過ぎて可哀想になる。仕事選べないの?」


『何のこと?俺に話し掛けてんの?どうせ、聞こえてないくせに。

 えっ……?もしかして……?優香、俺の話が聞こえてるのか?』


 彼は一瞬ビクッとして、後ずさりした。


「ねぇ……ママ」


「何よ?」


「もうくだらないことやめてよ」


「くだらないこと?優香、どうしたの?今朝のあなたは変よ」


 母はかめなしさんに近付き、額と額をくっつけて、「ねぇかめちゃーん、今朝の優香は変でちゅねぇ」と、赤ちゃん言葉で彼をハグをした。


『そうですね。いつもなら膝枕してくれるのに。今日の優香はどうしたんだろう。ママはいつもサイコーです。あとで膝枕して下さいね』


「……っ」


 キ、キモい。


 母がイケメン男子と額と額をくっつけて、ハグしている。唇と唇が今にも触れそうだ。いくらテレビとはいえ、やり過ぎだよ。


 もう付き合っていられない。


 イチゴジャムをたっぷり塗ったトーストを掴み、私は二階に駆け上がる。


「もう優香ったら、お行儀が悪い!」


 お行儀が悪いのは、彼の方でしょう。

 テレビとはいえ、器をペロペロ舐めていたんだから。


 私が部屋を出ると、彼が後ろからゆっくりと付いてきた。


 い……嫌な感じ。

 家の中でストーカーされてる気分。


「付いて来ないでよ。私、また寝るんだから」


 私の言葉を無視し、彼は部屋まで入ってきた。


 ベッドに横になると、図々しくベッドの上にピョンと飛び乗った。


「きゃあー!変態!痴漢!ベッドに上がらないで!まだ撮影してるの?やだ、この部屋にも隠しカメラが……!?どこに仕掛けたのよう」


『隠しカメラ?一体何のこと?ていうか、変態、痴漢って、言い過ぎじゃない?俺達、いつも同じベッドで寝ているし、今さら恥ずかしがらなくても。優香のことなら、何だって知ってるし、スリーサイズもだいたいわかる』


「い、いつも同じベッド……!?スリーサイズ!?私が、あ、あなたと……!?」


『えっ!?やっぱり、俺の話が聞こえてるのか!?』


 私と彼は顔を見合わせ、同時に「『ぎゃあー!』」と、悲鳴を上げた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます