【1】飼い猫が人間に見える? 摩訶不思議。

優香side

 ――二千十七年、三月―


 チュー ブチュッ ペロペロ……


「んふっう……やだぁ、かめなしさんそこはダメだってばぁ……」


 毎朝、私は彼のキョーレツなキスで目覚める。彼の名前は『亀梨騎士かめなしないとさん』。

 凛とした立ち姿。キリッとした涼しい目元、頭部の茶色い毛と白い胸元、なかなかのイケメンだ。


 かめなしさんは早朝、こっそり私の部屋に忍び込み、ベッドに飛び乗り布団に潜り込む。


 少しざらついた舌が唇を舐め回し、そのうち甘噛みに変わっていくのだけれど。


 それはそれで……

 くせになるほど、心地いい。


 愛があれば、何をされても許せちゃうから不思議だ。


 かめなしさんを抱き締め、二人でイチャイチャする。そんな甘い時間をぶち壊すのは、階下から響く母の大声。


「優香。いつまで寝てるの。早く起きなさーい!」


 休みの日くらい、心ゆくまで眠らせてよ。今しかゆっくり出来ないんだから。


「さっさと起きて、さっさと食べてくれないと、片付かないでしょう」


 母の声は、まるで壊れた拡声機のようだ。鼓膜がはり裂けそうなくらい煩い。


 重い体を起こし、寝ぼけ眼でベッドから下りる。かめなしさんは私よりも先にベッドを降り、部屋のドアを開け階段の踊り場にひざまづく。


 なんて素敵なんだろう。

 まるで、お姫様になった気分。

 跪くかめなしさんは、私だけの王子様。


 階段に差し掛かった時、私の不注意でかめなしさんの尻尾を踏んづけてしまった。かめなしさんは「フギャ」と悲鳴を上げ、爪を立て勢いよく飛び上がる。


 私は飛び上がったかめなしさんを避けようと、思わずジャンプした。


 ――ここが、階段の踊り場だということを、完全に忘れて……。


 まるで、走り高跳びの選手のような綺麗なフォームで、私は階段から転げ落ちた。


「ぎゃああー……」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます