第12話「そして拳姫は吹き荒れる」

 弾頭は通常にあらず。

 Gx反応弾ジンキ・ニュークリア、それは人類同盟じんるいどうめい統治の時代における最大級の戦略兵器だ。今この瞬間、爆心地から離脱できるパンツァー・モータロイドなど存在しない。

 戦術的な陸戦兵器の行動範囲を、まるごと飲み込み全てが消滅する。

 その中にあって、大人達は冷静だった。


『各機、美作総司三佐ミマサカソウジさんさだ! 聞いてくれ! 退。すまない、みんな。自分と一緒にあの世に付き合ってもらう! なお、命令への拒否権を許す。離脱したい者はフェンリル小隊を援護しつつ後退せよ』

『三佐ぁ、そいつは無理な相談ですぜ』

『逃げるならガキ共が先さ……こちとら泣く子も黙るティアマット聯隊れんたいだ、配属の時点で死んだも同然よ!』

野郎共やろうどもっ、退路を確保しろ! この戦場からガキ共を放り出せ!』


 確実な死が迫る。

 そのさなかで、驚くほどに統制の取れた見事な作戦行動だった。

 全く戦線を乱さず、戦いは徐々に小さく密度の濃い戦域を凝縮してゆく。

 摺木統矢スルギトウヤ雨瀬雅姫ウノセマサキに背を預けつつ、絶望にあらがい機体を操った。目の前ではまだ、メタトロン・エクスプリームが健在だ。そして、統矢の97式【氷蓮ひょうれん】セカンド・リペアもまた、巨大な空中戦艦の上で戦っている。

 誰もが皆、戦っている。

 一人として、敗北も死も受け入れてはいない。

 タイムリミットが迫る中で、交錯する意思と想いが広域公共周波数オープンチャンネルを行き交う。


『これより、あらゆる通信を許可する。後方司令室、御堂刹那特務三佐ミドウセツナとくむさんさ! 記録願います! みんな、何でもいい……あらゆる発言を許可する! みんなの最後の言葉を……記録願います!』

『へへ、もうちっとかせいで下の子も学校に入れたかったんですがね。しゃあねえな!』

『すまねえ、カーチャン……戦没者年金せんぼつしゃねんきん達者たっしゃに暮らしてくれや』

『それはそうと、おじょうも逃しますが構いませんね? ……った愛娘むすめと同じ歳で死なれたかないんでね』


 極限状況で破滅が迫る中、恐懼きょうく恐慌きょうこうが連鎖してゆく。

 息苦しい中で鼓動の音が統矢の鼓膜に鳴り響いた。

 だが、目の前の敵だけを見据みすえて身構える。

 幼馴染おさななじみを奪われ、恋人を愛する未来さえも奪われ尽くした。

 その上で命をと言われて、引き下がる理由がない。

 残された生の中で、選択肢はない。

 選択する必要がない程に、統矢の殺意が鋭く凍ってゆく。


「おい、あんたは逃げろって言ってるぞ! ここは俺に任せろ……行けよ!」

『なんですって? ……この【雷冥ミカヅチ】と呼ばれた私に退けと? やな子ね、統矢三尉さんい!』

「お互い様だ。後ろ、任せていいんだな?」

『振り向かずに戦いなさい。命を燃やすだけの理由もまた、お互い様でしょう?』


 瞬間、両者のPMRパメラは同時に地を蹴った。

 金切り声をあげる常温Gx炉じょうおんジンキ・リアクター咆哮ほうこうが、戦慄の空気を沸騰ふっとうさせる。

 限界を超えて拡張し続けるDUSTERダスター能力が、統矢に極限の集中力をもたらしていた。まるで素肌で殺気を感じるように、装甲越しにメタトロンの攻撃が把握できる。

 例の有線制御の浮遊砲台が、死角へと回り込む。

 全方位から飽和攻撃で、ビームのつぶてが殺到する。

 回避。

 スキンタービンがちぎれる。

 三次装甲サードアーマー滑落かつらくする中、全ての射撃が全身をかすめる。 

 加速。

 光の槍衾やりぶすまの中、統矢は愛機にたましいを重ねて駆け抜ける。


『なっ……統矢ッ! まだ抵抗して……ボクに殺させてしまう気かっ!』

「どけ、レイルッ! お前の親玉が死ぬ前に……俺がっ! 殺してやる!」

『やめてよ、統矢……統矢が統矢様を殺すなんて、絶対にダメだ!』

「どけって言ったろ、邪魔だ!」


 メタトロンが光の剣を振りかぶる。

 まっすぐ断頭台ギロチンのように落ちてくる、刃。

 その一撃の内側へと飛び込んで、【グラスヒール】がすれ違いざまに唸りを上げた。股下をくぐるようにしての一閃が、わずかに最強の熾天使セラフをよろめかせる。

 浅い。

 だが、十分だ。

 そのまま統矢は、目の前の艦橋構造物ブリッジへと吶喊とっかんした。

 この巨大な戦艦でいう、中心部……そこに奴が、自分がいる。

 狂った戦争を統矢の時代に持ち込んだ、


「そこをぉ、動くなあああああっ!」

『ふむ……レイル・スルール大尉、ご苦労だったね。戦場を移そう。これでは人類の覚醒など夢のまた夢。いい子だから戻ってきなさい、レイル』

『でも、統矢様っ! ……わ、わかりました』


 統矢の背中へと、メタトロンの銃口が向けられる。

 全高に匹敵するロングバレルから、必殺の一撃が放たれようとしてた。

 だが、統矢は振り向かない。

 預けたのは背中と、信頼。

 あの【閃風メイヴ】と呼ばれた少女、フェンリルの拳姫けんきに唯一の黒星をつけた人間がいるのだ。失い亡くす中でつかんだ、新たなきずなが続いているのだ。

 それはあたかも、千切れんばかりに引くほどに硬く結ばれるような感覚。

 稲光いなびかりのような鋭い槍さばきで、単分子結晶たんぶんしけっしょう穂先ほさきがメタトロンを襲う。


『行きなさい、統矢三尉! 貴女あなたの相手は私です!』

『くっ、こいつ! ただの人間のくせに! 目覚める前に死んじゃえよっ!』

『そうよ、死ぬわ……みんな死ぬの。でも! ただでは死なない! 何も思い残さないから!』


 雅姫が周囲の有象無象うぞうむぞうを蹴散らし、メタトロンを急襲する。

 背後に激戦を感じながら、統矢は跳躍ジャンプと同時に【グラスヒール】を振り上げる。

 もはや誰も助からない……だが、救いなどわない。

 求めるものはただ一つ、それは平和でも安寧あんねいでもないし、無くしたものは戻らない。

 ただ、自分の全てと引き換えた憎しみが、絶体絶命の中で爆発する。

 雅姫とレイルの絶叫だけが、いつまでも耳に響いていた。


『何故だ、どうして! メタトロン・エクスプリームは、最強なのに。どうしてとせない! PMRなんて、ボク達の時代じゃとっくにれた旧式の兵器なのに!』

『三佐! 美作統司三佐! あらゆる通信を許可すると……好きです! 大好きです、美作統司三佐! 愛しているんです!』

『こいつ……ボクを前にしてえ! 何が好きだ、愛してるとでも言える状況か!』

『いつでも言えた、だから言えるわ。この身が蒸発するまであと数十秒……それは私にとって、あらゆる全てに値する恋! あの人のために……貴女を倒します!』


 決着を、この手で。

 こうしている今、この瞬間に全てが消滅しようとも。

 自分が向けた切っ先で、因果いんが因襲いんしゅうを断ち切り、叩き潰す。

 だが、乾坤一擲けんこんいってきの刃を振り下ろした統矢を光が襲った。

 不意に巨艦の表面を暗い光が走り、目の前にまばゆ障壁バリアを広げる。ピンポイントで集まってきたのは、幾重いくえにも重なり集中的に展開されたグラビティ・ケイジだ。

 統矢の一撃が、重力波の壁に弾かれ閃光をスパークさせる。

 次の瞬間には、【氷蓮】の機体は衝撃とともに空へと放り出されていた。

 嘲笑あざわらうような敵の声は、ぞっとする程に静かで穏やかだった。


『また会おう、もう一人の自分……摺木統矢。そして、すでに私が失い終えた者達よ。五百雀辰馬イオジャクタツマ御巫桔梗ミカナギキキョウ、ラスカ・ランシング、渡良瀬沙菊ワタラセサギク。そして……この場にいない愛しい妻よ』


 落下する統矢の視界が、次元転移ディストーション・リープの光を見上げていた。切りつけた衝撃の反動で吹き飛ばされたのだ。

 巨大戦艦はさらに無数のエンジェル級、そして雑多な無人型パラレイドを振り撒き……メタトロンと共に空を捻じ曲げ消え失せた。

 言葉にならない絶叫を張り上げる統矢は見た。

 すでにPMRのレーダーでも探知できる距離に、飛翔体が接近している。

 己の敗北、そして戦いの終焉しゅうえんを感じた、その時だった。

 予想せぬ声が全てを貫いた。


『総員、聞けっ! 御堂刹那特務三佐だ! 耐ショック防御、そして……! 抵抗しろ、戦い続けろ! 抗うべき未来を、今……【閃風】のこぶしが掴み取る!』


 大の字に落下した【氷蓮】が、コクピットをきしませる。

 衝撃に奥歯を噛む統矢は、見た。

 白い雲を引いて、青空を飛ぶ死の弾頭。

 その軌跡を驚異的な速さで、何かが追いかけていた。


「あれは……いや、まさか! でもっ!」


 そう、何かが疾風かぜごとく迫ってくる。

 物理法則を無視した光景は、まるで出来の悪い特撮映像だ。

 その人型は……そう、CG補正されたモニターの中の人型は拳を引き絞る。

 ――インパクト。

 穿うがつ鋼の拳が、炸裂寸前の弾道ミサイルを叩き潰した。

 そして、統矢は目撃する。

 はっきりと肉眼でも目撃できるほどの強力なグラビティ・ケイジが……不発のまま半端に爆発したGx反応弾を包み込んだ。その熱量と爆風を握り潰すように圧縮、密封してゆく。

 誰もが見上げる空には、一機のPMRが浮いていた。

 そして、まるで日輪にちりんを背負った魔神のように降りてくる。


『美作三佐、Gx反応弾が……消滅、しました』

『あ、ああ……映像で確認している。これは……』

『所属不明機、1! ライブラリに該当する機体はありません! しかし、大きい!』


 この時代の人類が運用するPMRだとすれば、その姿は二回り程大きくて9m前後だ。そして、統矢は記憶のそこで謎の機体を知っていた。

 極限まで重装甲とラジカルシリンダーを装備し、肥大化した両肩や両脚。

 携行する武器を必要としない鉄拳てっけんと、肘から伸びるGx超鋼ジンキ・クロムメタルのブレード。

 そして……純潔の乙女を守護する一角獣ユニコーンのような、頭部の角。

 思わず統矢はコクピットを解放し、擱座かくざした【氷蓮】から飛び出した。


「そんなはずは……!」


 まるで底知れぬ奈落アビスのような、暗いあおだ。

 頭部では三対六つの連なる双眸そうぼうが、真っ赤な光を燃え上がらせている。

 着地するや、居並ぶパラレイドに身構えるなり、所属不明機アンノウンはドシリと震脚しんきゃくで拳を引き絞る。その達人を思わせる構えに、一人の少女が完全に重なる。


 ――そして、止まっていた風が再び吹き荒れる。


 亡者ガイストなげきにも似たおぞましい駆動音で、放たれた拳が嵐を生んだ。そのハードブロウはグラビティ・ケイジをつむいで束ね、重力拳グラビトンナックルとでもいうべき破壊の力を広げてゆく。大地がひび割れ砕けて舞う中で、あっという間にパラレイドの大半が消滅した。

 わずか一撃、まさに必殺の拳。

 統矢は驚きに言葉を失いながらもその機体へと走った。


『美作三佐……パラレイド、62%が消滅、しました』

『……各機! 残敵を相当せよ! 風は我らに吹いている! この風に乗れ!』


 大型のPMRは、まるで力尽きたように片膝を突く。

 解放されたハッチへと、深海色ディープブルーの装甲を統矢はよじ登った。なりふり構わず、転げ上がるように我武者羅がむしゃらに。

 そして、開け放たれたコクピットの中に……その少女はいた。


「お久しぶりです、統矢君……すみません、少し遅れてしまいました」


 無数にぶら下がった投薬用とうやくよう点滴てんてきが、下着だけの包帯姿に繋がれている。血と汗と薬品の臭いの中、黒髪の少女が肩を上下させていた。荒い呼吸で苦しげに喋りながら、彼女はわずかに表情をゆがませる。

 普段から無表情な鉄面皮てつめんぴ仏頂面故ぶっちょうづらの不器用な微笑みだ。

 それが笑みだとわかるほどに、統矢が自分に強く深く刻みつけた存在。

 一瞬で永遠に失われたと思った面影おもかげが、コクピットの中で統矢を見上げていた。


千雪チユキ……お前、五百雀千雪イオジャクチユキなのか? ……千雪だよな! 千雪!」

貴方あなたの五百雀千雪です、統矢君。お見苦しくて……急いで来たものですから」

「あ、ああ……とにかく、話を聞かせろ! どうして、あ、いや……おかえり、千雪」


 統矢はほおを伝う涙をゴシゴシ手で拭う。そして、その手を思い出したように千雪へと差し出した。周囲の砲声や剣戟けんげきが、遠ざかっていくような感覚……胸がいっぱいになって、言の葉が上手く気持ちをかたどらない。

 少し躊躇とまどったが、千雪はおずおずと手に手を重ねてくる。

 そして、残酷な運命が二人の間に横たわった。


「……千雪? お前……手が」


 淡雪あわゆきのようにやわらかで、白くてひんやりとここちよかった千雪の手。

 それが過去形だと、銀色に鈍く輝く腕が教えてくれた。

 千雪の手は、形こそ以前と変わらぬ細腕だったが……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます