第13話「嵐の女王の帰還」

 唐突な再会……五百雀千雪イオジャクチユキは生きていた。

 しかし、無事だったという意味とは少し違う。

 そのことを摺木統矢スルギトウヤは痛感していた。

 今、茫然自失ぼうぜんじしつで頭が混乱したまま……統矢は軽々と千雪に片手で抱えられていた。まるで幼子を抱き上げるように、小脇に抱えられている。

 そのまま千雪は、肌もあらわなインナー姿で機体を降りた。

 周囲の戦闘は徐々に集束し、パラレイドの残敵は相当されつつあった。


「な、なあ千雪……えと、まず、あれだ。降ろせよ」

「ああ、そうでした。すみません、統矢君」


 包帯だらけの白い肌は、両足と右腕が金属の光沢に覆われている。

 細身の均整が取れたシルエットはそのままに、千雪の身体は一部が機械で義体化ぎたいかされていた。はがねの右手で彼女に抱えられたまま、統矢はまだ驚きが隠せない。

 そんな統矢を、千雪は優しく大地へと下ろした。

 異形の巨大パンツァー・モータロイドの前で、改めて統矢は千雪を見上げる。

 目線二つほど背の高い千雪は、じっと統矢を見詰めてぎこちなく微笑ほほえんだ。


「そうでした、統矢君。危うく忘れるところでした」

「な、何がだよ。それよりお前、身体が」

「そんなことより」

「そんなこと、って……なあ千雪、お前――!?」


 それは唐突だった。

 周囲では、ティアマット聯隊れんたいが残敵を掃討、安全を確保していた。

 停止した機体から顔を覗かせる者達もいて、大勢の目が統矢と千雪を見ていた。

 その中で、躊躇ちゅうちょなく。

 そっと統矢のほおに手で触れて。

 そのまま千雪は、くちびるを重ねてきた。

 ただのキスではなかった。

 言葉も呼吸も奪われたまま、統矢の舌を千雪の舌が探して求める。粘度の高いくちづけは、そのまま統矢の脳髄のうずいを奥の奥まで溶かしていった。

 永遠にも思える一瞬のキスで、思わず腰砕けになって統矢は膝が震えた。

 光の糸を引いて唇を離すや、千雪はそんな統矢を支えて頭を胸に抱いてくる。

 極限に張り詰めた集中力、DUSTER能力の緊張感が消えてゆく。


「ま、待て千雪……お前」

御褒美ごほうびです、統矢君。私への、御褒美」

「お、お前なあ」

「凄く、嬉しいんです。統矢君が、生きてくれてて。私が生きて、また会えて。統矢君をまた助けられた……統矢くんとまた、戦えるのが嬉しいんですよ?」


 相変わらずました無表情で、千雪は統矢へ語りかけてくる。

 彼女の胸に頬を寄せながら、統矢は自分の中の感情が氷解してゆくのを感じた。彼女を失ってからずっと、DUSTERダスター能力が発現しっぱなしだったのを思い出す。そう、ずっと統矢は死んでいた……死ぬまでパラレイドを駆逐し続けると覚悟した、その最初に自分を殺してしまったのだ。

 そうした中でれんふぁに心配をかけ、多くの仲間に支えられてきたのだ。

 そうこうしていると、向こうから見慣れたカラーリングのPMRパメラが近付いてくる。

 片膝をついて停止したフェンリル小隊の機体から、仲間達が次々に降りてきた。


「千雪っ! お前……この馬鹿野郎っ! ああ、千雪……ほんっっっっとおに! お前って奴は! 千雪ぃぃぃぃっ!」


 真っ先に駆けつけたのは五百雀辰馬イオジャクタツマだった。

 彼は千雪に駆け寄り、その姿を見て……その場で泣き崩れる。

 あのフェンリル小隊を束ねる男が、人目もはばからず号泣ごうきゅうしていた。

 千雪はそっと統矢から離れるや、兄の前に屈んで顔を覗き込む。


「ただいま戻りました、兄様」

「ああ……ああ! よく戻った、それになんだ、なんだよ……お前、そんな身体になって」

「まだ調整中ですが、かなり馴染んできました。薬もあるので痛みも許容内です」

「馬鹿野郎……お前は、本当に馬鹿だよ」


 統矢は、常に飄々ひょうひょうとして曲者顔くせものがおな辰馬の涙に驚いた。

 そして、次の瞬間にはもっとびっくりすることになる。


「千雪さん! よく無事で……もうっ、心配をかけて!」

「ああ、桔梗キキョウ! 見てくれ、千雪が返ってきてくれたんだ、ほら、桔梗、グハッ!」

「辰馬さん、!」


 立ち上がって振り向いた辰馬を、御巫桔梗ミカナギキキョウは押しのけて突き飛ばした。かわいそうに、兄妹の感動の再会が奪われる。

 顔面から地面にめり込む辰馬を尻目に、桔梗は千雪を抱き締めた。


「御巫先輩、お久しぶりです」

「もう! どうして……この身体、千雪ちゃん」

「色々と失いましたが、また戦えます。御巫先輩はだから……無理しなくても大丈夫です。【吸血姫カーミラ】とかっての、格好いいですけど。御巫先輩はいつもの優しさで、うちの兄様を適当に構っててくれれば。その、私の義姉様ねえさま、も、やってもらえれば」

「馬鹿……本当に馬鹿な。ふふ、困った義妹いもうとね」


 桔梗も眼鏡の奥で泣いていた。

 そして気付けば、ラスカ・ランシングと渡良瀬沙菊ワタラセサギクが統矢の側に来ている。

 二人共、千雪の帰還に心から安堵しているように思えた。


「ほらっ、沙菊! アンタの大好きな千雪殿じゃん。飛びついたら?」

「や、自分は後ほど……こういう時は大事な人にも順番があるであります。それに」

「それに?」

「自分はずっと前から、千雪殿は生きてると信じていたでありますから!」

「あ、そ……それより統矢! あっち、なんめてるみたいだけど?」


 ラスカがクイと親指で背後を指す。

 そこには、通常の機体よりも細身でシェイプされたカスタム型の97式【轟山ごうざん】が止まっている。人だかりの中心となっているそれは、統矢の97式【氷蓮ひょうれん】セカンドリペアより明るい紫色で、【雷冥ミカズチ】こと雨瀬雅姫ウノセマサキの愛機である。

 駆け寄ってみると、強面こわもての男達も途方にくれているようだ。

 閉ざされたコクピットの前には、美作総司ミマサカソウジ三佐がいた。

 彼はどうやら、装甲越しに無線で中の雅姫に話しかけているようだ。


「空けてくれないか、雅姫二尉。戦闘は終わったし、その、副長の君がいないと困る」

いやです! ……あんなことを、私は……恥ずかしいです。しかも、広域公共周波数オープンチャンネルで大声で……もう、お嫁に行けません!』

「参ったな……ああ、統矢三尉。君からも言ってくれないか?」


 どうやら、死を覚悟した先程の戦いで何かあったようだ。

 そして、統矢は記憶の糸を辿って思い出す。


「あ、そっか……そういやさっき、雅姫二尉は」

「おう、待てよ。待て待てボウズ、言ってやるなや」

「そうだぜ。それに……いつもおっかねえ副長の弱みを握るチャンスだしな」

「へへ、長生きはするもんだな。かわいいとこあるじゃねえの」


 周囲の大人達もニヤニヤと笑っている。

 しかし、どこかいかつい顔に浮かぶ笑みは優しかった。

 そう、先程総司がまぬがれ得ぬ死を前に、全員に回線の個人使用を残した。遺言ゆいごんを残すための配慮はいりょだったが、その時に雅姫はとんでもないことを口走っていたのだ。

 あのメタトロン・エクスプリームと死闘を繰り広げる中、彼女はハッキリと言った。

 美作総司三佐を好きだ、愛していると。

 墓まで持っていくと決めていた恋心を、死の間際に解き放ったのだ。

 だが、千雪の復活と同時にGx反応弾ジンキ・ニュークリアは処理され、戦況は逆転した。

 こうして戦闘が収束すれば、犠牲こそ出したが戦術的には勝利と言える。

 そして……覆水盆ふくすいぼんに返らず、一度発した言葉はもう戻らない。


「困ったな、どうしたら出てきてくれるんだ。戦闘は終わったが、後処理や上層部への確認が必要だ。君の力を借りたいんだ、雅姫二尉」


 少女の恋心を受けて、総司は軍服の制帽を脱ぐ。ティアマット聯隊の者達は皆、着崩した軍服や野戦服を着ている。パイロットスーツの統矢やフェンリル小隊の面々は少し目立った。

 だが、やれやれと肩をすくめる総司が驚きの発言で周囲をあきれさせる。


「さっきの通信は僕が許可した命令だよ、誰も怒ってなんかいないさ。それに、みんなが同じ状況だったんだ。君がどういう意図で発言したかはわからないが、大丈夫さ」

『えっ……あ、あの、三佐』

「ん? ああ、部下に慕われて嬉しくない上官なんかいないさ。嬉しいよ、雅姫二尉」


 統矢は首をひねった。

 周囲の男達も、残念そうに総司を見詰める。まるで、かわいそうな人を見るような目でだ。実際、鈍い統矢でも驚くほどに総司はわかっていなかった。

 彼にはどうやら、

 コクピットの中の雅姫も、恐らくいたたまれない気持ちになっているだろう。


「とにかく、ハッチを開けて出てきてくれないか? 君の力が必要だよ、雅姫二尉」

『……それは、副隊長としての私でしょうか、三佐』

勿論もちろんだ。君にしか頼れないし、君がいてくれないと僕の仕事もはかどらないさ。さ、ねてないで……大丈夫、恥ずかしい事を叫んだのは皆も一緒なんだから」

『皆、一緒……あの、私も皆と同じという意味でしょうか』

「そうだけど、他に特別な意味は……まあ、そうだな。僕の右腕を自称してたのは二尉じゃないか。頼むよ、これからも僕を支えて欲しいんだ」


 長い沈黙のあとで、【轟山】のハッチが開かれた。

 そこには、コクピットで膝を抱えて引き篭もる雅姫が座っている。総司が手を差し出すと、おずおずと手を重ねて彼女は出てきた。

 一件落着だと思ったが、二人はこれからどうするのだろう?

 恐らく、いや、確実に……雅姫の告白は総司に届いていない。

 総司も聞いていただろうが、どうやらあの大告白は上官への敬愛、尊敬の念と受け止められているようだった。先の思いやられる二人だと思うと、自然と統矢も苦笑くしょうこぼれる。

 周りの大人達も、生温かい目で自分達の隊長と副隊長を見守っていた。

 そして、気付けば統矢の隣に千雪が立っていた。


「この機体は……統矢君、これは! 見たことがないタイプのPMRですね。とても興味があります! 御巫重工ミカナギじゅうこう製っぽいですね。しかし、重装甲化したパワー重視のセッティングの中、この機体だけは軽量化が。右肩の水色は、隊のパーソナル塗装でしょうね」

「あ、あのなあ千雪。イキイキしてるとこ悪いけど、お前の機体の方がなんか凄くないか? あのデカいの、何だよ……珍しいとかってレベルじゃないぞ」


 隣の統矢を見下ろして、突然千雪がハスハスと喋り出した。

 忘れていたが、彼女はPMRが大好きなPMRオタクなのだ。


「統矢君、あの子は私の新しい愛機……【】です。【シンデレラ】のデータを解析して作られた、重力制御検証用試作実験機じゅうりょくせいぎょけんしょうようしさくじっけんき【スノーホワイト】のパーツを使っています。ただ、【シンデレラ】のようにコンパクトにできなくて大型化してしまいましたが」

「あ、ああ……結局あれだもんな、【シンデレラ】は」

「ええ、今持ってブラックボックスな部分が大半です。噂をすれば……れんふぁさんですね。【樹雷王じゅらいおう】も来ました。元気、ですよね? 統矢君、れんふぁさんを泣かせたりしてませんね?」


 空へと飛来した【樹雷王】を見上げて、統矢はギクリとした。

 自分を大切にできない統矢のために、れんふぁは泣いてくれた。

 二人で朝を迎えたことも、話さなければならない。

 だが、千雪はPMRのこととなると無駄に饒舌じょうぜつで、その上に話が止まらない。


「【ディープスノー】は単機で飛行能力を持ち、【樹雷王】と同等のグラビティ・ケイジの展開が可能です。また、重力波を用いた拳撃では、今までと違って遠距離でも攻撃が可能なんです。それに私のモーションパターンを加えて――」

「わかった! わかったから、千雪。……はは、お前って奴は本当に千雪なんだな」

「そ、そうです……統矢君の好きな、統矢君を好きな五百雀千雪です」


 機械の身体になっても、千雪は千雪だった。

 だから、統矢は久しぶりに忘れていた笑顔を取り戻す。

 仏頂面ぶっちょうづらの千雪は、そんな統矢を見て不器用に笑うのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます