第11話「審判の刻」

 摺木統矢スルギトウヤは再び対峙たいじした。

 最強の熾天使セラフの名を持つ、始まりのパラレイドと。

 あの秘匿機関ひとくきかんウロボロスの御堂刹那特務三佐ミドウセツナとくむさんさが語った、特別なセラフ級……その脅威はまだ、統矢の記憶にきざみつけられている。

 一人の少女の凄絶な死と共に。

 彼女が命を燃やして繋げた、自分の命の中に。


「レイル・スルールッ!」


 声が走る。

 疾駆しっくする愛機、97式【氷蓮ひょうれん】セカンド・リペアに絶叫が満ちた。

 えて震える空気そのものを燃やすように、統矢が怒りを身にまとう。三倍もの全高差を顧みず、【氷蓮】はメタトロンへと吶喊とっかんした。

 加速を続ける中で、広い甲板上の距離を喰い潰す。

 脳裏を過る思い出も悪夢も、振り切って置き去りにする。

 統矢の覇気を受け止め、敵もまたりんとした声を張り上げた。


『摺木統矢……ボクの統矢様の、敵っ!』


 一瞬の肉薄で、統矢が【グラスヒール】を横にぐ。

 その時にはもう、そびえ立つ巨体は空へと舞い上がっていた。

 セラフ級パラレイド、メタトロン・エクスプリーム……初遭遇の時には、【樹雷皇じゅらいおう】と合体した状態でも互角の戦いにしかならなかった。そして、撃破された後も残ったコアが新たなパーツと再合体……メタトロン・スプリームとなって立ちはだかった。

 そして、統矢達全員の未来をあがなうために少女は散った。

 五百雀千雪イオジャクチユキという女の子は、絶望の未来へ命を掛けてあらがったのだ。

 その喪失感が統矢を、どこまでも研ぎ澄ましてゆく。

 自分さえ許せない彼の闘争心が、DUSTERダスター能力を励起れいきし続けていた。


「くっ、空か! れんふぁ、早く来てくれ……ッ!」

『統矢! 陸戦兵器であるパンツァー・モータロイドではボクに勝てないっ! そう、勝てなかったんだ……PMRパメラでは異星人に歯が立たなかった! だから!』

「黙れよ、レイルッ! お前が今戦ってんのは……この、俺だ!」


 さやへと【グラスヒール】を戻しつつ、その鍔元つばもとから二丁の大型拳銃を抜き放つ。リボルバーにも似たシリンダーが粒子フォトンを圧縮し、苛烈かれつなビームが空を引き裂いた。

 だが、不出来なCGシージーのようにメタトロンは光条こうじょうじ曲げる。

 重力波の発現が肉眼で見えるほどの、強力なグラビティ・ケイジだ。防御力も以前より格段に上がっている。そして、今度はメタトロンの新たな武装が牙をいた。

 頭部に収まっていたディスク状のユニットが、制御用のケーブルを連れて飛び出す。


「そいつはもう見た! 知ってんだよ、レイルッ!」


 遠隔操作型の浮遊砲台だ。

 統矢の死角へ回り込もうと、何度も鋭角的なターンで殺意が迫る。

 そう、殺意だ……今までレイルにあった、どこか甘えてすがるような弱さが感じられない。今までは手加減してくれていた、それは彼女が統矢と同じDUSTER能力者だから。彼女にとって統矢は、愛すべき男がみちびいた戦士の第一号なのだ。

 しくも、それは統矢と別世界、違う時間軸の……

 すでにレイルはもう、説得も懐柔も斬り捨てたようだった。


『これだけじゃないよ……リフレクター・ユニット! 一番、二番! 行って!』


 三次元的な機動で視界が振り切られ、浮遊砲台を統矢は見失う。

 そして、さらに上空のメタトロンは両膝りょうひざからも同様のものを射出した。

 複雑に交わり伸びてゆくケーブルが、不気味な金属音で統矢を包囲してゆく。そして、上下左右を問わずビームのつぶてが【氷蓮】を襲った。

 その全てを避け、致命打にならぬものだけをかすらせる。

 統矢は自覚もなく、危険なダンスの中で雌雄一対しゆういっついの拳銃を撃ち続ける。

 だが、その時だった。

 不意にメタトロンは、両手で保持する長大な砲身を構えた。

 凄絶せいぜつな光が浴びせられて、飛び退く【氷蓮】がいた場所に光が屹立きつりつする。高出力のビームを浴びても、巨大な空中戦艦はびくともしない。


「狙いが甘いぜ、レイル……俺は外さない。お前は、お前はあ! 千雪のかたきだっ!」


 次の瞬間、統矢は悲鳴にも似た女の叫びを聴いた。

 同時に、極限まで拡張された全感覚が一秒を広げてゆく。

 何千、何万、その先の彼方まで……細分化される一秒の中の、その一瞬で判断が下された。統矢は見もせず、左手の銃を背後に向けて撃った。

 光と光が打ち消しスパークする、そのまばゆさにあおられ機体が震える。

 統矢は咄嗟とっさに、

 声を掛けてくれる味方がいなければできなかった芸当である。

 そして、DUSTER能力者の統矢にしかできない伝わたりだった。


「今、後ろからビームが? 助かった、雅姫二尉マサキにい!」

『いえ、統矢三尉。私もまさか、叫んだ瞬間には貴方が動くなんて。それも、あんな』

「手を出すな、奴は俺がとす。それに……普通の人間はついてこれないっ!」

『……聞いてます。DUSTER能力……極限の集中力と超感覚で、常軌を逸した操縦を行う究極の兵士。でも!』


 甲板の隅に、雨瀬雅姫ウノセマサキの97式【轟山ごうざん】が上がってきていた。

 他にもエンジェル級が何機か、さらに巨大戦艦の中から出てくる。

 メタトロンとの一騎打ちへの介入を諦めたのか、雅姫は周囲のエンジェル級を処理し始めた。邪魔が入らないのはありがたいし、雅姫さえ邪魔だと思えてしまうのが今の統矢だ。

 そう、復讐の相手しか目に入らない。

 レイルと戦うなら、ただの人間は足手まといだ。

 再び四方八方から襲い来る中、頭上で銃爪トリガーを引き絞るメタトロン。


「そういうことかよ……小賢こざかしい!」


 ようやく統矢は包囲攻撃のからくりを見破った。

 頭部からのユニットは、それ自体が射撃能力を持つ浮遊砲台だ。

 そして、両膝からのユニットは……メタトロンの強力な熱線を威力はそのままに跳ね返す。まるで鏡のように、ビームの奔流ほんりゅうを曲げるのだ。

 だが、わかってしまえば統矢に避けれぬ道理はない。

 来るとわかる、来たと見える攻撃の全ては統矢には無意味だ。


『当たらない! どうして……ボクだってDUSTER能力者なのに!』

「そうだ、レイル! 俺の動きをお前が熟知できるように、俺もお前の全てが手に取るようにわかる!」

『す、全てが!? 手に取るように……わかる? わかってくれるの……? ばっ、馬鹿! そんなこと言われたら、ボクは!』

「うだうだうるさいんだよ! 沈めって……言って、ん、だ、よぉおおおおお!」


 素早く背の【グラスヒール】へとハンドガンを戻す。

 同時に【氷蓮】は鞘を手に身を沈めた。

 居合の構えで鋼の甲板を、滑るように駆け抜ける。

 飛び交うビームが次々と襲う中で、真っ直ぐメタトロンへと跳躍ちょうやく

 抜き放つ単分子結晶たんぶんしけっしょうの刃は、巨大なビームの刀身をまとって振り上げられた。

 すかさずメタトロンも、膝に収納していたビームの剣を抜く。

 はじけてぜる粒子の中で、統矢とレイルの視線が互いに噛み付いた。


『統矢ァァァァァッ! 待ってて、その屑鉄くずてつから……引きずり下ろしてあげる! 手足の一本や二本なら、ボク達の技術で!』

「うるさいって言ってる! こいつは、この【氷蓮】は屑鉄なんかじゃないっ!」


 巨大な【グラスヒール】が鞘のチャージで発生させた、巨大な光の刃。その力があっという間に、青く細いメタトロンの剣を食い破った。そして、直接グラビティ・ケイジに接触して空気を沸騰ふっとうさせる。

 その振動と閃光の中で、統矢は聴いた。

 この時、全人類が耳にしたのだ。

 謎の侵略者、無人の機械群と思われていたパラレイドの声を。

 それは男の肉声で、広域公共周波数オープンチャンネルに響き渡った。


『――この声をお聞きの、異なる地球の同胞どうほうへと申し上げる』


 その一言が、世界を止めた。

 統矢とレイルもまた、互いに距離を取って足元に降りる。

 ダメージをチェックする統矢は、手が震えた。

 今、統矢は聴いている声をよく知っている。

 コンソールを叩く指の震えが止まらない。


『私は諸君等がパラレイドと呼ぶ部隊の最高司令官、摺木統矢大佐スルギトウヤたいさだ』


 そう、声の主は統矢。

 白煙を上げて関節部をき付かせた【氷蓮】の、凍れる復讐者アヴェンジャー摺木統矢と同じ声だった。自分の声は不思議なほどに聡明そうめいで、荘厳そうごんですらある。

 まるで超越者のような声は、足場となっている巨大戦艦から発していた。


『この地球をさいなみ、多くの人類を死に至らしめたことについて、まずはおびしましょう。……

「ッ! っざけるなあ! 何を詫びた、誰に! それが詫びる言葉か! クソォ!」


 統矢は声を張り上げた。

 自分の怒声は、落ち着き払った回線の中の声と同じ。

 そして、さして感慨かんがいもないようにパラレイドの統矢は喋り続ける。


『我々は今、共通の脅威に接し、滅びに瀕しています。パラレイドと名付けられた我々以上に、非道で残虐な異星人……巡察軍じゅんさつぐんの侵略を地球は受けるのです』


 それは未来、そして別の世界線だ。

 刹那を通じて記憶の断片を整理し、更紗さらされんふぁが皆に語ってくれたことだ。

 今この瞬間から、未来は無数に分岐している。

 同じように、今は過去から無数に分岐した可能性の一つでしかない。

 未来も過去も無限に存在するのだ。

 そして、その未来の一つからパラレイドはやってきた。

 数え切れぬ過去の中から、統矢の生きるこの時代を選んで。


「くっ、黙れよ! いや、黙らせる! クソッ、奴は……俺はどこだ! どこにいるっ! 姿を見せろ、俺と戦え!」

『統矢三尉、どうしたの……さっきの声は何? 落ち着いて、統矢三尉!』

「雅姫二尉、あんたも探してくれ! 奴の声……俺の声はどこから出ているっ!」


 取り乱した統矢が、操縦桿スティックを握って機体を起こす。

 Gx感応流素ジンキ・ファンクションたかぶる統矢の激昂げきこうを吸い込んだ。

 【氷蓮】はラジカルシリンダーをきしませながら、不協和音ふきょうわおんかなでてメタトロンを……その背がかばっている巨大戦艦の艦橋構造物かんきょうこうぞうぶつを目指す。

 怒りに燃える統矢の脳裏は、真っ白な闇に閉ざされていた。

 何もかもが漂白されてゆく中で、意識が鮮明になってゆく。

 風がそよいで空気が燃える、その感触すらも掴めるような感覚。

 だが、極限までDUSTER能力を解放した統矢にもたらされたのは……非情な裁きだった。


『待ちなさい、統矢三尉! こ、これは……』


 雅姫の【轟山】が駆け寄り機体を寄せてきた。

 それを邪険に振り払おうとして、統矢は愛機の首を巡らせる。

 絶望を聴いたのはその時だった。


『撤退を、統矢三尉! 間に合わないかもしれないけど……美作総司三佐ミマサカソウジさんさ! 緊急入電、日本皇国陸軍大本営にほんこうこくりくぐんだいほんえいからです! 全機、聴いてください!』

「どけよ……離せっ! 俺は千雪の仇を――!?」

『聴いて、摺木統矢! ……皇国海軍聯合艦隊こうこくかいぐんれんごうかんたいより……戦略弾道兵器せんりゃくだんどうへいきが発射されたわ。弾頭は通常にあらず……Gx反応弾ジンキ・ニュークリアよ』


 戦場が凍りつく。

 そして、まだ……もう一人は独善的な主張を朗々ろうろううたっていた。

 この日、人類の一部は知った。

 情報封鎖と隠蔽いんぺいをかいくぐって、真実が漏れ出てしまった。

 パラレイドの正体が、未来の一つから来た同じ地球人類だと。

 その真実をも消し去るように、頭上には戦略兵器が迫っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る