第9話「死を呼ぶ方舟の来襲」

 富士の裾野すその青木ヶ原樹海あおきがはらじゅかい

 97式【氷蓮ひょうれん】セカンド・リペアに乗って、摺木統矢スルギトウヤは空を見上げていた。

 晴れ渡る青空を汚すように、七色の光が景色を歪ませている。

 空間のねじれが肉眼で確認できる程の、巨大な次元転移ディストーション・リープの前触れだった。転移してくる質量や数にもよるが、パラレイド出現時の兆候は虹にも似た発光現象である。

 美しく幻想的な空模様が、この世界への侵略者を運んでくるのだ。


「観測されてからの時間が長い……つまり、それだけデカい奴が次元転移してくるってことか」


 統矢はGx感応流素ジンキ・ファンクションへと意思を伝えて、愛機を制御しつつ空を睨む。

 すでにこの場で待機して、小一時間が過ぎようとしていた。

 皇国海軍PMR戦術実験小隊こうこくかいぐんパメラせんじゅつじっけんしょうたい、通称フェンリル小隊……その少数精鋭の編成が皇国陸軍に臨時編入されてから、ずっと待機の状態が続いていた。

 統矢の周囲には今、皇国陸軍の戦時特務聯隊せんじとくむれんたいが展開している。

 総勢60機ものパンツァー・モータロイドが、一糸乱れぬ統制で身を潜めていた。

 その機体は初めて見るもので、説明を受けたあとも統矢を驚かせる。


「97式【轟山ごうざん】……俺の【氷蓮】との開発トライアルで敗れた、幻のPMRか」


 皇国陸軍戦時特務聯隊……通称、ティアマット聯隊の運用するPMRは初めて見るタイプだ。そして、美作総司ミマサカソウジの説明を思い出せば心境は複雑だ。

 昨年のロールアウトを見越して、何年も前から御巫重工みかなぎじゅうこうは新型機を開発していた。

 それが、【氷蓮】と【轟山】である。

 トータルバランスの向上と機動性、運動性を重視した【氷蓮】。

 逆に、徹底して重装甲と重装備を重視したヘヴィ級の【轟山】。

 二機は競合するトライアルの中で機体の方向性を追求し、どちらが世界の防人さきもりとして相応ふさわしいかを試された。そして、勝ち残った【氷蓮】が北海道で生産され、重点的に配備されたのだ。

 逆に【轟山】は、歴史の影に消え行く敗者だったはずだ。

 だが、その性能を埋もれさせまいとした人物がいた。

 それが三佐に昇進した総司であり、それを支持する陸軍の良識派だった。


「しかし、なんて重装甲だ……そして、この音。相当なパワーを絞り出してる」


 統矢は装甲とモニター越しでもすぐに察して理解する。

 今、気配を殺して樹海に潜む隣の【轟山】は、待機中ながらも甲高い駆動音を響かせている。その姿は、重装甲ながら鈍重な雰囲気はない。まるで筋骨隆々たる剣闘士グラディエーターだ。徹底的にチューニングされた常温Gx炉じょうおんジンキ・リアクターの音は鋭い。

 トライアルに敗北した試作機を、敢えて少数量産して実戦投入してくる。

 初めて海軍との円滑な共同戦線を展開するだけあって、陸軍の動向には統矢も驚かされた。この柔軟かつ適切な対応が、軍の全てではないことが惜しまれる。

 そんなことを考えていると、ヘッドギアの通信機に声が響いた。


『よぉ、ボウズ……DUSTERダスター能力だかなんだか知らねえが、ブイブイ言わせてるそうじゃねえか。噂の【樹雷皇じゅらいおう】とやらはどうした? 使うまでもねえってか?』


 声の主は、隣に見を伏せる【轟山】のパイロットだ。

 無視してもいいが、待機が続いた挙句の退屈に統矢も口を開く。


「さっき、れんふぁから連絡があった……【樹雷皇】はメンテナンス中で時間がかかる。それとも何か? ティアマット聯隊ってのは、ブイブイ言わせてるガキの最終兵器がないとブルッちまうのか?」

『ハハッ! 言ってくれるぜ……そういう返事が聴きたかったのさ、ボウズ。なに、ブルッてるのは本当だし、返す言葉もねえよ』


 意外な言葉に思わず、統矢は愛機の首を巡らせる。

 【氷蓮】が振り向けば、右後方に片膝を突く【轟山】は右手を差し出した。そのまま、親指を立てて拳を握り、わざわざ機体を頷かせる。

 不思議と統矢は、ティアマット聯隊の隊員に妙な親近感を抱いた。

 先程も面通しを行ったが、正直まともな人間はいないと思っていた。

 見るからにはみ出し者の半端者はんぱもの、正規軍とは思えぬ無頼漢ぶらいかんの集団だった。あの総司が率いる人間としては、あまりにギャップがあってミスマッチだ。生真面目で理想を信じて戦う青年には、誰もが不釣り合いな程にやさぐれていたし、だらしなかった。

 だが、彼等の技術と練度だけは統矢も認めていた。

 総司に説明された以上に、皆が行動で己の腕を誇示してくれたから。

 PMRの操縦技術は、ただ移動して所定の場所に陣取るだけでも如実にょじつに現れる。


「なあ、あんた等は……どうしてティアマット聯隊に? なんであの美作三佐に従ってるんだ?」


 相変わらず歪んで光る空を見上げながら、なんとなく統矢が聞いてみた。

 回線の向こう側で、【轟山】のパイロットが小さく笑う気配が伝わる。


『聞かなかったか? ボウズ……俺等ぁ、全員が何らかの理由で軍籍ぐんせきを剥奪された犯罪者よ。旦那とお嬢が拾ってくれなければ、今頃は軍事法廷を経て銃殺刑さ』

「……札付ふだつきのワルって訳か」

『そうよ! 悪も悪、極悪人さ』


 男は手始めに、自分の罪状を語ってくれた。

 戦況が不利な中、指揮官の判断ミスで戦闘継続を強いられた。壊滅的な損耗率になって初めて撤退命令が出たが、彼は逆らって殿しんがりを務めたのだという。一人でも多くの味方を逃がすため、アイオーン級の群れに自ら飛び込み、遅滞戦闘ちたいせんとうを繰り広げた。

 かろうじて帰還した彼を待っていたのは、命令違反という罪名だった。

 部隊の指揮官が己の失態を隠すために、人身御供ひとみごくうとしたのだ。


『それで俺ぁ、投獄されて銃殺刑を待っていた。そんな時、旦那が現れたのさ』

「旦那……美作三佐か」

『おうよ! 旦那は丁度、腕利きのPMRパイロットを探していた。それも、軍が不要と決めた人材をな。鉄格子の前で旦那は、隣のお嬢を指して言った……こういう子のいらない戦争がしたいってな』


 お嬢と言うのは、総司の副官である雨瀬雅姫ウノセマサキのことだ。

 去年まで幼年兵ようねんへいだった少女を連れて、あの総司は夢を、理想を語ったらしい。子供達が追いやられる戦場を失くしたいと。全地球規模で戦時下にある非常時だからこそ、子供達を守るために大人が戦うべきだと。

 そういう総司の想いが、投獄され不当に扱われていた男達を集めた。

 ティアマット聯隊がヤクザな犯罪者集団に見えるのはそのためだ。

 なるほどと統矢が思っていた、その時……不意に広域公共周波数オープンチャンネルに声が走る。


『諸君、御苦労。私は秘匿機関ひとくきかんウロボロスの御堂刹那特務三佐ミドウセツナとくむさんさだ。次元転移反応が増大している……来るぞ』


 久方ぶりに聴く刹那の声は、今までそうだったように平坦で無感情だ。

 大切な人を失い涙に塗れた過去を感じさせない。それだけに、統矢は自分が目にした彼女の泣き顔を思い出してしまう。冷徹で非情なあの刹那は、あの時確かに泣いていた。大切な人間を失っても泣けない統矢の前で、仮面を脱いでみせたのだ。

 その言葉が今も、統矢の胸の奥に突き刺さっている。

 ――全てのパラレイドを駆逐くちく殲滅せんめつしろ。

 あの時確かに、彼女はそう言った。

 そして、統矢は覚悟も決意もとっくに定めて打ち立てた。

 言われるまでもなく、パラレイドは……未来の自分が繰り出す全ては、これを粉砕ふんさいする。必ず排撃はいげきし、撃滅げきめつする。未来の自分であろうと、構わずに一切合財いっさいがっさい剿滅そうめつする。

 その想いを新たにしていると、空がまぶしく光りだした。


「来るか……全兵装セフティ解除、ミリタリーパワー、マキシマム!」


 天が割れたかのような輝きの中から、巨大な物体が現れる。

 それは、過去に例を見ない巨大な次元転移の反応だった。

 そして、回線を行き交う声が混乱の中で言葉を錯綜さくそうさせる。


『おでましだぜ……デケえ! なんてデカさだ』

『推定全長、1,200m! 戦艦クラス……いや、そういうレベルじゃない』

『目標から飛翔体ひしょうたい、発艦! 数は4、8、12……どんどん増える!』

『陸戦兵器と思しき熱源、多数降下! 識別……人型!? エンジェル級だ! 全て人型だ!』


 富士の樹海が、阿鼻叫喚あびきょうかん地獄絵図じごくえずと化した。

 すかさず飛び出す統矢も、目撃する。

 中空に浮かぶ巨大な方舟はこぶねと、そこから撒き散らされる無数の悪意、敵意を。

 そして、統矢の【氷蓮】に続く背後の【轟山】がえる。


『来やがったぜえ! ボウズ、俺より前に出るなよ……DUSTER能力だか何だか知らねえが、こういう時は大人に、男に任せるもんよ!』

「俺も男だ、黙って見ていられない……見てるだけでいられるかっ!」

『そう言うなって、ボウズ! へへ、見たことのない奴ばかりだぜ。エンジェル級……両手が大砲、両手がたる……ありゃミサイルポッドか? その他大勢……空には戦闘機か』

「いや、あれは……飛んでる奴は変形する!」


 直後、火線が走って樹海が燃える。

 ビームの光条こうじょうが周囲を薙ぎ払って、【氷蓮】のまとアンチビーム用クロークが半分ほど蒸発した。

 その時にはもう、先程会話を交わしていた男の声は途絶えていた。

 振り向くまでもなく、後方から続いていた【轟山】の反応はない。

 重装甲化を図ってパワーとトルクを重視したPMRでも、ビーム兵器の前では無力だ。だからこそ、御巫重工の開発陣は【氷蓮】を……機動力と運動性を重視した機体を選んだのだ。

 統矢は振り向きたい衝動を必死で噛み殺す。

 軍でははみ出し者、鼻つまみ者だと言っていた。

 そう言って笑う男は、確かに一緒にくつわを並べた戦友だった。時間の密度は関係ない……これだけの巨大な次元転移反応を前に、臆することなく並び立った仲間だったのだ。


「パラレイド……そして、俺……摺木統矢! お前の好き勝手にはさせないっ! 異星人と戦いたいなら、勝手に戦え! 一人で戦って死ね! どうして俺等を……この時代、この地球を!」


 たける統矢が、背の大剣を引き抜く。

 まだ再調整の終わらぬ【樹雷皇】から、先行して運び出された【グラスヒール】が鞘走さやばしる。巨大な単分子結晶たんぶんしけっしょうを構えて、統矢の【氷蓮】が加速した。

 生い茂る樹木をかすめるように、低空でスラスターから光の尾を引く。

 周囲にも無数に、味方機が乱戦へと持ち込む光がまたたいていた。

 だが、その中心で巨大な方舟が動き出す。

 いまだ光を乱舞させる空の下で、巨大な戦艦型パラレイドが轟音を響かせた。


「な、なんだ……あのデカブツ、先端が割れて……あの動き、俯角ふかく? 下に……撃つのか!? 何を……何かを!」


 統矢は戦慄に震えた。

 同時に、レンジ内で接敵したエンジェル級の人型を切り伏せる。限られた時間の中でも、DUSTER能力は瞬時に彼に情報を把握はあく掌握しょうあくさせた。ばらまかれたエンジェル級は、両腕がビーム砲の機種、対空ビームの機種、そしてミサイルポッドの機種と、格闘専用のナックルを持つ機種。それらと別個に、巨大な前傾歩行の砲台型。そして、空を舞う戦闘機から変形する機種だ。

 それらと戦い次々と爆散させる中で、統矢は言葉を失う。

 中央に鎮座ちんざする巨大なパラレイドが、その先端を左右に押し開いて……まるで砲口のようにあらわになった先を地面に向けた。

 次の瞬間、統矢は神罰にも似た光の輝きに……何も見えなくなるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます