第4話「その血を捧げよ、新たなエースへ」

 全国総合競戦演習ぜんこくそうごうきょうせんえんしゅう、初日……第一回戦。

 青森校区戦技教導部あおもりこうくせんぎきょうどうぶ、通称『フェンリル』の戦いが始まった。

 全国総合競戦演習は、チーム同士での集団戦闘で行われるパンツァー・ゲイムだ。今年からレギュレーションが変更され、チームの機体数は最大で20機まで、そしてフラッグ機が行動不能になると敗北なのは変わらない。

 なお、例年同様……

 フラッグ機だけで取り残されようとも、幼年兵ようねんへい達は戦わねばならないのだ。

 そしてそれは、演習でも実戦でも変わらない。

 摺木統矢スルギトウヤ達幼年兵に、逃げ場などないのだ。

 人類にも逃げ場がないように。


「クッ、機体が重い! なんだってこんな……やっと一機かっ!」


 統矢は愛機97式【氷蓮ひょうれん】セカンドリペアの中で奥歯を噛む。

 あの日からずっと、常時DUSTERダスター能力が発現しっぱなしの統矢。彼にとっては全てが止まって見えるし、一瞬にも満たぬ時間でも熟考からの最適解さいてきかいを選べる。全てが自明の元に洗練され、なにもかもがベストアンサーで行動となって表現されるのだ。

 だが、今の【氷蓮】はいつもの調子ではない。

 背にペイロード限界一杯の巨大なコンテナを背負っているのだ。

 統矢は今、一回戦の相手である私立大洗予科練高校しりつおおあらいよかれんこうこうの機体をようやく一機、倒したに過ぎない。

 大地で停止したまま、ペイント弾にいろどられて94式【星炎せいえん】が膝を突く。

 研ぎ澄まされた統矢自身とは裏腹に、セッティングのせいで愛機がついてこない。

 そして、苛立いらだちはそれだけではなかった。


「ここのチームも【星炎】を使ってるのか……うわさは本当みたいだな」


 御巫重工みかなぎじゅうこうでは今、猛烈な勢いで新型パンツァー・モータロイドの開発が進んでいる。昨年、【氷蓮】がロールアウトしたばかりなのに、だ。それだけ戦況は逼迫ひっぱくしているし、少しでも高性能なPMRを量産したいのだ。

 そして、本来そう望まれて産まれた【氷蓮】は、そのノウハウごと失われた。

 生産拠点ゆえに集中配備されていた北海道が、その大地ごと消滅したのだ。

 統矢が聞いた噂は、こうだ。

 【氷蓮】との次期主力PMRパメラ選定トライアルで、採用されなかった機体がある。二つの開発チームがそれぞれ別の試作機プロトタイプ供出きょうしゅつした中、御巫重工の首脳陣は【氷蓮】を選んだのだ。それは純粋に性能やコスト、生産性や整備性の差だという者もいる。同時に、黒い取引が横行した結果だと言う者もいたのだ。


秋田校区あきたこうく等、ごく一部でしか使ってなかった【星炎】が、今年は色んなチームに配備されている。つまり……軍の一部ですでに、機種転換の後の【星炎】払い下げが始まっているのか」


 そうつぶやいた瞬間、操縦桿スティックを握って機体をひるがえす。

 今まで統矢の【氷蓮】が立っていた場所に土煙が舞い上がった。

 着弾から逆算して、浮かび上がる射線を避けて愛機を走らせる。

 大洗の配備数は18機、対して統矢達は5機だ。

 彼我戦力差ひがせんりょくさは最初から気にしてなかったが、今日のセッティングに統矢はいい加減うんざりしている。パラレイドが相手ではないので、対ビーム用クロークは装備されていない。それはわかる。【グラスヒール】は【樹雷皇じゅらいおう】のコンテナの中だし、あれを対人演習で振るうのは危険だ。それもわかる。

 だが、副部長に『開会式をブチ壊した罰ですよ?』と言われても納得できない。

 そして、相手チームの嘲笑あざわらうかのような通信が当夜の神経を逆撫さかなでする。


『見ろよ、あの包帯野郎ほうたいやろうは荷物持ちだ!』

『笑えるぜ、幻の最新鋭機とか言って……所詮はフェンリルの丁稚でっち、使いっ走りかあ!』


 敵の兵力が集中し始めている。

 いつも通りに突出している統矢が、いつも通りに囲まれかけているのだ。

 包囲が完成しつつある中で、一際けたたましい駆動音が響く。

 そして、目の前にポールウェポンを構えたオレンジ色の【星炎】が舞い降りた。そのラジカルシリンダーの鳴動が、自然と統矢の聴覚を通して危機を訴えてくる。極限まで安全マージンを切り詰めた、エース御用達のハイチューンドだ。

 そして、Gx超鋼製ジンキ・クロムメタルのハルバードを構える中から声が叫ばれる。


『待たせたなあ、フェンリルッ! 俺は西端貴由ニシバタタカヨシ! 人呼んで……紅蓮ぐれん黒騎士くろきし! またの名をっ、【竜星ミーティア】ッッッッッッッッ!』


 無言で統矢は、30mmオートを撃った。

 ハンドガンサイズとはいえ、この距離ならば有効判定になるはずだ。

 だが、痛々しい名乗りをあげた敵は、手にした長物ながもので弾丸を切り払う。

 流石に驚いたが、統矢達のレベルではやってやれない芸当ではない。


「チィ! バカなだけじゃないっ、こいつ!」

『人の話を聴けぇ! このっ、最新鋭機の改修機で、オンリーワンのパーソナルカラーな主人公系っ! クソ格好いいんだよ、この野郎! 貴様ぇ、うらやましいじゃねえかっ!』

「……お、おう」

『だが、お前の物語はここで終わりだ。何故なぜなら――』


 すきがあったので、また撃った。

 当然のようにハルバードがしなって弾かれる。


『人の話を最後まで聴けぇ! 貴様ぇ、すげえ卑怯だぞ! それでも主人公っぽいPMRに乗る男かぁ! ……良かろうっ! 【竜星】こと、この紅蓮の黒騎士が』

「……赤なのか黒なのかはっきりしろよ」

『フッ、わからんか……? 我が愛機の漆黒の装甲がぁ! 貴様の血で赤く染まるのだ!』

「い、いや……その機体、オレンジ色だよな。なんか……教習機きょうしゅうきっぽいんだけど」

『な、なんだとう! 言わせておけば……ムッ! ハァァ、タァ!』


 今度は統矢が撃った訳ではない。

 だが、飛来した刃が風を切り、貴由が振り回すハルバードを金属音で歌わせた。

 弾かれたそれは、投擲型とうてきがた対装甲炸裂刃アーマーパニッシャーだ。

 地面へ突き立ち、それはアチコチで爆発して周囲を煙で満たす。実戦ではないので炸薬量さくやくりょうが抑えられているが、代わりに煙幕を仕込むのは性格が悪い。素直にそう思う統矢の名が、キンキンと耳に痛い声で叫ばれた。


『統矢っ、どいて! そいつ、いただきっ!』


 紅蓮の黒騎士を襲ったのは、血よりも赤い鮮烈なるスカーレット

 軽装甲で機動力のみに特化し、極端な出力マネジメントで駆逐戦闘を重視したネイキッドなPMRだ。まるで閃光のように、着地するなり白い煙の中で腰の大型ダガーを抜き放つ。単分子結晶たんぶんしけっしょうが鈍く光って、少女の瑞々みずみずしい絶叫と共にうなる。


『一撃でっ、決めるっ!』

「待てラスカ、そいつは俺の――」

『新手かあああっ! そんな軽量級で、めているのかああああ!』


 刃と刃とが、無数の火花を星空のように広げる。

 はじけてちがたびに、無数の星座が統矢の瞳にきざまれた。

 そして、一発の重さはハルバードの貴由が上で、スピードは互角。

 ――かに、見えた。

 だが、ラスカ・ランシングの89式【幻雷げんらい改型四号機かいがたよんごうきは……は、さらなる加速で両手の刃を逆手に持ち替える。


『なにぃ! この俺様のスピードを上回るだとぉ! 旧式の改造機が!?』

『遅いっ! 遅い遅い遅い遅い、遅過ぎるっ! 止まって見えるわ!』


 統矢が知る限り、ラスカはただの人間だ。他のチームメイトがそうであるように、特別な能力を持っている訳ではない。ただ単に、自称天才と言ってはばからないセンスが本物で、それをかす努力を欠かさなかっただけ。

 あっという間に改型四号機は、教習機モドキの両足に刃を突き立てる。

 明らかに大きな損傷で、紅蓮の黒騎士とやらが大きくのけぞる。

 だが、倒れず激しい反撃に転じてきた。

 その時にはもう、上半身の制御だけでラスカは全てを見切って回避……そして、改型四号機が腰の背後に両手を回す。


『そんなはずは……俺はっ! 私立大洗予科練っ、戦技教導部っ、次期部長ぉ!』


 激しい衝撃音と共に、改型四号機が腕でハルバードを受け止める。

 その手が握る雌雄一対しゆういっついのパイルトンファーが、がっちりと細い腕を防御していた。


『エースなんだ……俺がぁ! そう、俺はっ、紅蓮の黒騎士ぃ!』


 容赦なく無言で、ラスカがパイルトンファーを握る拳を振るった。

 合金のひしゃげる音と共に、衝撃音に統矢は目をつぶる。

 見ていられない程に一方的な戦いだった。


『誰もがうらやむぅ、【竜星】ぃ、その名も! その名もその名も、その名もぉ!』

『うっさい、バカじゃないの! あとがつっかえ、てるっ、のっ!』


 苦し紛れに振るわれたハルバードの、その大振りな一撃をバク転でラスカが回避する。彼女の忠実なる愛犬のように、改型四号機はカウンターの一撃をねじ込んだ。

 再び顔面に叩きつけられたパイルトンファーが、衝撃音と共に空薬莢からやっきょうを吐き出す。

 それが宙でクルクル回転して落ちる前に……頭部を貫かれて相手は停止していた。

 崩れ落ちる姿はちょっと同情するが、統矢にも今は余裕がない。


「相手が悪かったな……せめてもの、っていうか、まあ……ほらよ。これで紅蓮の黒騎士様、いや……だな」

『ちょっと統矢……アンタ、性格悪くなってない? ……ちょっと、なんか、前より……いいじゃん』

「ん? ほら、次行くぞ、次」


 とりあえず統矢は、倒れた【星炎】に数発ペイント弾をブチ込んでやった。オレンジ色が真っ赤に塗り潰されてゆく。

 だが、煙幕が晴れると統矢はすぐに次の危機を察知した。

 ラスカも身構えれば、周囲には大洗チームの全機が集結、包囲していた。


『ちょっと! 砲撃、援護っ! ちゃんとやんなさいよ、沙菊サギクっ!』

『やってるでありますよ、ラスカ殿。ラスカ殿と統矢殿が突っ込み過ぎなんであります』


 だが、不意に風向きが変わった。

 ガン! と短く鉄が歌って、敵の一角で撃墜判定を食らって【星炎】が停止する。

 超長距離からの狙撃、それも一発でヘッドショットだ。

 スナイパーの気配に周囲が足並みを乱した、その時だった。


『――摺木君、コンテナの中身を全部いただけますか? そう、全部』


 不意に空へと、一機のPMRが舞い上がった。

 鮮やかな翠緑色エメラルドグリーンに塗られて、長い長い対物アンチマテリアルライフルを構えている。

 スイッチ、発砲音、そしてヒット。

 また一機、敵が行動不能になった。

 そして、空へと銃口と殺意が向いた頃には、その機体は射撃の反動と繊細な姿勢制御で大地へ降り立つ。対物ライフルをそっと手放すのを見て、統矢は渋々コンテナをイジェクトした。


桔梗キキョウ先輩っ、これで全部ですっ! っし、持ってってください!」


 背負ったコンテナの中身を、全て空へとぶちまける。

 無数の40mmカービンが舞い上がって、そして大地へ次々と突き立った。

 それはまるで、御巫桔梗ミカナギキキョウの89式【幻雷】改型弐号機かいがたにごうきを囲む墓標ぼひょうだ。

 銃のひつぎに包まれた吸血姫カーミラを前に、一斉に銃火が殺到する。

 だが、

 驚異的な回避予測とミリ単位の操縦が、弱装弾じゃくそうだんに触れる時間を与えない。

 そして、しっとりと甘やかな声が冷徹に放たれた。


『では、片付けてしまいましょう。わたくしは皆さんほど、優しくはありませんので』


 鉄火に舞い踊る中で、桔梗の改型弐号機がカービンを拾って、撃つ。

 捨ててはまた、拾って、撃つ。

 次々と拾っては撃ち、捨ててはまた拾って撃つ。

 その都度、相手のPMRが撃墜判定で一機また一機と停止した。

 そして、パンツァー・ゲイム終了のサイレンが鳴り響く。その時、演習場に立っているPMRは青森校区の5機だけだった。

 一人の拳姫けんきを失ったフェンリルが、新たな力を得た瞬間だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る