第3話「彼女が残した伝説」

 ――全国総合競戦演習ぜんこくそうごうきょうせんえんしゅう

 富士の裾野すそのに広がる百年前からの演習場での、全国の高校生を集めた超大規模パンツァー・ゲイム大会だ。戦時下ゆえに中止されている野球大会にちなんで、パンツァー・モータロイド甲子園とも呼ばれる。

 日本中の皇立兵練予備校こうりつへいれんよびこうおよび私学の予科練高校よかれんこうこうが競う大演習。

 パラレイドとの戦争に全てを塗り潰された世界の、狂おしいまでの興奮と感動を生み出すプロパガンダだ。


「チッ、初戦の相手は私学……茨木いばらぎ大洗予科練おおあらいよかれんか。ぬるい相手だが、手は抜けない」


 摺木統矢スルギトウヤは今、各校のPMRパメラキャリアが並ぶ中を歩く。

 どこの校区も、戦技教導部せんぎきょうどうぶの最精鋭を送り込んできていた。勿論もちろん、持ち込まれたPMRはどれも一筋縄ではいかぬ限界チューンドである。部隊単位での運用を重視し、各国で共通のプリセットを装備する正規軍と違い……統矢達幼年兵ようねんへいのPMRは極端なセッティングの機体が多い。

 一般生徒は旧式機をそのまま使うが、操縦技術の高い者ほど危険な機体を駆る。

 対PMR戦に特化した機体は、そのまま対パラレイド戦でも高い戦果を誇った。

 だが、そうした改造機を振り回されるのは、一握りの少年少女だけ。

 そして、そんな誰もが戦場では弾除たまよけとして使い捨てられてゆく。

 周囲を物珍しげに見回しながら、制服に着替えた統矢はポケットに両手を突っ込んで歩く。見慣れぬPMRもちらほらあって、自然と一人の少女が思い出された。


「なんだありゃ、94式【星炎せいえん】か……秋田校区あきたこうくだな。ずいぶんいじってる……それに、このオイルのける臭い。瞬発力重視でラジカルシリンダーの反応係数はんのうけいすうを限界まで上げてるのか」


 こういう時、五百雀千雪イオジャクチユキがいてくれたら。

 もし一緒だったら……すでに彼女は、統矢の隣にはいないだろう。

 今頃はとっくに、目の前の機体に駆け寄っている。

 玲瓏れいろうなる美貌びぼうを凍らせた、聡明そうめいでクールな優等生……その実態は、がたい程のだ。だが、いつもの無表情をわずかに和らげる姿が、今はもう見られない。

 そして、寂しげに目を細める統矢へは今、敵意を込めた眼差まなざしがそそがれる。

 この場の全ての生徒達が、統矢をすがめて声をひそめていた。


「見ろよ、開会式の奴だぜ? 青森校区の摺木統矢だ」

「海軍の部隊で今は三尉ですって。……気に入らないわね」

「派手にやらかしてくれてさ、実戦経験者は違うってか?」

「おもしれえ……ちょっと珍しいPMR乗ってるからって、いい気になるなよ」

「北海道の地獄から生還した男、か。その力、試させてもらおうじゃねえの」


 全部、丸聞こえだ。

 統矢の張り詰めた集中力は、限界まで自身の五感を研ぎ澄ましている。

 あれからずっと、統矢のDUSTERダスター能力は発現したままだ。

 まるでマシーンのように、目をつぶって望めばどこでも眠れるし、起きた瞬間から全ての能力が覚醒かくせいする。清水を満たしたかのように透き通った感覚は、一瞬で的確な判断を選び続けてきた。

 なにもかもが容易たやすく、過剰かじょうなまでに把握はあくできる。

 それはもう、統矢には現実感すらなくて全てを委ねるしかなかった。

 そんな彼が嘲笑ちょうしょう敵愾心てきがいしんを浴びる中……不意に背後から気配が近付いてくる。


「統矢殿ーっ! 統矢殿、統矢殿っ! 統矢っ、どっ、のぉーっ!」


 突然背中に、小さな何かが張り付いてきた。

 ささやかなふくらみの柔らかさが、じんわりと布越しに浸透してくる。

 振り向けばそこには、子犬のように瞳を輝かせる後輩の姿があった。

 きっと、尻尾が生えてれば千切れんばかりに振られていただろう。いつもそうであるように、そばかす顔にひとみを輝かせて渡良瀬沙菊ワタラセサギクが統矢を見上げていた。


「統矢殿っ! どこに行くでありますか? 自分、お供するであります!」

「お、おう……なんだ、お前。ひまなのか? ……暇、なんだな」

「ハイであります! 改型伍号機かいがたごごうきのメンテは午後なので、佐伯サエキ先輩が休むよう言ってくれたであります。それで、統矢殿の警護けいごに駆けつけた次第でっす!」

「はは、お前はいつも元気だなあ」

「それだけが取り柄でありますよ! にはは」


 周囲の視線、とりわけ男子達の眼光が鋭くなった。

 だが、そのことを気にせず統矢は歩く。

 まるで衛星のように周囲を回りながら、じゃれつくように沙菊は喋り続けた。次から次へと、一人で盛り上がって身振り手振りで大忙しだ。

 多分、統矢がそうであるように沙菊も喪失感そうしつかんに襲われているはずだ。

 彼女はPMR関連の雑誌で千雪にあこがれ、千雪をしたって青森校区に転校してきたのだ。

 統矢も、いつも千雪にべったりな彼女をよく覚えている。

 そんな沙菊の笑顔だけが、今も変わらず統矢に向けられていた。


「あっ、統矢殿! 第一自販機だいいちじはんき、発見であります! 給水、給水するであります!」

「しょうがない奴だな」


 こんな自分でも笑えるものかと、ふと小さな驚きに襲われる。

 そんな統矢のぎこちない笑みに、沙菊はおひさまのような笑顔を向けて走り出した。

 彼女が向かう先に自動販売機があって、その前で何人かの幼年兵が集まっている。皆、統矢を一瞥いちべきしてささやき合いながら、舌打したうちをこぼして散開していった。

 今更いまさらのことなので気にせず、統矢はズボンのポケットに財布さいふを探す。


「なにが飲みたいんだ、沙菊。……一本300円か、また値上がりしたな。国内はこんなもんか? 青森もか」

「いやー、ここんとこ物価上昇が収まらないでありますよ。皇国元老院こうこくげんろういんの方でもインフレ対策を講じてるんでありますが、地球全土でハイパーインフレでして」

「そっか。まあ、そうだよな。……なんか、悪ぃ。すまん、沙菊」

「いやいや! いやいやいやいや! 統矢殿のせいじゃないッスよ!」


 グッと背伸びして、小さな小さな沙菊が顔を近付けてくる。

 鼻と鼻とが触れるような距離で、彼女は真っ直ぐ統矢を見詰めてきた。


「未来から来た統矢殿は、千雪殿の好きな統矢殿ではないであります。自分が好きな統矢殿は、千雪殿を好きだった統矢殿でありますから! でも、自分はれんふぁ殿も大好きでありますし、いつかは北海道の美少女エースことりんな殿の話も聞かせて欲しいであります!」

「あ、ああ……サンキュな、沙菊」

「どういたしましたでありますよ、統矢殿っ!」


 その時だった。不意に目の前の自販機にランプがともる。

 真夏の日差しの中で、冷たい飲み物のいくつかは売り切れだが……突然、誰かが千円札を入れたようだ。そして振り返れば、すらりと細身の少女が統矢を見詰めていた。

 皇国陸軍の軍服を着て、階級章は二尉のものを身に着けている。

 この暑い中でも着崩すことなく、すずしい美貌びぼうが統矢に目を細めていた。


おごらせてもらうわ、摺木統矢三尉。……いい目をしてるのね。暗い炎が冷たく燃える、そんな危ない輝きだわ」

「……えっと、二尉殿は。どこかで、いや、でも」

「あーっ! とっ、とと、統矢殿っ! この人は!」


 突然沙菊がその場で飛び上がった。

 彼女はおどろきのあまり、あうあうと前後不覚になりつつ両手をばたつかせる。


「統矢殿っ、この人は雨瀬雅姫ウノセマサキ二尉……去年の優勝校、山形校区の元エース! 山形校区の戦技教導部は過去最多の七度優勝を誇り、誰もがと恐れてるであります。そして、この方こそ! この方こそっ! その中でも【雷冥ミカヅチ】と恐れられた伝説のパイロット!」

「お、おう。その、なんだ……凄いんだな、あんた」


 沙菊が大声でまくし立てるので、周囲の視線が騒がしくなる。

 それは、統矢に向けられる鋭い冷たさではない。

 憧憬どうけいの念を込めた尊敬の眼差しが雅姫に注がれていた。

 彼女は周囲を気にした様子もなく、自販機のボタンを押す。

 ガタン! と音が鳴って、吐き出された飲み物を手にして雅姫は微笑ほほえんだ。


うわさはかねがね……彼女のことは残念だったわ、統矢三尉」

「ッ! ……ああ。千雪は死んだ、もういない」

「彼女は一年生だった去年、唯一この私を敗北寸前へ追い込んだだったわ。後にも先にも、フラッグ機である私の前に立ったのは、彼女が初めてよ」

「それが去年の準決勝か」

「ええ。私の最後の夏。そして、五百雀千雪准尉に……いえ、にとっても最後になったわね」


 千雪は今、二階級特進して二尉だ。

 統矢より上である。

 だが、彼女が命令してくれることはもうない。

 あの不器用な仏頂面ぶっちょうづらのことだ、真顔で平然と「上官からの命令ですから」とアレコレ言ってきたはずだ。手をつないでくださいとか、寄り道したいですとか、日曜日が暇なんですとか……そういうことは全て、決して訪れない可能性になってしまった。

 そして、そのことが統矢の中で苛烈かれつな闘志を燃え上がらせる。


「じゃあ、悪いが今年は俺があんたの後輩をブッ潰す。立ちふさがる者は全て、容赦ようしゃなくブッ叩く。観覧席から指をくわえて見てるんだな、二尉殿」

「……ふふ。面白い子ね、君は。今年は青森校区のフラッグ機も戻ったみたいだし、善戦を期待してるわ。去年みたいなことにならないようにね、三尉殿?」

「去年みたいに? おい、沙菊。うちのフラッグ機は辰馬タツマ先輩の改型壱号機かいがたいちごうきだ。……去年は違うのか? なにがあった、お前詳しいだろ」


 統矢は初めて知った。

 沙菊は意外な言葉を思い出したように呟く。


「去年の辰馬先輩は、準々決勝での無理がたたって改型壱号機が中破したであります。それで……あの黒い機体を。急遽きゅうきょ用意したんでありますが」

改型かいがた零号機ゼロごうき? なんだそりゃ、予備機よびきか?」

「自分も詳しくは知らないであります。青森校区の格納庫に現在は封印されてて、機体登録も抹消されてるでありますよ」


 そして、沙菊は語った。

 昨年、一年生ながら千雪は改型参号機かいがたさんごうき単騎で前線を突破、ペイルライダーズの四機を振り切った。そして、フラッグ機を駆る雅姫との一騎打ちは伝説となる。だが……後方で兄辰馬の改型零号機が突如行動不能になり、勝負に勝って試合に負けたのだ。


「今年は期待してるわ、統矢三尉。彼女の分まで頑張って頂戴ちょうだい。……勝ち逃げされたのよ、私。あの時、青森校区のフラッグ機が止まってなければ、彼女は私を――」

「戦場にもしもの可能性なんてない。あるのは結果、そしてそれを受け止められるかどうかだけだ」

「……そうね」


 雅姫は統矢に冷たい飲み物を手渡し、颯爽さっそうと去ってゆく。

 統矢は巨峰きょほうわさびカフェを握ったまま、その背中を見送るしかできなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る