陽炎になく蝉

作者 星野 驟雨

陽炎になく蝉」への応援コメント

このエピソードを読む

  • おひさしぶりです、羊乃和月です。

    「ダイヤモンドの輝きにサヨナラを」から、時間が経ってしまい、
    申し訳ありません。

    この作品は、夏にある独特の切なさをとても上手に表している物語でした。
    長くは語らないけれど、主人公と母親の思い出がひしひしと伝わってきて、
    切なさで胸がいっぱいです。
    主人公の一人称が「私」なのも、大人になった様子を見事に再現されていました。

    素敵な作品をありがとうございます。