ご落胤王子は異世界を楽しむと決めた!

作者 るう

5,010

1,940人が評価しました

★で称える

レビューを書く

Good!

悪役を登場させるのはいいのですが、
その悪役への仕置きがぬるいです。

散々、ヘイトを集中させておいて、
事情があるからとか、そういう育てられ方だからとか、
そんな許すばかりの解決じゃ何のカタルシスも起きません。

別に主人公の手を汚せとはいいませんから、
せめて第三者でも偶然でもいいのでざまぁさせてください。
そう、ざまぁが足りないのです。

Good!

主人公は前世(現代?)で会社員にまで成った年齢から剣と魔法のファンタジー世界へ転生、転生先では常に暗殺の危機に見舞われる貴族の子供。

なんだけど、
主人公は暗殺に対する危機感が常にどっかへお出掛け中。五歳の子供が魔物の居る森に一人で侵入、岩の後ろからギチギチと変な音がするけど近づく、等々…。前世の価値観とか常識は何処へ行ったのか。

さらに、始めは身体強化に適正のある無属性の魔法使いで魔力が多く、その魔力を身体強化に注ぎ込んで物理無双を目指してた、と思ったら固有魔法で間接的に属性魔法使えるように成った途端、ぼくはブジュツにむいてませんスタイル。 家が魔物の襲撃にあい、騎士達(プロの戦闘職)が戦うのを見たことがあるし、留学先の学校の武術系クラスで年上の大剣使いを見て、この人新入生より強いと感じ取れるのに、その人との模擬戦でナイフで大剣を受け止め回避し、突き付け僕の勝ちですね。からの、ぼくはゴシンジュツだけで弱いんです発言

周りの大人も、

危ない森へ一人で行った罰で外出禁止にしたのに、父の書斎で魔法書読んで練金練金好き放題の主人公を見てもあいつには罰にならなかったなあー。
父()
主人公が船旅中に暗殺未遂、犯人は大海原へ逃走。今までも証拠とか重要な犯人を確保できてない。でも犯人と目されるひとを永蟄居させる。

と言うようなちょっと微妙な判断が多く、特に主人公の思考にヤキモキさせられる。

Good!


そんな感想をもちました。

最初から現在の最新話までを読んだ印象としては作者が脳内で想像した物語を書き出すときに

【動機や理由や説明等を略したり省いてる】

ような感じがします。

視点が急展開だったり誰が喋ってるのか分からなかったり何ヵ月も時を飛ばした割には時短内容が薄かったりと。
※全てではなくあくまで一部

例えば作者が読めば略されてても脳内補完して理解してるので問題ない。
が、何も知らない身で読んでみたら
『いきなり?なんで?どうして?』
と、疑問がよく出てくる。

で、理由を考えたら上記の理由が近いんじゃないかなと思います。

総合すると
結果論を並べ立てたような印象でした。

結果だけじゃなくて過程も大事!

そこを埋めることが出来れば良作になる。

★★★ Excellent!!!

主人公は二回目の生を異世界に受け、ご落胤に生まれる。歳の割に冷静沈着で大人びており、物語を牽引する。
主人公の性格にも影響されて、落ち着いた雰囲気の世界観とテンポ。しかし、主人公に相反し、あわただしいキャラクター達も多く盛り上がる。
魔法と剣術などが登場するが、特に魔方陣の解説は秀逸で、筆者の造詣の深さがわかる。
僕は、ドラ○エⅦ(オシジナル版)で、人生が変わりました。堀○節最高です。この作品も、人生を変える作品になってくれると思います。

Good!

ダリルが主人公の「家族」を殴りつける。多分フルインパクトで。何故か主人公は「次は無い」の言葉で済ませる。血まみれで。それからも延々嫌がらせを受けつつ何故か余裕で受け流す。そして自分のパーティーに自ら迎え入れる。ここまで読者には何のフォローもない。ダリルと主人公の出会いから仲間になるまで一貫してダリルは悪印象というより悪人そのものでここまで来ている。これからのプロットでよっぽどの切り返しでもない限り著者と読者の認識のねじれは解消されないだろう

★★★ Excellent!!!

面白かった~!
主人公リュシアンが死にかけたり冒険して無双したり色々楽しめる作品です!
好きです。
ほのぼの系リュシアンのキャラが特に大好きですね!
仲間も皆いいキャラしてます。
まだまだ謎もあり続きが気になる!
ってなわけで、どんな出会いと冒険が待っているのかワクワクしながら更新を待とうと思います。
未読の方は是非ご一読を♪

Good!

ネットでよく見るタイプのテンプレ転生もの。
これといって特別個性が光る部分はないけれど、書き手が違えば物語は変わるもの。十分面白くなる素材はあると思います。

ただ、残念なことに一人称と三人称が入り混じり過ぎて文章は酷いことになってます。一話とか区間によって変わっているならまだいいですけれど(あまりいい印象は受けませんが)、一文の中で混ざっているので、正直文章としてはできはよくありません。
あとは本当に思いつきで行き当たりばったりに書いてるんだろうな思いました。
世界観の説明は薄く、急に今まで説明のなかったスキルだの、レベルだのが出てきて混乱します。
真面目に小説の基本を身につけてから改稿した方がいいだろうなと思う状態です。

一話が短く、気軽に読める感じはいいですが、全く同じ展開、ストーリーでも、もっと面白くできるだろうにともったいなく思いました。

★★★ Excellent!!!

主人公は異世界で貴族として暮らしているのですが、何者かに暗殺されかけるなど、かなり危ない人生を歩んでいます。
それでいて彼は日本人だったときの記憶も持っているという、かなり珍しい設定です。
奇をてらっただけでなく、様々なランクの魔獣と戦ったり、魔術を習ったりという異世界物語の王道展開もあります。
色んな魅力を感じることが出来ると思います。

また、このクオリティでかなり長編なのは、なんといいますか………。
スゴイの一言です。

★★★ Excellent!!!

暗殺の危機に見舞われた末に思い出した前世の記憶。そこから主人公は生まれ変わったかのように人生を謳歌し始める。
異世界を楽しみたい。それは転生者ならば誰もが一度は抱く夢であり願望でもありますが、この世界は彼に優しくなかった。暗殺の魔の手、異次元から現れる謎の魔獣……そして複雑に絡まり合った家庭環境。
異世界を楽しみたい。しかし、様々な問題が次々と発生して常に前途多難状態。果たして落胤王子は、これらのしがらみを解決して異世界をエンジョイする事が出来るのか!?
王子でありながらも気軽に異世界を楽しみたい、程良いバトルと和やかな作風が好きな人に御勧めの一作でございます!

★★★ Excellent!!!

異世界転生モノを多く見かける中で、強い個性を出しすぎてアクが強くなったり、逆にオリジナリティーを感じない典型的でつまらない感じになったりと読者の心をしっかり掴めていないストーリーが増えています。

かく言う僕もファンタジーの長編を書こうとして絶賛迷走中だったりするのですが、だからこそ王道のようでいて読者の心を引きつけるような個性を持つこの作品を勧めたいです。

何より作品そのものへの評価では無いことを承知で言いますが……更新スピードがとても速い。どんどん作品が出来上がっていく様をほとんど毎日読むことが出来るのは中々に楽しいです。

是非とも主人公の成長と物語の位置つく先を見届けましょう。