第15話 憑依体質

 以前、霊感が強い人に「佳純ちゃんは憑依ひょうい体質だよ」と言われました。


「オバケとか見えませんよ」

「霊感はゼロだからね。……恐山おそれざんのイタコとかってわかる?」


「はい」

 一般に知られている程度の知識ですが、怖い話は好きなので、そういう情報は持っています。


 青森の恐山は、イタコと呼ばれる人たちがいるそうです。

 毎年7月のお祭りの時だけだそうですが、口寄くちよせをしてくれるそうです。


 口寄せとは、神仙や死霊の言葉を伝えてくれるそうです。

 亡くなった人の言葉を、生きている人が聞く方法のひとつです。


 似たような風習は日本各地にあるそうです。


「あれって、霊を下ろす人と、霊の器になる人がいるんだよ。佳純ちゃんは器の方。霊感なくてもできるよ」


 イタコのような人たちは、自分に霊を下ろす時もあるそうですが、第三者を霊媒れいばいにして、それに霊を乗り移らせることもあるそうです。


 その霊媒になれるとか……。


 でも、イタコもほとんどが嘘だそうです。

 よく当たると言われる人がたまにできる程度だと、本で読んだことがあります。


 私にその真偽は、わかりません。



**



 自分が霊媒体質だと聞いたのは、数年前です。

 それまでは、自分にあるのは霊感だと思っていました。


 そういうモノの気配を感じて、避けることもできていると勝手に思っています。

 ……避けられていないから珍妙な体験があるのかもしれませんが。


 ただ、本当にヤバい状況になると、自分では気づけないようです。

 職場にいる霊感が強いという方に「お前、なにけてる……」と怒られたことがあります。


 その方に初めてお会いして、「こんにちは~」と言った時です。

 返事ではなく、しかめ面でそう言われました。


 私にはそういう自覚もなく、普段通りに過ごしているし、自分以外のモノに操られているようにも思えませんでした。


「顔色が悪い」と言われました。

 自分ではわかりません。


「守らないと、命を持って行かれるぞ」

と言われました。


 知人からもらった物を神社等に収めてきて、霊験れいげんあらたかなお守りをいただきました。


 しばらくすると、

「おっ、顔色、良くなってきたな」

と言われました。


 そう言われたからなのか、自分でも気分が軽くなったような気がしました。

 でも、何が起きているのかは、わかりません。


 元気いっぱいだったその方が、どんどん疲れたようになっていたのは、わかりました。


 申し訳ありません……。


 その方は何も言ってくれなかったので違うのかもしれませんが、そう思っています。そして、感謝しています。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます