第3話 見えた

 霊感がないので視えません。

 でも、寝ぼけていると、たまに何かが見えます。


 これも、小さい頃の話で、何が起きていたのかはっきりとわかりません。

 夜中に父と母が何かを追い出そうとしていました。


 その騒ぎで、私は目を覚ましました。

 布団から起き上がって、真っ直ぐ見えるところに両親の後ろ姿が見えました。


 母がホウキを持っています。右側にある何かを追い出そうとしているようでした。

 父も右側を見て、何かを追い出そうとしています。


 でも、二人とも、見当違いの方を見ていました。

 私にはその左側に、般若の面をかぶった人が見えました。


 着物に般若の面です。

 浮いています。


 何だろうと思っていると、般若の面をかぶった人は左の方に去っていきました。


 私は眠さに勝てず、寝てしまいました。

 そのことについて両親に聞いても、話しが通じませんでした。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます