人頭蜘蛛のカササカさん

作者 甲乙 丙

22

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

好奇心旺盛な中学生、クルミはおじさんの顔を持つ蜘蛛を発見した。
餌を与えてみると……しゃべった!?

第五話まで読んでのレビューです。
とにかく、その蜘蛛なおじさんの正体が気になってしかたありません。
怖いようで、気持ち悪いようで、ワクワクするようで、すごく好奇心がくすぐられます。
続きが楽しみです。

★★★ Excellent!!!

面白くて、気持ち悪くて、クスッとします!

タイトルにつられて、読み始めたこの作品。
「人頭」と「蜘蛛」が合わさった、奇妙な生き物の正体はなんだと、ドキドキしながら、一話を押す。

読み進めていくと、可愛らしい中学生の女の子の視点で描かれているとわかる。
それも、ちょっと不思議ちゃん属性の子。
トカゲさんに話しかけたり、アリさんに微笑んだり……。(私も心の中でたまにしてしまうのは、秘密w)

そんな、クルミちゃんは今日も、新しい「可愛い」生き物を探していた。
うん。見つけたんだよ。見つけたんだけど、うん……。
ちょっとね、ヤバイっす。

是非、面白いから読んで欲しい!

このレビューを読んだあなたに、クルミちゃんが発見した生き物(!?)の正体を知って欲しい。
そして、生き物(彼?)との奇妙な関係を、楽しんで欲しい。

また、レスリング好きの方々、主人公ちゃんも好きだから、趣味が合うかもね!

続きを楽しみにしています!