震える体に、珈琲の暖かさを

作者 御手紙 葉

33

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

 寒い時。特に心が寒い時、温かい食べ物や飲み物を食べたり飲んだりして、ほっ、と息をもらしたことのある人は多いはずだ。この作品はその瞬間を見事に切り取っている。それはきっと、物の温かさではなく、人間の温かさを感じる時なのだ。そう、この物語は告げているように感じた。今は暑い時期だが、序盤で寒さの表現が絶妙にあるので、暑い日でもこの作品を読んで、ほっ、とすることができると思う。
 是非、御一読を。