テーマ:時計 「とある時計職人の日課」

 最初は、ただ鐘に祈りを捧げるだけだった。

 そこに信仰心などなく、父の慣習をただなぞっていただけだ。

 現実主義者だった父が

『正確な時計を作るために欠かせない日課なのだ』

 と真顔で述べていたのが不思議だったが、何のことはない。

 父は、単に知っていただけなのだ。


「もうちょっと寝かせてくれよー。多少夜明けが遅れたって問題ないだろー」

「仮にも時間の神様が、そんないい加減なこと言わんでくださいよ」

「神様だって眠い時は眠いんだよー!」

「アンタがちゃんと起きないと時計が狂うんだよ! 俺の仕事を台無しにするのはやめろ!」


 時間の神を叩き起こし、街を眠りから覚ます。

 これこそ、時計職人に代々伝わる、極めて重要な使命なのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

掌編集:300字SSポストカードラリー 小田島静流 @seeds_starlite

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ