テーマ:手紙 「親愛なるお兄様へ」 ~でんたま~

 お元気そうで何よりだわ。こんな辺鄙な町にも、お兄様の噂はあれこれ届いてるのよ。

 先日はお仕事で隣町までいらしていたそうじゃない。少し足を延ばして、実家に顔を出してくれてもいいのに。お父様は何もおっしゃらなかったけど、寂しそうだったわよ。

 お勤めが忙しいのは重々承知しているけれど、たまに親孝行をするくらい、神様も文句は仰らないんじゃなくて?

 ……話がそれてしまったわ。本題に戻るわね。

 つい先日送った釣書にはきっと目を通していないと思うのだけど、今回ばかりは私も実力行使に出させてもらいます。

 五の月八日の午後にそちらへ顔を出すから、首を洗って待っていらして。



追伸

 お兄様の予定は把握済みなので、逃げても無駄よ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます