第7話 勝利の美酒は、高らかに

 ハッキリしない、物言いに、幕ノ内常務は、これ以上、出来ようのないシワを寄せ、目くじらを立て、苛立ちをあらわにする。

 

「君……何を言っているか、解らんよ。言いたい事があるなら、ハッキリと言いたまえ!」

 

 前沢課長は、常務を見据えて、言い放つ――――。

 

「ビル・ゲイツは言った……毎日毎日、”勝ちたい”という気持ちで出社しなければならない……」

 

 課長は片膝を上げ、鉄球のように重く感じる、もたげた頭を上げ、巨人のごとく立ち上がる。

 

「俺は、アンタに勝ちたい!」

 

 前沢課長は、渾身の力を指先に込め、地に落ちた、1枚の名刺を広い上げ、その名刺を投げる――――。

 

「町田科学工業、社長名刺を配置! 町田科学は、前年度の売り上げが、500,000円だ!」

 

 緑色の閃光は、これまでと違い、とても弱々しい、細い光柱を放つ。

 名刺から、深緑の作業服を着た、バーコード頭の中年が現れる。

 作業服は、所々、汚れが染みつき、顔にかけた老眼鏡は、小さなヒビが入り、低姿勢の姿は、何とも頼りない。

 貧弱な手札を見た、幕ノ内常務は、鼻で笑い飛ばす。


「前年度の売り上げが、500,000円だと? 馬鹿め! 負けが立て込んで、気でも狂ったか? 潰れかけてる下町の工場が勝てるわけないだろ?」


「それは、どうかな……」

 

 前沢課長は、己の敵を見据えながら、自信満々に解説をする。

 

「開発中の新技術を完成させるため、社長の粘り強さで、銀行から融資受ける。そして、技術の開発に成功。特許を習得」 

 

「何?」

 

 幕ノ内常務の眉が引きつる。

 

 前沢課長は、畳み掛けるように続ける。

 

「これにより、新技術を企業に売り込み、収益を得る」

 

「な、私が配置した四田銀行が、融資を出した!?」

 

 相手のサポート名刺、四田銀行が、町田科学の技術に、将来性を見出し、融資を出す。

 幕ノ内常務の受難は続く。


「クソぉ! ホンバまで新技術を購入した!?」


「大手自動車メーカー、ホンバの新技術購入により、町田科学は金銭的に余裕が出る。そこから同じ業種の企業が特許料を払い、新技術を応用した商品を発売。

技術は世界に広がり海外の企業も購入。

特許料と印税だけで、年間10,000,000円の売るあげを叩きだす。

町田科学工業は、日本のトップシェアに躍り出る。

そして、世界に、幾つもの子会社を持ち、世界が誇る大企業へ」


「年間の売り上げが、前年度の売り上げを超えた!? な、なんだ? 何なんだぁ~!? その新技術は?」

 

「――――セルロース・ナノファイバー――――。

樹木から生成した、繊維を、何万と織り込むことで、鉄の5倍の強度を持ち。

紙のような、軽さを誇る、新素材!」


「そうか……だから、ホンバが、自動車のボディに応用する為、新技術を購入したのか……」


「しかも、その用途は、合成の仕方を変えると、スマートフォンやタブレットのボディに使え、薄く伸ばせば、驚異の硬さを実現した、紙に変わる。

更に、ゲル状に溶かせば、新しい化粧水にまで用途が広がり、可能性は無限大!

新技術の収益により、町田科学工業の、前年度の売り上げは、10,000,000円に達する。

社名を、マチダ・ナノテックスに改名。

世界にグループ会社を作り、社長は職を離れ、経営から退く。

そしてグループの会長として会社を発展させて行く。

潰れかけの町工場は、不死鳥のごとく蘇り、巨人のように立ち上がり、見事、再生を果たした!」

 

 ――――――――ハイパー・MUTEKI・大出世――――――――


 町田科学工業→マチダ・ナノテックス 


 社長→会長


 前年度 売り上げ 500,000円→10,000,000円

 


 前沢課長は、ほうれい線をつり上げて、静かに口を開く。


「さぁ……土下座の準備は出来たか?」


「や、やめろぉぉぉおおお~」

 

 幕ノ内常務の魂の叫びを無視して、課長はマチダ・ナノテックス、会長名刺に、指示を出す。

 

「行くぜ! シィット・ブラック・スーパーバイザー・オン・ザ・ダブル・リターン・アタァァアアァク!!(クソ上司に、倍返し)」

 

 攻撃:課長→常務


 役職:会長>相談役

 

 マチダ・ナノテックス ― ホンバ = ストレスダメージ

 

    10,000,000 ― 9,400,000円  = 600,000円

 

 常務ライフポイント - ストレスダメージ = 常務、残りライフポイント

   6,100,000    -   600,000   =    100,000

 

 異世界数字の猛攻に、幕ノ内常務が悶絶する。

 

 「ぐわぁぁぁぁあああああ!!?」

 

 幕ノ内常務は、手に持った名刺を投げ放し、よろめきながら片膝を地に着け、一張羅の、グレースーツを汚す。

 桜吹雪のように、彼の名刺が舞った。

 

 憔悴した前沢課長は、そんな彼を見て。これ以上、立ち上がらないでほしいと願った。

 

 しかし―――――その願いは、無残にも打ち砕かれる。


 常務は不適な笑いを浮かべて立ち上がる。


「ふふふ、まだだ! まだ終わらんよ! 私のターン!」


 幕ノ内常務は、地に落ちた名刺を、2枚握りしめ、1枚を投げ放つ――――。

 

「巨大ショッピングモール。ジーオンをフィールドに配置! ジーオンは前年度の売り上げが、8,000,000円!」 

 

 まだ生きている、エイト&L、重役名刺の横に並ぶ。

 紅い光柱が、不気味に輝き、精悍な顔つきの、中年幻が現れた。

 

「馬鹿な? リーマンショックカードで、景気は落ち込んでいるのに?」


「だから君は、半人前沢なんだ! ここに、合併カードを配置する」


「合併カード!?」


「合併カードは、景気が落ち込んだ時に発動する、サポートカードだ」

 

 常務はもう1枚の名刺を、天に向かって投げる。

 名刺は頭上で砕け、白銀の雪を思わせ、舞い落ちる。

 

「これにより、エイト&Lホールディングスとジーオンは合併! エイト&ジーオンと改名し、合併により、双方の資産を合わせて15億円に登る。

相乗効果で売り上げが一時、跳ね上がり、国内で指折りの企業になる。

そして、新会長が、新たな会社を統べる!」


「そんな馬鹿な……」

 

  エイト&L     +   ジーオン  =   合併、売り上げ

 

  3,800,000円    +  8,000,000円  =   118,000,000円

 

 1枚の名刺が合体し、太陽よりも眩しい、黄金の輝きが、コロシアム全体を照らす。

 それは、まるで、創世記より、神が光りあれと、発したことのように、神々しかった。

 黄金の光りが消え、代わりに、光輪と共に姿を現した、新会長は、ヘラクレスのように強靱きょうじんで、ゼウスのごとく、全能さを感じさせる男。


 いや、どこにでもいるハゲ老人だが、虎のような眼光を放ち、口に、Vの字で逆立つ鬚を蓄え、袴を着て、杖を含めた3本の足で、仁王立ちにする出で立ちが、彼を大きく見せ、引退間近の、老体だということを忘れさせた。

 並外れた、経営手腕を、持っているというのが、出会った瞬間に解る。


 前沢課長は言葉を失う。

 

 負けた…………俺の名刺は、次の攻撃に耐えられない……完敗だ。

 

 負けを悟り、脳が思考を止め、真っさらとなった。

 

 幕ノ内常務は、狂ったように、身体を震わせて笑い、声を裏返す。


 「うんにゅひょへへへへへ――――私の、私の勝ちだぁぁぁああああ!」

 

 上司の、不気味な笑いで、気分が悪くなる。


 だが、呆然と立ち尽くす、前沢課長にある疑問が、山から登る、日の出のごとく浮上する。

 

 「――――待って下さい」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます