第4話 ここは、地獄の異世界一丁目

 2ターン――――2ターンも相手に許してしまうとは……。 


 肉食動物に噛みつかれ、走れない足を、必死で引きずり、逃げようとする鹿を、狼がゆっくりと前足を、ジワシワ伸ばしながら追うようなものだ。

 しかも、その狼は、追いつくた度に足を止め、鹿が逃げる時間まで与えるという、遊びまで出来る。


 俺は間違いなく、足を引きずる鹿だ。

 そして、鹿をもてあそぶ狼は、目の前の上司――――。


 幕ノ内常務の顔が、自然と、卑しい表情を形作る。


「すまないねぇ。2ターンも譲ってもらうとは…………では、遠慮なく行かせてもらうよ」


 ターン、幕ノ内常務。


 常務は、手元に持つ、4枚の名刺から、1枚を指でつまみ取ると、春風に流すかのように放る。

 

 大手通販サイト、ユニゾンの専務名刺に、並ぶように、力場で浮く。

 

 紅い光柱から、現れたのは、白衣を着た、研究者を思わせる、小柄な老人。

 髪は綺麗に抜け、顔はブルドッグのように、シワというシワが、重力に逆らえず、垂れ下がっている。

 

 そんな幻に、前沢課長が、怪訝な顔で警戒していると、幕ノ内常務は丁寧な説明を添える。

 

「我が社が主催する。ゴルフコンペで、親しくなった。ブルーアイズ・ホワイト製薬の主任研究員だ。前年度の売り上げは、2,000,000円だ」

 

 前沢課長は、常務が自慢気に話す、説明を聞きながら、フィールドに配置された、2枚の名刺の組み合わせに独自の考えを巡らせる。

 

「商事会社と製薬会社が、ゴルフコンペで、どうやって知り合うんだ? しかも、通販サイトと製薬会社? 関連性のない組み合わせだ」

 

 常務は続ける。

 

「更に、サポートカード。四田よつだ銀行カードを配置。銀行カードは、企業の新規事業や提携事業に融資して、事業を成功させるカードだ」

 

 3枚並んだ名刺を見て課長は息を呑む。

 

「通販サイト、製薬会社、銀行……まさか?」

 

「その、まさかだよ、君。ネットショッピングで、ジェネリック医薬品の販売が開始。

そして、その通販サイトと提供を果たしたのが、ブルーアイズ・ホワイト製薬だ。

ネットでの医薬品販売に融資を買って出たのが四田銀行だ。

そして、通販によるジェネリック医薬品の売り上げは急速に伸び、これにより提携を結んだ企業は一気に株価が上昇」

 

 提携攻撃:常務→課長


 ユニゾン   + ホワイト製薬会 = ストレスダメージ

 2,800,000円 +  2,000,000円 = 4,800,000

 

 幕ノ内常務は、古代の皇帝が国民へ、戦いへの、勝利宣言をするかのごとく、高らかに叫ぶ。

   

「ダイレクト、コンビネーション、ストレスダメージ!!」

 

 課長のライフポイント - ストレスダメージ =課長、残りライフポイント 

     9,700,000  -   4,800,000    =   4,900,000

   

「ぐわぁぁぁぁあああああ!?」


 課長は、思わず名刺ケースを投げ、膝は震えて、力なく地に落ちる。

 投げたケースから、名刺が滑り出て、桜吹雪のように舞い、地に落ちる。

 

 い、胃がよじれるぅぅぅ……。明後日の商談に自信が持てなくなってしまうぅぅぅ……。

 し、しっかりしろ! まだ、勝負は終わってない!

 

 課長は震える手で、地面に散らばった名刺を無造作に拾う。

 5枚の名刺を、扇のように持つと、片膝を付き、再び立ち上がる。

 

 前沢課長は、うつろな目で彼方より、こちらを見下し、この身に苦痛を植え付ける、冷血な上司を見つめ。恨みつらみを巡らすと同時に、尊敬すら覚えた。

 

 さすがだ…………何ら関係ない、製薬会社の人間すらも、ブレーンにするとは。さすが、常務に登り詰めるだけはある。

 どんな人間も、人脈として取りこむ営業能力と、顔の広さ。得た人脈を、最大限活用する、卓越した経営手腕。

 俺もあやかりたい……。

 

 だが、俺はアンタじゃない! アンタのように、部下を踏み台にする、鬼畜上司にはなりたくない!

 

 ターン、前沢課長。

 

「俺のターンだ! 大手パソコンメーカー、ネムEC。海外事業部、部長名刺! ネムECは前年度の売り上げが3,800,000円」

 

 召喚された、ネムEC。海外事業部、部長は、海外ブランドのスーツを着込み、見事な七三分けの髪を見せつける男だ。海外出張が多いせいか、肌は麦色に焼けている。

 

 課長と主任研究員は、通過儀礼を果たし、名刺を交換する。そして、二つの幻は、交換した合った名刺を眺めている。

 そして――――。


 ブルーアイズ・ホワイト製薬、主任研究員の幻は、盛大に爆発する。

 

 攻撃:課長→常務


 役職:部長>主任研究員

 

 ネムEC - ホワイト製薬 = ストレスダメージ


 3,800,000円 - 2,000,000 = 1,800,000

 

 

   常務  - ストレスダメージ = 残りライフポイント

 

 10,000,000 -  1,800,000    =    8,100,000

 

 遠くで、異世界数字の竜巻に、串刺しにされた幕ノ内常務が、よろめく姿が見えた。

 

 苦痛から解放された、幕ノ内常務がこちらを、ゆっくり睨みつける。

 

 その眼光は、修羅からはいでた者の、この世の苦行が、なんたるかという、真理を知った目だ。

 

 前沢課長は息を呑み、次なる苦行に耐える為、身構える。

 

 ターン、幕ノ内常務

 

 幕ノ内常務は、あらゆる顔面のシワが寄り集め、ほくそ笑む。

 それは、まるでトランプに描かれた、カードのジョーカーのごとく、不適な笑いだった。

 

「部下とは言え、決闘の場で手を抜くのは失礼だからね。ここからは本気で行かせてもらうよ……大手コンビニチェーン。エイト&Lホールディングス。重役名刺を配置」

 

 投げた名刺が紅く光り、重役の幻が召喚される。

 

 重役の腹は、風船のように膨らみ、スーツのボタンがはち切れそうになる。

 髪は白髪で統一され、月明かりに照らされると、銀色に輝いた。

 

「このまま部下にやられっぱなしでは、上司の威厳に関わる。行くぞ! ネムEC、部長名刺に攻撃!」

 

 攻撃:常務→課長


 役職:重役>部長

 

 エイト&L - ネムEC = ストレスダメージ

 

 6,000,000円 - 3,800,000円 = 2,200,000

 

  課長のライフポイント - ストレスダメージ = 課長、残りライフポイント 

     4,900,000   -   2,200,000   =  2,700,000  

 

「ふんっ、にゅぅぁぁあああああああ!!!」

 

 前沢課長は苦痛に耐えようと、もがくが、強烈なストレスダメージにより、もがき苦しみ、身体をよじる。

 

 正気を取り戻した、課長の攻撃が始まる。

 

 ターン、前沢課長


「負けるかぁ。俺のターン! 三つ子物産。専務カードを召喚! 三つ子物産は、前年度の売り上げが、4,800,000円」


「三つ子物産か……私が君に紹介した、ブレーンではないか? ついに、恥も外聞も、己のプライドすら捨てて、勝ちを取りに来たか。全く、情けな……」


 常務が、垂れるこうべを言い終わる前に、前沢課長は次の手札を切る。


「そして、次の行動は攻撃ではなく、サポートを使う――――コネカードを使う!」 


 その言葉を聞いた常務は、眉を潜め、悪態を付く。


「コネカードだとぉ?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます