第2話 アフターファイブは異世界で、

 ――――歓声が聞こえる。 


 コロシアム全体に轟く歓声は、ストレスという日々の苦行を体現した、魂の叫びともとれ、その響きは、会場内の空気を震わせ、コロシアム全体を異様な熱気に包む。


 コロシアムは、民衆の娯楽として栄えたイベントだが、暴動を抑制する意味合いも合った。

 観客は命を賭けた決闘に夢中になり、血で血を流す戦いに興奮し、人間が本来、備えている暴力的、衝動を発散していた。


 円陣に取り囲む観客席は、古代のローマ人を思わせる、白いローブや茶色のフードを着た来場者が、隙間無く埋めていた。

 皆、荒っぽい歓声を上げ、場内は沸騰する湯のように沸いていた。


 コロシアムの中央は、石版で埋め尽くされた決戦場が用意され、半径はおよそ50メートル。


 その中心には二人のデュエリストが、10メートルの幅を開けて、睨み合っていた。


 観客席から見ると、石畳の中心に、2匹の蟻が、立ち上がり向かいあっているように見える。


 デュエリスト達は、この場所の風土に、似つかわしくない服装をしている。

 

 一人は、顔面のシワをぬぐうことが、年齢的に出来ない、四十過ぎた男。

 黒髪と白髪が絡み、斑模様に見せ、目元は寝不足か、もしくは働きしぎなのか、濃いクマがあり、疲れた顔をかたどっている。

 黒いスーツはくたびれて、背中も袖もシワでよれ、かなり長いこと着込んでいるようだ。

 

 武蔵商事 営業三課 前沢課長。


「遂にこの日が来た……俺はこの日の為に、必死に得意先を回り、顧客に頭を下げて来たんだ」

  

 前沢課長は、鬼気迫る気迫を漂わせて、目の前の一点を見つめる。

 見つめる先に、もう一人の男がいる。

 

 六十を過ぎた、狸のような男。

 髪は抜け落ち、誰が見ても解る、てっぺんハゲだ。月明かりに照らされ、テラテラと氷面のように輝いていた。

 顔に深く刻まれたシワと、頰や額のシミも目立つ。

 でっぷりと、脂肪を蓄えた腹は、会社組織で登り詰めた人間の、貫禄と自信がみなぎっている。

 まん丸の目は、ギラギラと光り、とても、リタイア間近の、老体には見えない。

 ダークグレーのスーツは、この日の為に新調したのだろうか。照らされた布地は、光沢を放ち、水面に映し出された月光のように輝いていた。

 

 武蔵商事 幕ノ内常務。

 

 常務は、冷めた目を、自身の部下に向けながら言う。

「私に一泡吹かせようなど、無能な部下が考えることだ」

 

 前沢課長は、スーツの内ポケットから、アルミ製の名刺ケースを取り出すと、上着を豪快に脱ぎ、天高く放る――――――――。

 

 ――――――――異世界、トラバーユ――――――――。

 

 労働を意味する、その言葉は、苦痛や拷問が語源とされている。

 

 ここでは、現実世界の苦行を断ち切る為、会社員達は、足を踏み入れる。

  

 トラバーユのコロシアムでは、月に1度、決闘が行われていた。

 

 現実世界で働く企業戦士は、上司に不満を持ち、刃向かうにも、組織のしがらみや、能力差、パワーバランスなどで、太刀打ち出来ないでいる。

 

 そんな、企業戦士の為に、異世界の住人が用意した、決闘の場なのだ。

 

 そして、闘技場に立つ、前沢課長も、その一人だ。

 彼は日頃から、目の前の、幕ノ内常務の仕打ちに耐えかねていた。

 

 ある日、勢い余って、彼は上司である、幕ノ内常務に、異世界での決闘を申し込んだのだ。

  

 会社組織では、上司に報復など、そう易々と出来る物じゃない。

 自分の上司を打ち負かすには、上司より出世するのが妥当だろう。


 しかし、それは時間もかかる上に、心労への負担は図りしれない。

 当たり前だが、自分が出世するまえに上司が先に出世し、その空いた席を誰かがが埋める形で収まり、出世する。

 出世しても、常に目の上のタンコブのように、嫌味な上司の顔があるのだ。

 

 上司が失脚するか、仕事で並外れた手腕を発揮し、上司をもしのぐ出世をすれば、嫌味な上司より上にはいけるだろう。

 

 そんなことは、そうそう出来ることではない。

 現実世界では、上司に勝つのは至難の技だ。

 

 だが、この異世界では、営業成績だけが、サラリーマンの強さじゃない。

 

 このコロシアムでは、名刺と言うブレーンこそが、最大の強み、最強の武器なのだ。


 前沢課長は、この場に行き着くまでの課程を思い出し、はらわたが煮えくり、声に怒りを交え言う。

 

「挨拶回りや接待の準備は俺で、ヨイショはいつもあんたが持って行く。お膳立てするのはいつも俺だ。アンタは誰のおかげで、今のポストに付けた思っているんだ!」


 常務は口を歪めて、反論する。


「恩着せがましいことを、部下の適正を見極め、正しく利用するのは、上司の実力だ!」


「優に事欠いて、適正の見極めだと? アンタのパワハラで、何人の部下が潰れたことか……今、この場に立つ俺は、消えて行った部下達の恨みを背負っているんだ!」


 前沢課長はネクタイを緩め 外したネクタイを頭に巻き、ねじり鉢巻きを作った。

 常務に、決闘を申し込む際、外して投げつけたネクタイだ。 


「俺はアンタに勝って、踏みにじられたプライドを、取り戻す!」


 幕ノ内常務は鼻で笑うと、彼を罵った。


「のぼせるな! ビジネスは戦場……食うかくわれるかだ!」

 

 負けじと、前沢課長は噛みつく。

 

「この、てっぺんハゲぇ」


「口に気を付けろぉ!!」

 

 二人は構え、声を揃える。

 

「「SERVICE、Za・N・Gyo。STAND BY!」」 

 

 先攻、前沢課長。

 

「俺のターン!」

 

 名刺ケースから5枚の名刺を取り出すと、片手で扇のように持ち、更に1枚取ると、指で弾くように投げた。

 名刺はブーメランのように回転し、地に落ちる。

 すると、名刺は1メートル手前で、見えない力場のようなものに包まれて、宙に浮く。


 そして、名刺が淡い、エメラルドグリーンの閃光を発し、輝く柱となる。

 無数の雷が、地をのたうち回り、光りの柱からシルエットが浮かび上がった―――――。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます