第24話 じんた参入

 村の中心にある神殿跡には、崩れ掛けの鐘楼があった。

 そこに昇った吟遊詩人のカルラが、村を襲っているケモノたちに、音楽を奏ではじめると、村のあちこちから聞こえてきた喧噪が、みるみる鎮まりはじめた。


「効いている?」


 神殿からの鐘の音は、おそろしく音がよく届く。

 円形劇場のような形をした村の地形が、それを可能にしていた。


 おそらくこの村は、ドイツにあるネルトリンゲンという街をモデルにしている。

 隕石が衝突してできたクレーター都市で、演劇や音楽でも歴史があり。


「ゲーム・デザイナーの思惑を、うまく汲み取れたようだな」


 少年盗賊ふるちんが安堵する。

 自由度が高すぎるゲームだけに、イベントの解法など無限にあったはずだが、NPCノンプレイヤーを一人でも多く助けたいと考えると、最適解を求めることになる。


『ふるちん、北東だけ、まだ揉めてるみたい』


 カルラからチャットが飛び込む。

 やはり鐘楼からは、村の詰め所からの合図がよく見えるのだ。


『わかった、応援にいく』


 カルラと相乗りしているうちに、そこそこ騎乗スキルも上昇していた。

 一人でなんとかできそうだ。

 鐙に足をかけ、身の軽さを便りに、ふるちんは馬に飛び乗った。

 鞍にまたがって気付いたが、鐙が長すぎる。カルラに合わせてあるのだ。

 乗ったままベルトを調整しようとして、馬の腹を両足で挟んで踏ん張ったところ、いきなり馬が歩き出す。


「え、ちょ」


 あわてて手綱をたぐり寄せ、後ろに引く。

 馬は停まったが、明らかに不機嫌だ。


「すまん、引きすぎたか?」


『大丈夫?』


 上から様子を見ているカルラから、チャットが飛んでくる。


『鐙の長さが合ってない。あと、発進の合図がわからん』


『両足で、レジーナちゃんのおなかを締め付けるんだよ』


『え、さっきのアレが合図なのか。てっきり、声をかけながらカカトで腹を蹴るとか、そういうのだと』


『お馬さんによって合図は違うけど、警備隊は、みんな声はいらないよ。あとは、ふるちんに合わせてくれるはず。ミリオンちゃんが、いちばん訓練されてる子を貸してくれたはずだから』


「そっか、よろしくな、レジーナ」


 首筋をなでる。

 馬の側も、ふるちんを乗馬の素人と理解したのか、やれやれと首を左右にすると、「どっちに行きたいんだ?」という目で見てくる。


「あー、北東だよ、北東」


 ふるちんが指さすと、馬は「ぶるる」と鼻を鳴らし、歩き始め、だんだんと速力を増す。


『手綱を持つ手は、安定させてね。合図は、最小限で通じるから、引っ張りすぎないで』


『どう、やって、バランス、とるんだ』


 ふるちんの両足は、鐙に届いていない。

 前後にかっくんかっくんしながら、盗賊シーフの敏捷性で、なんとか堪えているのだ。


『んー、なんとなく乗れたから、すごく説明しづらい』


 カルラはログイン直後から吟遊詩人だったが、馬にもすぐ乗れたらしい。


『音楽と乗馬の知識があったから、吟遊詩人に選ばれたのか。それとも、そのクラスになったから、サポート機能が働き、上手く乗れているのか』


『んー、乗馬の知識なんか、なかったけどなー』


 あるいは。


『ログインした瞬間、吟遊詩人にふさわしい知識が与えられたとか?』


『なに、それ怖い』


『鐙が使えないんだったら、それこそ古代の乗馬っぽく、頑張るしかないよね』


 突然、割り込む別プレイヤー。

 遠い伝説の島にいるはずの動物調教師じんたが、会話に混じってきた。

 グループチャットで話しているつもりが、ちょこちょこと、オープンチャットに切り替わっていたようだ。


「なんか、ショートカットが暴発したのかな?」


 オープンといっても、結局、参加しているのは、ふるちんとカルラ、そして、じんたの三人だけだから、とりたてて問題はない。


『古代って、マケドニア騎兵か? アレクサンドロスⅢ世の時代かよ』


『おうよ、馬の腹を、両足で挟んで踏ん張るんだぜー』


 調教師になるだけあって、動物の知識はもともとあるようだ。


『それって発進の合図とかぶっちまわないか?』


 ふるちんは村のレーダーマップを凝視しつつ、騎乗スキルや敏捷性アジリティがどんどん上がっていくのも目の端で確認していた。


「これ、たどり着く頃には、鞍の上に立てるんじゃないか? 雑伎団みたいに」


『会話が断片的で分かりづらいけど、いま、ふるちんさんが乗馬してるんだよね? そのお馬ちゃんのユニークIDってわかる?』


『なんだそりゃ?』


『わたしって、嗅覚で人物を見分けてるじゃん。その仕組みを調べてたら、人にも動物にも、固有のIDがふられてるのに気付いたわけですよ』


『そりゃゲームだから、IDくらいあるだろう』


『それをプレイヤーでも見る方法があるっての。まず全身像ペーパードール、開いてみてさ』


『え、馬にも全身像ペーパードールあるのか。わ、開いた。ステータスとか、NPCノンプレイヤー以上に細かくわかるじゃん』


『調教下にある動物は、仲間扱いだし、とくに動物は、空腹具合や、従順さも見えるはず』


『従順さ?』


『それが一定値を下まわると振り落とされるし、さらに下がると野生にかえる』


『これか、従順度。うえ、下がってるっぽい。なにしたんだ』


『で、ユニークIDが、その近くにあるから、わたしに教えて』


        ◆        ◆        ◆


 馬はいままでで最高の走りを見せている。


 王都の警備隊長ミリオンが貸し与えてくれた「よく訓練された馬」というのは、「命令に忠実」であり、決して「どんな初心者の意志もくみとってくれる、度量の大きい馬」ではなかった。


 それを動かしてるのは、はるか遠い南の島バルバデン=ギリウスにいる闇トカゲダーク・リザードのじんたである。


 固有IDを入力すれば、目の前にいなくとも、パーティーの共有物として、馬を遠隔操作できる。それが、「ドキッ! 魔術師だらけの大図書館」で過ごしたトカゲの最大の発見だった。


『いやはや、開発者によるバグ報告が、古巻物スクロールの形で手に入るってのは、すごいな。遊び心にもほどがある』


 ふるちん感心し、


『エンディング後に、開発室に遊びに行けるゲームとかあったね』


 と、カルラが思い出す。


 視力の無い闇トカゲダーク・リザードじんたは、数々の書物や資料を魔術師たちに音読させてログにとりこむ作業を続けていたが、つい先ほど、彼らが意味を解せないでいた禁忌の巻物のひとつから、ゲームの仕様に関するメモを発掘したというわけだ。


『固有IDのおかげで、離れていてもギルドに招待できた』


『やっぱグループ・チャットで密に話せるのは安心できるね』


『ああ、オープンチャットは、いつ誰が聞いてるかわからないからな』


 よこしまなプレイヤーがこっそり読んで、ふるちんたちの動向を監視し、PKプレイヤーキリングのチャンスを狙っているとも考えられる。


 死だけは避けたい。

 ログアウトできないこのゲームで死んだら、いったい実体はどうなるか想像が付かないのだ。


 とくにダメージ感覚が軽減されていないふるちんは、キャラクターが死ぬときのショックで本当に死にかねない。


『グループチャットもありがたいけど、相手の健康状態までモニタリングできる、いいよな。さすがに治癒魔法はムリっぽいけど』


『距離判定がシビアだからね。アイテムの受け渡しもできないし。でも、ログやマップの共有は便利だね』


「これで、じんたと合流するための魔法陣探しは、さらに進みそうだ」


 手綱さばきに神経を使わずに済んだぶん、ふるちんには考える余裕ができた。


 そのおかげで、北東の門に、最短距離で突っ走りながら、用心棒のドロフネに追いつかなかった理由が、なんとなく分かってきた。

 この村はすり鉢状だから、村の中心を貫くのは、直線的には最短でも、高低差が激しいのだ。

 ドロフネは馬がなかったから、おそらく村の柵に沿って、大きく円周を走ったに違いない。それだけ距離は伸びるが、勾配はゆるやかだ。


「そう考えると、なんてまあ馬を酷使するルートを通っちまったんだ」


 従順度も下がるわけである。

 ふるちんは後悔すると同時に、


「でも、そのおかげで神殿の鐘楼を使おうって案が思いついたんだよな」


 効率とはなんだ?と改めて思う。

 それを求めることは、正しいのか?

 最も効率が良さそうだと選んだルートが、より広い視野で俯瞰したとき、その場しのぎでしかなかった、なんてこともある。


「ならば、求められるのは、戦略の多様性じゃないだろうか」


 いろいろな考え方をした連中が、それぞれベストと信じた行動をとったとしよう。

 結果として、最善手をとった者が生き残る。

 そう、最短ではないが、最善であった手が、そこに残るのだ。


「つまり、必要なのはシミュレーション……か?」


 将棋も囲碁もチェスも、最善手を導き出すために、何千、何万という手を頭の中で試すというではないか。


「しかし、それだって、結局、効率を求めることだろう?」


 ふるちんは、自分が何を悩んでいるのか、わからなくなってきた。


「そもそも、このオンラインゲームだって、壮大なシミュレーションみたいなもんだろう。さまざまな価値観をもったプレイヤーが織りなす、無限の実験のための箱庭だ」


 思考があちこち乱れ飛ぶうちに、名前表示オールネームで複数の名前が表示された。

 ケモノの群れに近づいたのだ。


『種類は……マイコニ・ベーシック・ドッグが九匹!』


 ふるちんが報告する。


『おっけー、調べる』


 じんたが分析を請け負う。

 彼女の手元には、膨大な量の動物やモンスターの資料があるという。


『わかった』


 ものの数秒で、見つけ出した。


『そいつぁ、マイコニッド系のキノコに寄生されたワンコ魔獣だ。触るだけで、胞子がやばい。胞子混じりの屁も吹くから注意しろよ』


『屁だって?』


『ああ、可燃性だ。爆発するぞ』


 言ったとたん、柵のほうから、火柱が上がった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます