第38話 水沫

 山にかかる雲は厚く、風は北西。

 陽が沈み、空が橙から紫に沈む夕闇の刻。

 ファルイシア王国城下街を出て西へ約ニ十キロ。

 ザンクトゼレネ大聖堂。

 小高い丘の上、木々に囲まれたロマネスク様式の石造りの建物。

 教会には宿泊室もあるが、棺屋の話ではそこは倉庫代わりにされ、反国王派の人間は身廊や翼廊で過ごしているという。

 人数は七十人余り。罠の情報はないが決死攻撃はあり得る。


 馬の足を止めた。まだ林の中、大聖堂まで百数十メートル。

「動きは見えないね。ギリギリまで兵の到着を待つ」

 だがそんなセヴェーロの狙いも虚しく、大聖堂からは反国王派と見られる男たちがゾロゾロと出てきた。武装している者と、恐らくは炸薬であろう箱や筒を持っている者が大凡半々。

「仕方ない、行くか」

 セヴェーロは馬の腹を蹴った。ヴィルフリートも続く。ユリウスも追いかけた。

「! 騎士隊だ!」

 誰かが叫んだ。

 それを皮切りに、反国王派たちは一斉にユリウスたちに目を向け、そしてセヴェーロとヴィルフリートは敵の中に突入していった。

 セヴェーロは右手にはいつも通りのショートソードだが、左手にはダガーではなく騎兵用の長いブロードソードを用いている。ヴィルフリートはサーベル。もともとサーベルとは、騎兵用の剣である。

 ここまではセヴェーロの策からそれほど外れていない。反国王派に行動を急がせ、大聖堂から出してしまえば有利が取れる。建物の外であれば罠が張られている可能性は低い。そこを、馬上から切り伏せる。広けた戦場では騎兵は歩兵の数十倍強いと言われる。まして、近衛騎士隊であればなおの事。

 ユリウスは後方から見ているだけだった。むしろ余計な事をすれば邪魔になるとすら思った。馬から降り、二人が討ち漏らした敵を数人叩き伏せ、縛り上げただけであった。


 半刻としないうちにあらかた片付いた。

 不自然な程に、上手くいっている。

(可怪しい……)

 ユリウスは思った。

(聞いた話よりも、敵が少ない……明らかに少なすぎる……)

「ルーペルトがいない」

 セヴェーロが言った。討つべき敵はまだ、大聖堂内にいる。

「セヴィ、行くんですか?」

「行くさ。ケリをつける」

 馬を降りた。

 セヴェーロはブロードソードを置き、代わりにダガーを持つ。ヴィルフリートはサーベルを鞘に戻した。

 ユリウスは、二人の後ろをついていくだけ……ではない。

(それだけじゃ、二人を護れない)

 横に並んだ。

「一緒に行きましょう」

 仲間である。序列はない。


 大聖堂の扉を開き、最初に一歩目を踏み入れたのはユリウスだった。

 罠は見えない。だが油断はできない。前室を過ぎ、三人は身廊をゆっくり進む。内部は薄暗いが、祭室にはステンドグラスからの光が差している。

 王国最大の大聖堂は、全長が百五十メートル近くある。翼廊との交差部に差し掛かり、ようやく祭壇前に佇む男の姿を認識できた。

「ルーペルト……」

 ヴィルフリートが呟いた。ユリウスもその男の顔は見知っている。

 だが一人ではなかった。ルーペルトを中央にして、周りに六人の男たちが立っている。当然武装している。

「まるで騎士隊だな、ルーペルト」

 セヴェーロが言うと、ルーペルトは一歩前に進み出た。

「セヴェーロ、か……久しぶりだな……」

「君に逃げ場はない。大人しく捕まるといい」

「嫌だね……やっと、ここまで来れたんだ……」

「ここまで? 反国王派はもう壊滅状態じゃないか。終いさ、全部」

「壊滅で、終わり……? 違うさもう国境線じゃ戦闘が始まっている……騎士隊を誘き寄せる事に成功したからな……」

「馬鹿を言うな、国内の撹乱と間を合わせる計画だった筈だ。お前らが動かないうちに……」

「あんたらが今日来る事なら、棺屋が教えてくれたさ……」




 ケルラウ川中流。

 国境警備の国軍兵六万の内、半数が川底の特に浅いこの場所で警戒にあたっていた。

 対岸で集結したバーデ軍と対峙していたが、

「浅いといってもこれだけ広い川、大軍が渡るのは無理だろう」

 兵達の認識はそうだった。だが、その楽観的な思考は急速に薄れていく。

 刻が過ぎるとともに対岸の兵数は増え、そして目前の川の水は減っていく。

「軍団長殿、伝令が……」

 上流側から来た瀕死の伝令から聞くところによると、堰が占拠され閉じられたという。

「……」

 報告を受けて、軍団長は対岸を見た。報告では、敵は八万にまで膨れ上がっている。

 バーデ軍は、渡河を始めていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!