第33話 残響

「少し、柔らかくなりましたな」

「え?」

 エルンストの言葉は、ユリウスには意外だった。

「表情が変わられたようで。何か、迷いでも消えましたかな?」

「……逆です、悩みが増える一方です」

 西日差す回廊。一週間は静養と言われたユリウスだが、療養室で終日じっとしていると体が鈍りそうであり、三日目には杖を使って歩き回っていた。

 ヴィルフリートに見つかれば何かと言われそうだが、退屈に過ぎた。

「悩みには良い悩みと悪い悩みがありましてな。もうニ十年も生きれば判別つきましょう」

「はあ……」

「それにユリウス様だけではありませぬ。皆少し変わられました」

 そうだろうか? とユリウスは思ったが、考えてみればエルンストのほうがあの三人との付き合いは長い。自分の知らない機微も捉えているのだろう。

 それに、エルンストは柔和な人物だった。戦いとは無縁に思える程に。

 歩き去るそんなエルンストを見て、

「なんであの人騎士になったんだろう……」

 呟いた。

「強いからさ」

「ひゃっ!?」

 突然背後からの声。驚いて振り向けば、果たしてそこにはセヴェーロの姿。

「もう、五十年以上も昔の事。……って俺はそのときいなかったけどさ。エルンストが城で……」

「そ、そんな昔から騎士だったんですか!?」

「十二歳の頃からやってるらしい。国王が俺の爺ちゃんだった頃からさ」




 ――ある夜の事さ。

 皆が寝静まり真っ暗闇だった城内に、多数の悲鳴が響いた。

 驚いた使用人たちが駆けつけると、城の中庭には血の海と死体の山が築かれていた。

 そしてその中心に立っていたのは、当時十二歳だったエルンスト。

 何があった? と皆が訊くと……。

「鼠めが侵入しておりましたので、始末しておきました」

 怪しい笑みとカミソリ、そしてジュストコール。エルンストの、騎士として最初の仕事がそれだった――




「その出来事はまたたく間に不逞の輩たちの間に広まり、“盗賊界のトラウマ”として現在に至るまで語り継がれているという……」

「そ、そんな凄い人だったんですか……」

「俺は決闘で負ける気はしないけど、多人数を相手にさせたら彼のほうが上だろうね。集団を縫うようにして敵の急所を掻き切るカミソリは、まるで妖術さ」

「だからいつも、エルンストさんは城に残るんですね」

「彼一人で防御も成りそうなくらいだからね。ところでユリウス、足は大丈夫かい?」

 セヴェーロは屈みこんでユリウスの足を見た。ユリウスの制服は右足側だけまくり上げられ、白い包帯が巻かれている。

「はい、もうすぐ歩けるようになると……」

 あまりにもセヴェーロが凝視をするから、ユリウスは何かむず痒い感覚を覚える。それからすぐに、セヴェーロには女である事が看破されている事を思い出し、足を引っ込めた。

「あの、隊長は今は何を?」

 話を変える。先日聞きそびれた事を質したかった。

「ちょっと父さんのところにね」

 立ち上がって、回廊の奥を見た。中庭を越えてまっすぐ進めば王の間に行き当たる。

「国王陛下に?」

「行ってくるよ」

 そう言ってセヴェーロは歩き始めた。そのまま立ち去るであろう背中を、ユリウスもただ黙って見送っていた、が。

「隊長」

 嫌な予感がして、呼び止めた。

「私も行きます」

「邪魔だよ」

「ただ、隣にいるだけでいいのです」

 譲らなかった。

 理由は自分でも分からないし、セヴェーロがそれを望んでいない事も分かる。案の定拒絶されたが、それでもユリウスは食い下がった。

「父さんと俺の個人的な話をする。そうなると君は部外者さ」

「貴方を、一人にはさせたくないんです」

「……」

 セヴェーロは少し沈黙した。

 何かを考えているような、思い出しているような、そんな表情だった。

「……一人、か……」

 向き直り、歩き出した。

「いいよユリウス、来なよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!