第14話 想慕

 目覚めて日の高さを見た。昼は越え、おおよそ三時過ぎ。

「寝過ぎた……!」

 昼食を摂っていない。迂闊であった。

 食堂に行ったが当然、誰もいない。厨房も覗いたが片付けも済ませられており、料理人もいない。

 小腹が空いていた。

(しょうがない……自分で何か作るか)

 厨房で食料を探した。流石に肉や魚を使うのは気が引けるが、備蓄のある砂糖やミルクとかならいいだろうと思った。となると、菓子を作る事になる。

 小麦粉、牛乳、砂糖、卵。

 まずは卵黄と牛乳を混ぜて……

「何作ってんの?」

「ひゃっ!?」

 と、急に背後から覗き込む顔。ユリウスは思わず甲高い声をあげてしまい、少し後悔した。

「た、隊長……」

 セヴェーロはいつもよりラフな格好で、羊毛の上着を羽織って腰紐で軽く止めている。両腰に剣は提げているが、上着の中に収まっている。

「甘い匂いがするね」

「……お菓子ですから」

「作れるんだ?」

「……作れたら、変ですか?」

 女みたいで、と言おうとして止めた。

「変じゃないさ。手伝おうか?」

「……じゃあ、メレンゲを作ってくれますか」

 拒絶するのも不自然に感じた。砂糖と卵白とボウルを押し付けるように渡し、セヴェーロを遠ざける。

 彼への苦手意識が消えない。

 秘密を見透かしてくるようセヴェーロの態度や言動は、ユリウスの心をかき乱す。

「料理得意なの?」

 少し離れた位置に追いやっても、セヴェーロはユリウスに話しかけた。

「得意というほどではありません」

「剣は得意だよね」

「貴方ほどではありません」

「故郷じゃ負けなしって聞いたけど?」

「田舎ですから」

 矢継ぎ早の質問に、ユリウスは少し煩わしさを感じた。自然、返事も気のないものになる。

「今作ってるのはなんていうお菓子?」

「カイザーシュマーレンというものです」

「どこで習った?」

「母から習いました」

「剣は誰から?」

「兄から」

「へえ。故郷の道場ってリーンから聞いたけど?」

 言われて、手が止まった。ハッとした。“しまった”と思った。つい口を滑らせてしまった。

「いえ……兄と一緒に道場で習った、って事です」

「兄も騎士だったのかな?」

「…………それは……」

 気がつけば、セヴェーロはすぐ隣にまで来ている。

「メレンゲ、出来たよ」

 ユリウスの前にボウルを置く。意外なほどに滑らかなメレンゲが出来上がっていた。普段剣を振るっているためか、力作業は不得手ではないようだった。

「それでユリウス、次は?」

「え、えっと……こっちのボウルと混ぜて……あ、フライパンでバター溶かしておいてください」

「バターね」

 語調が軽い、気がした。詮索するためではなく、セヴェーロは本当に料理を楽しんでいるようにユリウスには感じた。

 やがて出来たものを弱火のフライパンで焼き始めると、厨房には甘い匂いが立ち込めた。

「……」

 セヴェーロが黙り込んでいるのが気になって顔を見ると、穏やかに微笑んでいた。今までユリウスが見た事のない表情、少年のような顔だった。

「隊長?」

「いや、美味しそうだなって思ってさ」


 焼きあがったお菓子を切り分けて皿に盛り、粉砂糖をかけると、セヴェーロはひょいと一つつまみ上げ、口にした。

「……美味いな」

 小さく呟いた。

「好きなんですか?」

 ユリウスがそう訊くと、セヴェーロはゆっくりと顔を向けた。

「好きさ」

 あまりにも真っ直ぐに目を見据えて言われ、ユリウスは一瞬、体が硬直した。心臓が震えるような、今まで体験した事のない感覚だった。

「このお菓子さ。俺の母親も、よく作ってくれたよ。それがいつも楽しみでさ」

「母って……妃様ですか?」

「妾さ」

 セヴェーロはもう一枚お菓子を取ると、そのまま厨房を出て行った。それ以上その話をしたくないような、途端に素っ気ない態度であった。

(だったら、初めからそんな話しなければいいのに……)

 勝手な態度にそう思ったが、不思議と、苦手意識は薄らいでいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!