第12話 下弦

 夜、秉燭を過ぎた夜陰の刻。ヴィルフリートが部屋を訪ねてきた。

「ユリウス……行きましょう」

 一緒に城を出たが、ヴィルフリートは無言のままユリウスの前を歩いていた。

(どうして、ヴィルフリートさんは私を連れていかせるのだろう……)

 空には下弦の月。行き場所は、わからないまま。

 途中馬車を拾った。予め用意していたものらしく、御者は目的地を訊かなかった。




 それから、長い事揺られた。

(随分……遠くまで行くな……)

 ユリウスがそう思っていたとき。

「……騎士隊は、何故七人しかいないのかと、前に訊きましたね」

 ヴィルフリートが口を開いた。

「……」

 ユリウスは、無言で顔を向けた。ヴィルフリートは、窓の外を見ていた。

「近衛騎士隊は、王に最も近い位置で剣を持ちます。暗殺をするには、この上ない位置……人数が増えるほどそんな人間も入り込みやすい。だから、七人以上にはしないんです」

「…………そう、なんですか……」

 ユリウスは自分の脈拍が、速くなっているのを感じた。緊張は表情にも出ているのか、それも不安になれば冷や汗が浮かんだ。

「しかしそれでも、賊は入り込みます。だから、騎士隊内には内部調査を担当する騎士がいます。今は……僕がそうです」

 ヴィルフリートが、ユリウスに顔を向けた。

「ユリウス」

「……はい」

「君の出自には、不自然な点があります。ハルベルグに、クラルヴァイン式剣術の道場はありません」

「……」

 汗が、流れた。脈拍はもう気にならない。鼓動音が、それを遥かに上回っている。

「君は、何の目的で騎士隊に入ったのですか?」

「…………私は……」

 馬車が、止まった。

 と同時に、ヴィルフリートはすぐに降りた。

「……ユリウス、行きましょう」

 少し迷ったが、ユリウスも降りた。そこは月の光が草木の間から僅かに差す程度の、鬱蒼とした森の中だった。

 走った時間と方向から、国境線付近である事は予想できた。ケルラウ川の中流から下流付近であり、川幅広く底は深い。

 木々の間を進んでいくと、やがてその川が見えた。その畔に人影がある。

「ロルフさん」

 ヴィルフリートが名前を呼ぶと、人影は振り返った。

「……よく、ここが分かったな」

「隠しているようでも、噂は広がります。特に国境付近の“渡し”の話なら、旅人の多い宿場や酒場などでよく漏れ聞くものです」

 国境線は一般兵が警備をしているが、その目を盗んでの密入国・出国は後を絶たない。バーデ公国が手を引いているとの噂は多いが、決定的な証拠があるわけではない。

「ふん……」

 ロルフは、ヴィルフリートの正面に立った。

「それで“仲間殺し”役のお前が、俺にどうしろと言うつもりだ?」

「盗んだ機密文書を置いて、川を渡ってください。そうすれば見逃してあげられます」

「見逃して“あげられる”? ……ガキが……舐められたものだな……」

 ロルフは持っていた剣の柄に手を添えた。刀身の広い豪剣。

「その文書は、貴方が持っていても意味を成しません」

「高く買ってくれる奴がいるんだよ。渡せねぇな」

「ならば、斬ります」

 ヴィルフリートも、剣に手を添えた。半円型の護拳のついた、赤銅色の柄のサーベル。

「はっはっはっは……世間知らずの坊っちゃんかぁ?」

 ロルフがその姿を見て、馬鹿にしたように笑った。

 嘲笑っている。ヴィルフリートを完全に下に見ていた。

「先に剣を抜いて下さい。僕は、無抵抗の相手を斬りたくはありません」

「思い上がるな! 糞ガキだな。お前は若すぎて、世の中の厳しさってのを知らねぇ」

 ロルフが、剣を抜いた。

「俺が、大人としてお前みたいな無知なガキを」

 ユリウスは。

 ヴィルフリートが剣を抜いた瞬間を、目視出来なかった。

「…………え……?」

 頓狂な声を上げたのは、痛みを感じる間もなく腕の感覚が消えたからであろう。

 ロルフが剣を振り下ろそうかと思ったその瞬間には、ヴィルフリートの剣は鞘から抜き放たれ、ロルフの剣の刀身、腕、喉元までを切り裂いていた。

 それから間髪入れず、ヴィルフリートは二太刀目の動きに入る。湾曲したサーベルの刃が弦月に重なり煌めくと、迷いなくロルフの頭部を突き、そのまま貫き倒した。

 国王直属近衛騎士隊第四席・ヴィルフリート=シュバルベンシュバン。その剣は、時に神速と称される。

「ユリウス」

 目の前で起こっている事についていけず、黙って立ち尽くしていたユリウス。

「は、はい……」

 震える声で返事をした。

「お願いです。君の目的は知りません、だけど……悪い気は起こさず、平穏に、静かに過ごしてください」

 ヴィルフリートが骸と化したロルフに十字を切った。剣に付いた血を振り払い、鞘に収める。それから骸に背を向け、来た道へ引き返した。

 少し、俯いた。

「…………僕は、君を斬りたくない」

 小さな声だったが、ユリウスにははっきりと聞こえた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!