第3話 水明

 それからヴィルフリートは、

「隊長を呼んできます」

 と、ユリウスを残して去ってしまった。


 だだっ広いエントランスに一人残されたユリウス。

(兄を殺した騎士も、この城の何処かに……)

 そう思うと、途端に心細さを感じた。

 名前は変えている。が、もし、自分が復讐心を持って入隊した事が知れれば、逆に自分の命が危うくなるかもしれない。

(いや……大丈夫。強い意志を持とう)

 そう思って顔を上げた。すると、

「あ……」

 二階バルコニーに人影。長身だったのか、階下からでも僅かに髪が見えた。

 深く輝くような、ベルベットの銀髪。

「あの……!」

 声をかけようとした、その時。

「あっれ? もしかして君って」

 背後から声がした。

 振り返ろうとしたが、それより速く声の主はユリウスの横に体を寄せていた。

「君ってさ、新入りの子?」

 黒目、黒髪、黒サファイアの装飾品。背に伸びる長髪は、後頭部の低い位置で結わっていた。

 騎士なのだろう、着崩した制服に剣を提げている。それも二本、左右の腰に一本ずつ。

「は、はい。今日より騎士隊に配属されたユリウス=バルシュミーデです」

「へえ。俺はセヴェーロ。セヴィって呼んでくれていいよ」

 自分より年上に見える相手(二十歳前後に見える)だが、セヴェーロの気さくな態度に、

「セヴィ、ですか?」

 違和感なく、そう呼べてしまえた。

「そう、そんな感じでさ。で、今隊長待ってるんだよね? 心当たりあるからさ、探しに行こうか」

「え? いやでも今は……」

「いいから」

 セヴェーロは構わずに、ユリウスの腕を掴み引っ張った。

 が、すぐに動きを止めその腕を見た。

「?」

「君さ、随分腕細いね」

 ギクリ、とした。ユリウスは無論国王に実力を認められて入隊をしているのだが、やはり男とは筋肉の付き方は違う。

「いや、これは……」

「ヴィルと同じタイプだね。力よりも技で戦う、って感じかな」

「いや、あの、そのヴィルフリートさんが今探しに行ってて……」

 なんて言う声は聞かず、セヴェーロは再び手を引いて、ユリウスを城の中へ引っ張っていった。




 それからは多くの場所を連れ回された。

 食堂、円卓会議室から別棟の居住棟、地下道まで。

 途中で、

「ヴィルフリートさんが探していますから」

 と何度か言ったが、セヴェーロは

「いいから」

 と、聞かない。

 途中途中で、城内の人々に隊長の居場所を聞いた。が、何か茶を濁したような回答しか返ってこなかった。それがユリウスには不思議でならなかった。

「おっかしいな、すぐに見つかると思ったのに」

 セヴェーロは飄々と言うが、散々歩きまわってユリウスは疲れていた。

 聞いていた話では、そもそも隊長は、入り口まで新入隊員を迎えに来る筈である。そう思うと、見つからない隊長には余計に不信が募った。

「あの……」

「なんだい?」

「城の人たちの反応が、何か不自然です。もしかして、隊長はわざと私達を避けているのではないのでしょうか。城の人たちもそれを知ってて……」

 ユリウスがそう言うと、セヴェーロは口元に微笑を浮かべた。“嬉しそう”な表情、ユリウスにはそう見えた。

「……そうかもね」

「……?」

 そんな反応には違和感を感じた。

「でもそれにしてもすぐに見つかると思ったけどな。何しろ隊長は背が高くて、しかも銀髪だから遠くからでもよく見えるしさぁ」

「銀髪……?」

 言われて、思い当たる。銀の髪なら見ている。

「何? 見覚えあるの?」

「あの! エントランス上の二階バルコニー、ってまだ探してませんよね?」


 急いでエントランスに戻り、階段を駆け上がった。

 ヴィルフリートはいなかった。城の奥へ探しに行ったまま見つけられずにいるのだろう。ユリウスたちとも行き違いになっている。

(人を待たせておいて……!)

 そんなヴィルフリートの事もあって、ユリウスは、隊長とやらに怒りが湧いてきた。人が散々探し回っているというのに、当の本人はバルコニーで呑気に陽でも浴びているのかと思うと、文句の一つも言いたくなる。


 階段を上がりきると、水の音が聞こえた。噴水ではない、如雨露からささらぐ柔らかい水の音。

 人がいる。

「やっと見つけ……」

 ユリウスはその男の姿を見て、……刹那に、目を見張った。


 外に付きだしたバルコニー、陽光の下。

 色美しい花々と、緑鮮やかに溢れる草木。


 ――その美しさと鮮やかさが、色褪せて見えるほどに輝く銀髪。

「隊長……」

 まるで絵画のような艷麗さに、途端に怒気が失せたユリウスは静かに呟いた。それでも聞こえていたのか、銀髪は振り向いた。

(百合……)

 を、連想した。それほどに白く美しい肌だった。セヴェーロよりも年上に見えるが、時間の外に生きているようにすら見える。そんな男だった。


 しばらく見とれていたユリウスだったが、やがてハッとして、

「や、やっと見つけました! 背が高くて、銀髪で……人の事待たせておいて、こんなところで優雅に水やりなんかしてて!」

「……」

「どういう事ですか、隊長!」

 言われて、銀髪は真鍮の如雨露の口を上げた。


「ぷっ……」

 と吹き出した声は、ユリウスの背後から。

「あはははははははははは!」

 突然、セヴェーロが笑い始めた。その声がバルコニーに響く。

「……?」

 ユリウスには、その大笑いの意味が分からない。自分はようやく隊長を見つけて、安堵や怒りこそ感じても笑うような心境ではない。

「はぁ……」

 銀髪の男は、呆れたように溜め息を吐いた。そして、

「……またですか、“隊長”」

 そう言った。その言葉の意味がすぐに理解できず、

「え?」

 ユリウスは、疑問符を浮かべた。

「あはははははははは! ちょっとからかっただけだよ!」

「え……」

「そうだよ、俺が隊長だよ。そいつは隊士のリーンハルトさ。君、ずーっと気づかないから、面白くってさぁ!」

「ええええええええぇぇぇ!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!