猫の子

作者 気分屋

263

90人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

謎文、誤字脱字があるのはわかる。

それでも、設定や原作には一切の矛盾がなく、丁寧に関係が築かれ、ストーリーが展開していく。

急に不自然な関係が生えることも無く、原作を無視したり、自身の作った設定が死ぬことも無い。

これを頂点と言わずして、何を頂点と言うべきなのか。

★★★ Excellent!!!

生きると言う事の、素晴らしさ。
過酷な困難が立ちはだかろうとも、その壁を乗り越えて行く強さ。
そして、愛し合うという本当の素晴らしさ。

一言に「どんな小説だ」と言い難く、言葉通り多くの意味が秘められた作品でした。
生きる事、愛する事、望む事、励む事。
まさしく、苦難があっても、困難があっても、迷いがあっても、その中で進み続ける。
葛藤があろうとも、それを一人で乗り切る事が正解では無い。共に歩み励み、先に進む事だって強さであり、「独り善がりの強さ」と「心の強さ」のその違いを思わせる作品です。

幸福を求める事は、時に不幸の中に身を投じる事と同じ。
ただ、その中でも、主人公の少年らしい思いは、私たちにとっても忘れられない初心という意味でも、心に響きました。

愛に障壁は付き物。
だが、其れを乗り越えるのもまた愛である。

もし、このページを開いた方が居れば、是非御一読を。
この作品は、貴方の消えてしまった想いも、思い出させてくれるでしょう……。