猫の子

作者 気分屋

愛に生き、愛に殉ずる漢「シロ」の大河ロマン!

  • ★★★ Excellent!!!

ろくに小説もSSも読まない自分ですが、とても読みすくキャラの動きや情景が伝わってきました。
オリジナル主人公「シロ」はけもフレでは珍しい男キャラですが、誰かの為に一生懸命、
でも自分の好きなことは好きと素直に言えるとても好印象なキャラでした。
それでいて世界観にあった特殊な生い立ちがキャラを立ててます。
フレンズ達との関わり方も違和感なく溶け込んでいて、会話シーンが楽しかったです。
全て読み終えた後に初登場のシロを見ると、まるで違った印象を受けました。

それくらいパークの中で彼は変わった、幸せになった、という成長を感じられるのが読んでいて気持ちよかったです。
70話あたりのシロが一番大変なことになってますやんか。

ストーリーもほのぼのしつつ伏線らしいものがあってええやん・・・と思ったら、 
かばんちゃん登場辺りからイチャイチャニヤニヤさせてくれてからのエロい展開で、あぁ~たまらねぇぜ!
せやけど、ツチノコちゃんもやっぱええなって!
かばんちゃんが去った後のパークが舞台だっただけにビックリしました。
かばんちゃんが来てからが本番とは思わねぇ!

ラスト辺りからの怒涛の展開はそれまで読んできた人達に 
「はぁ~たのむからなんとかしてくれやぁ~!!たのむからさぁ、幸せにさぁ~~~!!!!!」と 
アニメラストを彷彿とさせるハラハラ感と絶望感を堪能できました。

ハーレム予定はないですと書かれてましたが、確かにハーレムというより大河ロマンを感じました。
いや十分ハーレムやったけどな!!
楽しませてもろたでほんまぁ・・・・・・!!

100話にも及ぶ大長編なのにダレる事なく読んでしまえるのは凄い。
オリジナル男主人公、if展開、イチャラブ、伏線、シリアス、ほのぼの、 
アニメ版、アプリ版の要素・・・たくさん魅力が詰まった素晴らしいストーリーでした。
この小説とシロ達に会えて幸せです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

その他のおすすめレビュー