第93話 とどめ

「ヒグマ!シロさんはセルリアンなんかじゃないのだ!きっとすぐに正気に戻るのだ!やめるのだ!」


「下がってろ!シロの言葉は聞いたんだろ!ここでキッチリ終わらせるのがこいつの救いなんだ!」 


 シロと戦うヒグマ。


 パークでもトップクラスに強いハンターの彼女だったが、それでもやはり戦いにくい相手だということには変わりなかった。


 よく知る人物であり、その姿で攻撃を加えてくる、そして自分はその姿に動揺して攻撃に上手く踏み込めない。


 普段からハンターとしてあらゆることに割りきって行動していた彼女だったが、このような戦いは初めてだった。


 単に強いなら問題ない。


 自分よりずっと大きなやつだって倒す。


 固く攻撃の通らないヤツにはありったけ叩き込むだけだ。



 しかし…。



 ガキィン!


「クソ… 迷ってる場合か!」


 友達が敵として現れた時、どうしていいのか彼女も本当はわからなかった。


「らぁぁぁッ!」


 意を決しその手に持つ武器でシロを迎え撃つ、彼女の迷いを捨てた一撃だったが。


「受け止めただと!? …なに!?」


 シロはそれを受け止めた、攻撃を読まれたのだ。

 すると止められたヒグマの武器がサンドスターの輝きに変わり、そのまま受け止める右手に吸い込まれてしまったのだ。


 彼はセルリアン、輝きを求め牙を剥く。


「食ったのか!私の武器を!?」


 距離をとるヒグマだったが、狩ることのみを目的とした彼の踏み込みはそれを軽く凌駕した。


「しまった!?ぁぐ…ッ!」


 彼はヒグマの首を掴み高く持ち上げた。


 彼女の輝きに味をしめたのか今度は本体から根こそぎ奪うつもりなのだ。


「やめるのだシロさん!ヒグマを離すのだ!」ガシッ

「声を聞いてよシロさん!友達を食べちゃだよ!」ガシッ


 アライグマとフェネックはそれを見てたまらず飛び付いた。


 しかし彼の表情はなにかを思考している気配はない、その目はただ虚空を見つめるように苦しむヒグマを見ている、今の彼にとって友人達は補食対象でしかなかい。


「おまえたち… 早く、逃げ…」


 徐々に輝きを奪われながらも絞り出すように声を出し、ヒグマは二人を逃がそうとした…。


 その時だ。


「えぇい!」


 ズドン!と彼はまともにその攻撃を受け方へ飛ばされた。


 解放されたヒグマとそれに驚いて手を離したアライグマとフェネックはごろんと地面に転がった。


「まったくヒグマさんは!一人でなんでも背負い込まないでください!」


「キンシコウか… すまない、助かった」


「アライさん!フェネック!今のうちに距離を!」


「リカオンも来たのだ!」

「なんとかヒグマは間に合ったねぇ?」


 ハンターが揃った、だが同時にシロも体を起こしてこちらに向かってきていた。


 今の彼にとって人数が増えるのは輝きが増えるということであり、有利不利など考える思考はない。


 彼はただまっすぐとその5人に向かい歩いてきた。


「ヒグマさんはこっちへ!しばらく休んだ方がいいですよ」


「すまないリカオン、サンドスターを半分くらい奪われた、動けそうにない… 最初から迷わずアイツの石を狙って戦っていれば勝てたかもしれない、そうしたらアイツにこんなことさせないで解放してやれたのにな?おまえたちに辛い戦いをさせることもなかった… 私も、まだまだだな…」


「そんなに簡単にできるわけないじゃないですか!迷わずできたらいくらヒグマさんでもちょっと引きますよ!」


「言ってくれるな…」


 ヒグマはしばらく動けない、サンドスター欠乏症だ、いつになく弱気なのは相手がシロであるプレッシャー、そしてこの状態のフレンズは自信のない発言をしたり本来できることもできなくなってしまうからである。


「二人とも気を付けろ!武器も食われるぞ!右手に注意しろ!」


「わかりました!」


「オーダー!了解です!」


 二人はヒグマに代わりコンビネーションでシロを迎え撃つ。







「位置ヲ特定 座標ヲ送信」


「ありがとうラッキー、ここは火山の麓にある森のようですね?丁度木の無い広いところにいます」


「シロさんは無事なんですか!」


「待ってくださいね… 衛生からの映像を映します… これは、ほかにもフレンズさんが!?」


 ミライさんの使うもの… パソコン?というものに、真上からの映像が映し出されました… 不思議です、どういう仕組みなのか?そしてそこに映っていたのは。


「シロさん!」


 思わず身を乗りだして画面を見ました


「かばんちゃん落ち着くんだ、まったくこれから父親になるやつが身重の嫁さん放って何をやっているんだ!」


「あ!あれハンター達だよ!アライさんとフェネックも!」

 

 ヒグマさん… ということは、すでに博士さん達がハンターさんに言ってシロさんを?でもヒグマさんは様子がおかしい、まさかシロさんが?それに髪が真っ黒に…?シロさん、もしかして既に心を?


 いや、希望を捨ててはだめ!


 仮にシロさんが心を失っていたとしても、必ず僕が取り戻してみせる!


「早く行こうよ!」


「すぐに出たいですが… ナリユキくん?あの二人はどこへ?」


「さっき呼び戻したが、初めてのパークに浮かれてしばらく戻らないかもしれないな… まったく愉快なやつらだよ君の部下は」


「アハハ… あれでも、優秀なんですよ?」


「まぁ腕は認めるが… 今は遊んでる場合ではない…!」

 

 残りの二人、どんな人達か気になるけどそんなの待ってられない!

 場所は分かる、忘れもしない僕がセルリアンに食べられた場所です。


「待ってられません!僕は行きます!」


「わたしも行くよ!」


「私も着いていこう、ミライさんは後から二人を連れてきてくれ?今なら必死に呼び掛ければ声が届くかもしれない、俺が直接ユウキに語りかけて時間を稼ぐ」


「わかりました、必要なものはこちらで用意しておきますね?」


「頼むよ、それじゃあ連れていってくれるかい?息子のところへ」


「はい!」



 お義父さんをバスに乗せて僕とサーバルちゃんは港を後にした。

 

 早くしないとシロさんがみんなに… そんなの嫌です!


 シロさんがいなくなるのもイヤ、みんながシロさんを手に掛けるのもイヤ…。


 そうなったら僕はみんなを恨んでしまうかもしれない、分かっていても責めてしまうかもしれない。


 みんなお願いします、シロさんは僕が必ず僕がなんとかするから…。



 お願い… 彼を虐めないで…。





「はぁ…はぁ… 手強いですね」


「地力がシロさんなだけに… キツいですよ…!」


 既にキンシコウの如意棒は奪われ、2対1にも関わらず劣勢となっていた


 奪った輝きの分彼は動きが良くなり、戦いが長く続くほど動きを読んだような対応をするようになり二人は翻弄されていた。

 

 思考している訳ではないのに動きを理解して次の動きへ移ることができる。


 彼の… 生き物の脳と言われるそれが彼に機械的な働きを施しているのかもしれない、学習し効率化するのだ。


 セルリアンとヒト… これは最もあってはならない組み合わせだったのだ。


 雑念が一切ない目的の為だけの動きを瞬時に割り出し、実際に使うことができる。


 これは心がある生き物にはできない、機械のようなセルリアンだからできることだった。


「ダメだ二人とも… 一旦引くぞ」


「いえ、私たちはもう目をつけられました、すぐに追い付かれます」


「アライさん!フェネック!ヒグマさんを連れてここを離れてください!」


「二人はどうするのだ!」


「置いてはいけないけど、二人はシロさんを引き止めると言うんでしょ?それは良くないと思うなぁー?ボロボロじゃないか?」


 だが、二人もハンターとしてフレンズを見捨てる訳にはいかない、ヒグマ同様にキンシコウとリカオンもハンターの責務を果たそうとしていた。


「…!?来ますよ!」


「シロさん!本当に声は届かないんですか!」


 迎え撃つ二人のハンターにも限界が訪れようとしていた。


「クッ… 攻撃を止められる度にサンドスターが!」


「リカオン!しっかりしなさい!」


 そしてとうとう、リカオンは地に膝を着きまさに万事休すという状態であった。


 がその時。


「ウォォォォオッ!でぇやぁぁぁあ!」


 ドォンッ!


 雄叫びと共にシロは何かに突進をくらうと思いきり吹っ飛んでいった。


 ドンッ!


「…」


 木に当たることでようやく止まると彼はそのままそこに倒れこんだ。


「あなたは、ヘラジカ?」


「待たせたなハンター達!あとは私達がやるぞ!」


 シロの師であるヘラジカの後ろからはパークでも指折りで数えられるほどの強いフレンズが続々と集まっていった。


「おまえたち、負けてしまったのですか?」


「面目ない… あの顔でこられるとどうも調子がでなくてな」


「博士、ハンターたちはもう戦えません…」「サンドスター欠乏症… 特にヒグマはまずいですね?」


 長の二人がハンター達を気づかい、後ろからはオオカミとジャガーが前に出て言った


「構わないよ、あとは私達が引き受けよう」


「やりたくないことやらせちゃったね… 大丈夫、あんたたちだけに汚い仕事はさせないよ!」


「すいません… 私達が不甲斐ないばかりに」

「自分も、ハンター失格です…」


 誰もこんなことはしたくなかった、よく知る友人を手に掛けるなんてことは誰もやりたくはない

 だがそこで、恐らくこの場で最もその仕事が辛くなるフレンズが言った。


「弟の命を、他のやつに殺らせる訳にはいかない… よくやった、これはハンターの仕事じゃない、弟の不始末は姉である私が責任を持つ、お前達は休んでいろ?これは家族の問題だ」


 決意を込めてライオンは弟に立ち向かい、その命を責任を持って散らせると、彼女はそう決めていた。


 だが、その裏に込められた想いをオオカミは感じ取っていた。


「ライオン… 君、バカなこと考えるんじゃないぞ?」


「…」


「シロ君を倒したあと、君も死ぬつもりなんじゃないのかい?」


 !?


 否定の様子は無い、心優しい彼女ならやりかねないことではあった。


 そして、弟を手に掛けるというこの罪に彼女はきっと耐えられない。


 殺してしまうしか救ってやる方法がないのなら、自分がこの手で殺ってやる。

 そして、弟を一人では逝かせない、せめて寂しくないように、その手に掛けた罪を償うように。


 自分もすぐに逝くと、彼女は決意していたのだ。


 それは弟を手に掛ける自分が許せず、罪に耐えられないことを見越しての決意。


「ライオン、そうなのですか?」

「そういうつもりならお前を戦わせる訳にはいかないのです」


「杞憂だ、手はず通りに頼む」


「私達とヘラジカでシロの動きを封じている間に、ライオンがとどめをさすんでしょ? 任せて…」


「シロ君、表情がないね… 彼の表情は豊かで良い漫画のネタになったのに、怯えた顔も驚いた顔も、笑った顔も怒った顔も照れた顔も… もう既に見せてはくれないんだね?悲しいよ、こんな気持ちではしばらく漫画は描けそうにないな」


 各々彼に対して想いがある、皆戦いたくはないが島の平和を守るためにやらなくてはならない、彼を破壊者にしてみんなから恨みを受ける存在にしてはならない。


 その想いは同じだった。



「シロ!声が聞こえているのなら!そのまま聞け!」


 ガキィン!


 既に起き上がったシロを迎え撃つのは彼の師でもある森の王であった、彼女には彼女の彼に対する想いがある。


 師であるヘラジカは組み合いながら呼び掛けた。


「これから私達はお前を手に掛ける!だがそんなことはしたくはない!可愛い弟子を!こんな私を師と仰いでくれたお前を!手に掛けるなどできるはずもない!だが!」


ガキィン!


「お前がそれで救われるのならやってやるぞ!嫌ならすぐに戻ってこい!おまえと話したいやつは!この島には沢山いるんだぞッ!」


ガキィィィン!!!


 続いて、ジャガーも加勢し迎え撃つ。


「ヘラジカの言う通りだよシロ!かばんを置いていくなんて私は許さない!お前はそんな男じゃないだろ!優しいシロに戻ってよ!また美味しいごはん!作ってよぉーッ!」


ガキィィィン!


 それに続き、タイリクオオカミが彼の前に立つ。


「君達夫婦の漫画ねぇ?ダメって言われたけどこっそり書き進めていたんだよ実は?今は二人に子供ができるかどうかという展開でね?でもフレンズの妊娠なんて私はみたことないんだ、だから見せてくれよ!かばんとの愛の結晶を!愛の力だろ!死にたくなければ戻ってくればいいんだ!」


 ガキィィィン!


 強者三人に対し彼の表情は変わることはなくただひたすらに攻撃を受け、あるいはかわし、輝きを奪うために戦うだけだった。


 既にハンター達から輝きを奪っていた彼の動きは度重なる戦闘によりかなり厄介なものとなっている。

 

 そして彼女達の想いを込めた叫びも虚しく、やがて夜になる空に消えていく。


「シロ…」


 そして彼の姉、ライオンも動き出す。

 


「フンッ! …くっ!しまった!」


 振り下ろされたヘラジカの槍はシロの右手に捕まり、輝きとなって消えた。


「しかしまだだぁ!この拳がある!」


 彼女は殴り、時に体ごと当たり彼を押し返していく、そして三人が協力した結果、彼もひとたまりもなく動きを読みきれなくなっていった。


 いくら強くても手が足りないのだ。


「捕まえたぞシロォー!」


「右手に触れてはいけない!サンドスターを奪われるぞ!」


「シロ!ごめんね…」


 三人はこの時ついにシロの動きを封じることに成功した。


「ではライオン…」

「頼むのです…」


「わかっている…」


 彼の背中に向かい立った姉はその目に野生の輝きを灯した。


「シロ、今姉ちゃんが… 楽に…!」グググ


 爪に輝きが集まりその手を大きく振り上げた。


 が…。


「ライオン!やるんだ!」


「…ッ!」


「終わらせてあげてくれ、この苦しみを…」


「くぅ…ッッッ!」


「ごめんねシロ… ごめん… 」


「ぅぅぅぅ…ッッッッッッ!」グググ


 彼女の腕は… 振り上げたまま止まってしまった。


「できない、ごめん… 私に、弟を殺すなんて…! 私には……!」


「ライオン!やるしかないんだ!」


「痛いほど気持ちはわかる!」


「スゴい力…!いつまでも押さえてられない…!」


「シロぉ!なんでこんなことになってんだよぉ… 心配かけたくないからっていつも私に黙ってさぁ…! なんかあったらいつでも言えってんだよぉ!クソォ!!!」


 涙でぐじゃぐじゃの顔をしたライオンは背を向けるシロに寄りかかり動けなくなってしまった、思い出が走馬灯のように流れ思考を止めてしまったのだ。


 やらなくてはならない、自分がケリを着けなければならないと決めたのだ。


 彼女自身が言い出してわかりきっていたことだ、だがいざ目の前にしたとき可愛い弟の命を奪うことは彼女にはできなかった。



 誰も彼を殺したくなどない。



 しかし、そこに一人のフレンズが現れた。


「できないならどけ… オレがやる」


「お前は… 」


 そこにいたのは、ツチノコ。


 ツチノコは彼が地下迷宮からでてしばらく悩んだ後に彼女自身も彼を追って外へ出た。

 

 そしてやがて彼に追い付くと期を伺い様子を見ていたのだ。


 そしてもしものとき、変わってしまった彼を殺さなくてはならないとき…。


 彼の気持ちを汲んで自分がやろうと、そう考えていたのだ。


「お前がやるというのですか?」


「まだ喋れるときな、頼まれたんだよ?殺してくれって…」


 ツチノコは、ポツリ… ポツリ… と彼が地下迷宮に来たことを話した。


「でもできなくてさ?次に会うときは外すなって、そしたらもうこの様だぜ…」


 ツチノコの目に輝きが集まりビームを放つ準備が整っていく。


「ライオン、家族を殺すなんてやめとけ?その罪は全部オレが被ってやる」


「でもツチノコおまぇ…」


「オレは直接頼まれたし、もともと一人でいるのが好きなんだ、今更誰に忌み嫌われたって構いやしない、かばんにも言っとけ?お前の旦那を殺したのはオレだってな?その方があいつもいろいろハッキリして楽だろう?お互い生き地獄だろうけどな…」


 キィィィン…と音が鳴りその目に輝きが集まっていく、もういつでも撃てる…。


 今度は撃つ…。


 約束通り…。


 確実に仕留める…。


「じゃあなシロ?オレは今も、お前のこと大好きだぞ…?」








「やめてくださぁぁぁぁい!!!」


 その声にツチノコの目は徐々に光を収めていった。


 その場にいた全員、彼女の名を呟いた。

 そう彼女は。



 かばん。

 彼の最愛の妻。




 シロさん、助けに来ましたよ?


 

 その時離ればなれだったツガイは再会を遂げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます