第71話 きょうだいげんか

「たいしょー!おとーとさんとかばんを連れてきました!」


「サーバルもいます!」


「入れ…」


 姉さん、なんのつもりだ?

 俺とかばんちゃんをピンポイントで拐いにきたということは事実を知ってるということだ、噂か… あるいは博士達がなにか言ったのかもしれない。


 しかし呼び方がずいぶん丁寧じゃないか?呼ばれなくても行くつもりだったし呼ぶならもっと普通に言ってくれれば良かったのに。


「三人ともよく来たな、まぁ座れ」


 言われた通りその場に座り込んだ、なにやら堅苦しい雰囲気なので正座である。


「ご無沙汰しております姉さん、ずいぶんと御丁寧な歓迎のようですが?」


「そう堅くなるな、お前と私の仲だろう?」


「それは用件に寄ります…」


「気が立っているな?二人の対応が無礼だったか?」


 対応が無礼だって?まさか武力行使とは恐れ入ったよ、わざわざ武器まで持ち込んで準備万端だったじゃないか?どんな命令を出したのか知らないけどこちらも本気でバトルモードになるところだった。


「いいえ、まるで“誘拐”のようでとても丁寧でしたよ姉さん」


「そ、そんなつもりじゃねぇっすよ!?」「少し乱暴だったのは謝るよ弟さん!」


「フム… お前たちは下がれ」


 二人を退出させると姉さんは一呼吸終えてから再度口を開く。


 この時どっちの話し方をするかで姉さんの機嫌が分かる。


「怒るなよシロぉ~!私は見かけたら連れてきてくれって頼んどいただけだぞ~!」


 どーやら機嫌が悪いわけではないらしい。


「本当に?わざわざ岩でバスの進行を防いで、槍まで突きつけて… 俺はいいけど、無意味に二人を恐がらせるのはやめてよ、冗談が過ぎる、怪我したらどうするのさ?」


「わかったわかった!ごめん~!二人にもやりすぎだって伝えとくよ!悪気は無いんだ、私の伝え方も悪かったよ!許して~?ね?」


「…」


 どーしよっかなぁ…。


 クイクイ とその時隣のかばんちゃんが俺の裾を引っ張り静かに声を掛けた。


「シロさん、僕達平気ですから… 怒らないであげてください?」


「でも…」


「怒った顔のシロさん、怖いです… いつもの優しいシロさんがいいです」


「う… わかったよ」


 弱るなぁこういうの…。


 でもそこまで言われては仕方ない、俺も姉さんに怒りをぶつけたい訳じゃないし。


「いいよ姉さん、今度から気を付けてね?」


「ふぃ~…よかった~!あんな怖い顔を向けられたのはいつかのパーティーで暴れるお前を止めた時以来かなぁ?」


「その節はどうも… で今日は?理由があって拐ったんでしょ?」


「うん、ヘラジカから酷くやつれたお前が向こうを訪ねたと聞いてね?今は元気そうだけど…?確かに少し痩せたんじゃない?大丈夫か?」


 師匠が?結局優しいんだなあの人も、思いきり突き放すようなこと言われたけど体の心配をされてたのかもしれない。


「その件は解決したよ、ありがとう姉さん?って、それなら俺だけでいいよね?かばんちゃんまで呼んだのはまだなにか聞いてるからじゃないの?」


「まぁね~… なるほどそうか」


 ん…?空気が変わった?やはりすでに知っているのか、まぁそうだろう。


「お前たちその様子を見るに、恋仲になったというのは本当のようだな?」リーダーボイス


 お~っと… ビビってる場合じゃないぞ?ご挨拶だ!どこで聞いたか知らないけど知ってるならすぐに挨拶しないと。


「さばんなちほーから来たから少し遅くなったけどご挨拶に行くところだったんだよ?察しの通り、俺とかばんちゃんはそういう関係になりました、真剣なお付き合いをさせていただいておりますのでご挨拶に伺いました」ペコリ


「あ、あの…お付き合いさせていただいてます!不束者ですが、よろしくお願いします…」ペコリ


「二人ともやっと結ばれたんだよ!わたしからもよろしくね!」


 その言い方だと既成事実ができたみたいだから言葉を選ぼうよサーバルちゃん?


 俺たちは深々と頭を下げ姉さんにご挨拶、義姉弟みたいなものだが身内は身内だ、パークではみんな家族みたいなものだが明確に身内を名乗るのは姉さんだけ、形だけでもちゃんとしておこう。


 しかしこれに対する姉さんの反応はまだずっしりと重いものだった。


「先日まで焦燥としていたはずが元気になって帰ってきた… つまり、その原因はお前か?かばん?」


「あの… はい、僕が考えすぎたばっかりにシロさんには辛い思いを…」


「そうか…」


 姉さんはそこで目を閉じてなにか考え込むように黙った、そして次に目を開くときには…。


「…しろ」


「「え?」」


 今、なんて…?


「認めて欲しければ!私を倒してからにしろ!」


「「えぇー!?」」


 おいおいうっそだろ姉さん?


「ら、ライオンさんを倒す?ぼ、僕がですかぁ!?」


「姉さん!どうして!」


「ケンカは良くないよ!」


 そんな厳格な父親じゃあるまいし暴れまわらないでくれよ!頼むから落ち着いてほしい。


 姉さんは丸めた紙の棒をかばんちゃんに手渡し紙風船を装着した。


 風船が割れた方の負け、かばんちゃんの考えた戦いごっこだ。


「かばん!これなら怪我をすることはない!さぁこい!」


「むむむりですよぉ!?」


「お前の想いはそんなものか!それでは弟はやれないな!私が面倒を見る!サバンナに帰るがいい!」


 暴走したな!師匠じゃあるまいし!


「姉さん!俺が誰を好きになろうと俺の勝手じゃないか!」


「お前の話しじゃない!かばんの気持ちを確かめたいんだ!」


 なに言ってるんだ?感情的になるなんてらしくもない、怒られるとしたら俺だと思ったのに一体どうしたんだ?なんだかんだ言って祝福してくれると信じてたのに…!


「僕、やります!」


 かばんちゃんまでやる気になってしまった、つまり俺への想いを証明しようというのだ… 嬉しいが、でもさすがに姉さん相手では無理だ!知恵が回っても人の運動能力ではライオンの機動力には勝てない!しかも姉さんはフレンズの中でも恐ろしく知恵が回る方だ。


「かばんちゃんも!一旦落ち着こう!」


「かばんちゃん危ないよ!ライオンはさすがに相手が悪いよ!」


「ライオンさんはシロさんのお姉さん… 倒さないと認めてもらえないなら!」


 かばんちゃんが血迷ったぞ!


「その粋やよし!行くぞ!」


 ズアッ!と音を出し踏み込みこんだ、真っ直ぐと突っ込んでくる姉さんは手加減なんてするようには見えない、その気迫に彼女はすでに気圧されていた。


「ふぇ~ぇえ!?こ、恐い… 恐いけど…!」


 ったく容赦無しかよ!


 恋人が襲われてるのに黙って見ている男がいるか!相手が姉さんでも見過ごす訳にはいかない!野生解放だ!


「でぇあぁぁ!」


「わぁぁあ!?」


 スパァンッ!と棒同士が激しくぶつかり炸裂音が部屋に鳴り響いた。


「あぁ!シロさん!?」


 姉さんが彼女に迫った時、俺も紙の棒を手に取り姉さんを止めたのだ。


「やめてくれ姉さん!」


「どきなシロ!これはかばんと私の戦いだ!」


 聞き分けのない…!頼むから話くらい聞いてくれよ!


「これはお前の気持ちとは関係ないんだ!私が個人的に考えたことだ!」


「例え遊びでもダメだよ!かばんちゃんは姉さんみたいに強くない!怪我をするかもしれない!戦いに来たんじゃないんだ!話をしよう!俺が今元気でいられるのも彼女のおかげなんだよ!」


「それでも私はやらなくちゃならないんだ!」


 埒が明かないな、だったら頭を冷やしてもらうしかない!


「いいだろう上等だ!彼女に危害を加えるヤツは姉さんでも許さないぞ…ッ!」


「シロ!姉ちゃんの邪魔するな!」


 パァァァンッ!


 紙を巻いた棒とは思えないような音が鳴り響き、サンドスターが火花のように散った。





「どうしようかばんちゃん!大喧嘩になってきたよ!」


「シロさん!やめてください!」


「ガァァァァアッ!!!」パァン!

「グルァァァァアッ!!!」タァンッ!


 声が届かない、二人ともすごく怒ってる…

 僕のせいだ、ライオンさんはきっとシロさんをとられて怒ってるんだ。


 でもシロさんは僕を守るために。


 二人は風船をつけていない、単に棒を振り回し叩きあっています、あれじゃあどこを叩いても終わらない。

 でもその時、襖が開いてオーロックスさんとアラビアオリックスさんが部屋に戻ってきました、騒ぎを聞き付けたんだと思います。


「どうしたんだ!?」

「なんで二人が戦ってるんだ!?」


「あ!二人とも力自慢でしょ!ケンカを止めてよ!」


「訳は後で話します、なんとか止められませんか?」


 本当は力付くなんてよくないけれど、ここは一旦落ち着かせないと話しも聞いてもらえない。


「わ、わかった… たいしょー!やめてくれ!相手はおとーとさんですよ!」


「弟さんもやめてくれ!怪我でもしたらどうするんだ!」


「「うるさいッ!!!!」」


「「ヒイッ!?」」


 二人の戦いはどんどん激しくなる、紙の棒で戦ってるとは思えない、あれではいずれ怪我をしてしまうのは目に見えている。

 

 やだよ… 二人がケンカするとこなんて見たくない、僕の為にシロさんがお姉さんを傷つけるなんて。


「お前の為にやってるんだぞ!シロぉーッ!!」


「自分の為だろ!分からず屋ぁーッ!!」


パァァァン!!!


 あ!?いけない!紙の棒が耐えきれなくて壊れちゃった!?


「こうなったら死ぬ気で止めるぞ!オレはたいしょーを!」


「私は弟さんを止める!二人とも離れてろ!いいな!」


 ヘラジカさんとライオンさんの一騎討ちの時、僕はそれを目の前で見届けた。


 でも今のこれはあの時みたいな神聖さじみたものが感じられない、ただの暴力にみえる。


 でも僕にはなにもできない… とてもじゃないけど二人の間に割って入るなんて。


「シロぉ!歯ぁ食いしばれぇ!」


「上等だぁぁぁッ!!」


 グッと拳を握り締める二人、棒が壊れた今そのまま殴り合いのケンカが始まろうとしている。


 いやだよ… いやだ… もうやめて。


「もうやめてくださぁぁぁい!!!」





「ッ!?」


 俺、なんてことを… ッ!?しまった!


「でぇぁぁあ!!!」


 バゴォン!と音が脳に響いた、同時にとんでもなく強烈な衝撃を左頬に感じた。


 よくわからんが後方に飛びながら一回転したのはわかった。


 やられた… 俺はそのまま襖を破って渡り廊下に倒れた。





「シロさん!」「シロちゃん!」


「大将!もうやめてください!」ガッシリ 「たいしょーの勝ちです!おとーとさんは大丈夫か!?」ガッシリ


「離せお前たち!クソ!」


 暴れるライオンさんを背に僕達はシロさんを連れて城を出ました、とりあえずバスまで… バスまで行ってそれから…。





「う…痛てて…」


「大丈夫ですか?今手当しますね?」


「もうビックリしたよ… なんで急にケンカなんかしたの?」


「ごめ… 痛たた… かばんちゃんに襲いかかるとこを見たらつい」


 バスを走らせて城から離れたところへ来た、今はかばんちゃんに傷の手当をしてもらってる。


「ごめんなさいシロさん、僕のせいでこんな…」


「かばんちゃんは悪くないよ?姉さんが話も聞かないで襲いかかるから悪いんだ」


「あの… さっきのシロさんすごく怖かったです、あんなに怒ったとこ初めて見ました」


「ごめん… 嫌いになった?」


「そんなことないです!僕の為に怒ってくれたのもわかってます… でも…」


 責任を感じさせたか… これでかばんちゃんが別れを切り出したりしたら恨むぞ姉さん、そうならったら俺はもう立ち直れないかもしれない。


「ごめんなさい、僕の為に必要もないケンカをして… 怪我までさせて… グスン」 


 泣かせてしまった、さっそくツチノコちゃんとの約束がひとつ破られたな。


 しかし、これからどうしようか。


「シロちゃん?ライオンと仲直りしようよ!かばんちゃんとのこともちゃんとお話ししたら許してくれるよ!」


「ん~…」


「シロちゃんはライオンのこと嫌いになっちゃった?」


「いや…」


「大丈夫だよ!だってお姉ちゃんなんでしょ?二人とも本当はとっても仲良しなんだから!ちゃんと話せばすぐに仲直りできるよ!」


 ケンカしてすっちゃかめっちゃしても仲良しか… 話を聞いてくれるといいんだけど。


 俺は拳をもらったが… かばんちゃんが止めなかったら俺も殴り飛ばしていたんだろうか?姉さんをだぞ?ライオンとか以前に女の子じゃないか…。


 ちゃんと謝らないと。





 その日はもう夜になっていたので眠ることにした。


 と言っても俺は眠れない、頬の痛みも気になる


 その晩バスの屋根に寝転んで考えた、どのように顔を出せばよいのか?


 ここからだと師匠のとこが近い、明日は先に師匠に挨拶しに行こう、尤もかばんちゃんがその気になってくれたらなんだけど。


 考えても仕方ないだろうか…。


「言い過ぎました、やり過ぎました、ごめんなさい…」なんてボソッと呟いてみる。


 俺にも落ち度があるからこうなったんだ、悪いところを認めて素直に頭を下げよう、そしたらきっと話くらいは聞いてくれるはずだ。


 姉さんはどうしてかばんちゃんにあんなこと言ったのかな…?


 いつもは優しいのに。


 あのまま二人を戦わせるべきだった?いや、さすがに見ちゃいられなかった。

 姉さんが相手だといたぶられてしまうかもしれないし、それ以前に二人がそんなことをするのは見たくない。


 あれはヤキモチ?いや、それなら姉さんはハッキリそういう態度をとる気がする。

 

 なんかもっとこう…。


「シロさん?」


 かばんちゃん?起きてたのか?


 ハッと振り向くと顔をひょこっと出した彼女が屋根まで上ってきた。


「隣、いいですか?」


「うん、どーぞ?」


 並んで座り空を見上げた。


 パークには人工の光が少ないから晴れてさえいれば満天の星空を見ることができる、今夜は少し雲があるが、それでも星空は最高だ。


「眠れないんですか?」


「まぁ、うん… 考え込んじゃってさ?かばんちゃんも?」


「僕もちょっと目が覚めちゃって…」


 二人で少しだけ笑うと話を続けた、彼女はやはり俺達のケンカに責任を感じているようで悲しい顔をしていた。


「僕は、やっぱりシロさんの隣に相応しくないんでしょうか?」


「どうして?」


「あんなに仲のいい二人がケンカしてしまうなんて… やっぱり良くないと思うんです、だから… だから僕は…」


「かばんちゃん?」


「はい…? ン!? んン…///」


 勢いだが、彼女何か悲しいことを言い出す前に唇を奪った。


 これで付き合い始めて3回目だが、今日はいつもより少し長めに。


「ハァ… シロさん…?」


「もし、思ってもないのに俺から離れるようなこと言おうとしてるなら、それは二度と口にしないでほしいんだ…」


「でも…」


 潤んだ瞳と少し赤みのさした頬、そんな表情のまま見つめ合い、話を続けた。


「いつか俺のことがどうしても嫌になって、本当に一緒にいたくなくなったなら… それは仕方がないけど…」


「そんなこと思いません!絶対!」


「じゃあ約束しよう?“冗談でも別れ話はしない”… いいね?」


「はい…」


 その晩お互いの気持ちを確認すると、俺達はもう一度口付けを交わした。


 彼女が好きなんだ、絶対に手放したくない。





 しかし夜になるとダメだな、どうも血が騒いで欲しくなってしまう。

 と言ってもまたパパッキーが邪魔してくるかもしれないし、それが無いとしてもバスの天井でおっ始める訳にいかない。


 “初体験の場所はどこですか?”

「ジャパリバスの屋根ぇ…ですかねぇ?」


 ほら洒落にならないだろ?





 そのあとかばんちゃんが星座の話をしてくれた。

 彼女詳しくって、あれがなに座でこれがなに座でと楽しそうに話してくれたんだ。


 俺はそんな彼女を見るのが楽しかった。


「あ…!シロさん、あれとあれとあれで… 獅子座になるんですよ!」


「それだけ知ってるよ、俺もライオンだから…」


「あ… ごめんなさい」


「いやごめん!大丈夫だよ?」


 俺はかばんちゃんが慰めてくれるけど。


 姉さんは一人なのかな…?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます