第42話 らぶれたー

「ただいまー」


「「おかえりなさいです」」


 さて、ツラッとしてるがこの二人… どうしてくれようか?


「黙っていますね博士?」コソコソ

「ダメでしたか、察するのです助手…」コソコソ


「聞こえてるよ!」野生解放


 察するのです… じゃないよ!俺がフラれたみたいな空気を出すんじゃない!始まってすらいない!


「シロ、玉砕してカリカリする気持ちはわかりますが耳を納めるのです」

「この島には素敵なフレンズがまだまだいるのです」


「ひとついいかな?」


「フフッ… 仕方がないヤツです、さぁくるのです!」バッ!

「我々長なので、今日は慰めてやるのです!」バッ! 


 受け入れ体制の二人に向かい、両手をゆっくりと広げ近づいていく。


「…」スタスタ


 無言の接近。


 からの!


ガシッ!

「え!?」

ガシッ!

「な!?」


「二人ともなんか勘違いしてるねぇ…?」ギリギリギリ


「「イタい!イタい!イタい!イタいぃ~!?」」


 説明しよう、獅子奥義アイアンクローは二人の頭をキリキリと締め付けるのだ。(爪は立てません)


「二人が余計なこと言うから向こうで大変な目にあったよ!」ギリギリギリ


「なんでですかぁ!?」

「フルルに恋してたのではないですかぁ!?」


「してないっ!」



 双方お互いに事情を説明するとだ。


 まぁそもそもの原因は俺があからさまに悩んでいたことで、それを心配した二人はご立派な知恵を駆使して今回の暴走した発想に至ったと言うわけだ。


「てっきり… ヒトのオスはみんなアイドルに目がないのかと」


「アイドルが好きなのと恋は別物なんだよ… それは偏見と言うんだ」


 別にアイドルオタクでもないしさ…。


「だとすれば、何をそんなに悩んでいたのです?」


「それは…」


 ダメだ、これは二人には言えない。

 心配させた原因とは言え、これだけは…。


「まぁちょっとあるんだよ!…でも!」


 俺がもう一度腕を広げると、二人は「うっ…」アイアンクローがまたくるのかと身構えいた、でも俺がしたかったのは違う。


「二人ともありがとう…」


 ぎゅう… と抱え込むように二人を抱き締めた、素直に心配されたのは嬉しかった、二人なりの思いやりである。


「ふぅ… まったく、困ったヤツですね?」

「あのような顔で料理を作られては満足できないのです」


 安心したのか、二人からも優しく抱き返してもらえた。


「心配かけてごめんなさい」


「いいのです」

「特別に許してやるのです」


 多分賢い長と言えど経験もないことに空回りしたんだろう。

 二人から見たら俺は困った居候かもしれないが、俺から見てもまったく困った長だよ。


 俺は腕を離すと二人の頭をぽんぽんと軽く叩き、今回は特別にワガママを聞くことにした。


 いろいろあったけどいい気分だからね。


「さぁ!なにが食べたい?ワガママ聞いてあげるよ?」


「なら、久しぶりにあのピリ辛のパスタがいいですね?」

「そうです、ペペロンチーノとかいうのを食わせるのです」

  

「わかったよ、じゃあこれから作るから待ってて?」


「温玉も乗せるのですよ!」

「チーズも用意するのです!」


「はーいはい」





 なんと暖かい、まるでホームドラマのようだ、これで長の暴走は一件落着。

 

 ではない!


「ということは助手、この手紙… 間違いなくかばんへのラブレターということで決まりですね!」


「ですね博士、たしかかばんは今ロッジでタイリクオオカミに旅の話をしに行っているのです」 


「善は急げですよ!直接渡しに行くのです!」バッサァ!


「はいです!」バッサァ!


 飛び立つ長!暴走は止まらない!





「はーいお待たせ~ペペロンチーノ温玉トッピングのお客様~?」


「「ハイです」」


「あと、粉チーズはここに置いとくね?使いすぎないでよ?」


「「いただきますッ!」」パンッ!


 そのパンッ!てやつ流行ってるのかな?

 

 多目に作ったにも関わらずあっという間に平らげた二人は一息つくと、嬉々として俺に何か手渡してきた。


「これなに?手紙?」


「シロ、喜ぶのですよ」

「朗報なのです」


「へぇーなんだろ?あ、もしかしてそれで少し出掛けてたの?」


「そうです、かばんに例の手紙を届けてきたのです」

「それは返事です、よかったですね?」


「わざわざ渡しに行ってくれたの?ありがとう!」


 なんだ気が利くなぁさすが長!どれどれ返事か、手紙なんか書くの初めてだったから緊張するなぁ。


“ シロさんへ

 

 お手紙ありがとうございます。

 今はロッジに寝泊まりしているので、明日の太陽が一番高い時間にロッジに来ていただければと思います。

 お気持ち嬉しいです、会えるのを楽しみにしています。


 かばんより ”


 明日の昼にロッジか… 早朝に走り込んでいかないと間に合わないなぁ、博士達送ってくれないかなぁ?


 それにしても考えすぎだろうか?文体に違和感が… 文字は綺麗だが心なしか震えてる気もしないでもない。


 いや今日の件で過敏になってるだけか?


 緊張するなぁ、こうして予定を組んで女の子と対談することなんてなかったからなぁ。

 

しかも相手はあのかばんちゃんだしね?まぁなるようになるか… 何も殴り合いしに行くんじゃないんだから何を恐れることがある。





 時は少し戻りロッジアリツカにて。


「ロッジアリツカへようこそ!… あら?博士達、珍しいですね?」


「かばんが来ていますね?」

「用があるので会いたいのです」


 シロがペペロンチーノを作ってる時だった、ロッジに訪れた長達は受付でアリツカゲラにかばんがいることを確認すると、すぐにそれに気付き奥からかばん達がきてロビーに集まった。


 博士達はかばんを見るなり、今回の目的であるシロの手紙を渡した。


「かばん、これを受けとるのです」


「はい、これは?」


「聞いて驚くのです」

「シロからのラブレターですよ」


「えぇ!?ラ、ラブレター!?」


 博士達のどストレートな発言によりみるみる顔の赤くなるかばんはただの手紙の封を切ることもできずモジモジとしていた、いくらゴコク帰りの彼女とて異性からの求愛など初体験なのだ。


「わぁ!よかったねかばんちゃん!でもらぶれたー?それってなんなの?いーなーわたしも欲しいなぁ~!」


「へぇ恋文だなんてシロ君もなかなかやるじゃないか?そうだ、私の紙とペンを使って返事を書くといいよ?」


「そ、そんなまだ心の準備が…///」


「返事ですか… それでは少し待つとしましょう」

「我々これから晩御飯なのですよ、早めに頼みますよ」


「せ、急かさないでくださぁ~い!?」



 肝心のシロからかばんへの手紙の内容。


“ かばんちゃんへ


 急で申し訳ないのですが大事なお話があります。

 二人だけで話したいので、都合の良い日や場所があったらこちらで合わせます、どうかよろしくお願いします

 

 シロより ”


 奇しくもそれっぽい内容である。


「先生、らぶれたー?ってなんですか?」


「オオカミも知ってるの?わたしにも教えて!」


「ラブレターって言うのはね、愛しくてたまらない相手に送る紙に書いたメッセージのことさ」


 さすが、博識のタイリク先生はラブレターのこともご存じのようだ。

 無論すでに全てを理解しているかばんもそれがシロからの愛のメッセージだということもわかっている、だからこその赤面。


「すっごーい!ってことはシロちゃんはかばんちゃんが大好きなんだね!」


「サ、サーバルちゃん!ハッキリそう書いてあった訳じゃないからね!?」


「フフフ!とてもいい顔頂き…」


 その晩、かばんは中々寝付けなかった。







 翌日の朝、ささっと朝食を済ませ博士達に送ってくれないか頼んでみたところ、昨日のように「野暮なのです」とか言わないですんなりとOKをいただいた、やったぜ。


 昨日の汚名返上のつもりなのかもしれない… と思ったがオオカミさんの漫画もあるから一応顔を出したいんだそうだ、昨日同様ホットケーキを作っていこうかと思う。





「おはようございまーす」


「まぁシロさん!お待ちしてました!かばんさんなら“みはらし”の部屋ですよ!」


「ありがとうアリツカゲラさん、いろいろ用意してきたから後でみんなでお昼にどう?」


「なにか作って来てくださったんですね?いい匂いがしますね?」


 おや?なにかデジャブのようなもの感じますね?シチュエーションが似てるだけかな?まさか… いやまさかね…。


 匂いを嗅ぎ付けたのか続々とロッジの皆さんが登場、オオカミさんにキリンさん、それからサーバルちゃんにかばんちゃんだ。


「やぁ博士達も来てたんだね?」


「漫画の進行具合が気になったので」

「ついでです」


「こんなにたくさんのフレンズが一度にロッジに集まるなんて… 事件の臭いがするわね!」


 仮にも探偵を名乗る者が事件を楽しみにするのはいかがな物かと思うが…。


「わーい!これが事件の臭いなの?甘くていい匂いだね!」


「サーバルちゃん?多分ものの例えだと思うよ?」


 でもみんな元気そうでなによりだ、最近みんなに心配かけてばっかりだったから逆にみんなに対してこういうこと思うのは新鮮。


 あ、かばんちゃんには一言お礼を言っとかないと。


「かばんちゃんおはよう、わざわざお返事ありがとうね?」


「ハイ…」


 声ちっさ!どうしたの!?


「あれ?どうかした?」


「あわわ…」


「カバン 体温ガ高イヨ 具合ガ悪イ時ハ無理シナイデネ」


「だ、大丈夫ですよラッキーさん!」


 不思議だな… いつも俺が彼女に対してオッフオッフしてるが、今日は逆にかばんちゃんがなにか取り乱してるようだ。


 ん?よく見たら周りみんなニコニコしてるな… なんだ?


「さぁさぁお二人さん、ゆっくり話すことがあるんだろう?」


「この密室を使うといいわ!」


「その部屋は“なかよし”という部屋です、二人のために準備しておいたのでどうぞお使いください!」


 は?“なかよし”?


 変だな…またおかしなことになってるんじゃ?いやでも勘違いされるようなことはないはずだ、手紙にも変なことは書いてない…

考えすぎか?


 いやまさか、まさか博士達がまたなにか余計なことを言ったんじゃ?違うよね?勘違いだよね長?


 俺は博士達に目を向けた、そして向こうもこちらを見ると無言のままこう返してきたのだ。


「…b!」親指グッ!


 あぁぁぁぁ!?!?!?絶対なんか勘違いされてるやつだぁぁぁーっ!?


「さぁシロちゃん!かばんちゃんも!」グイグイ


「ひゃあ~!?待って待ってぇ!?」

「あぁちょちょっと!?」


 ギィ… パタン… 


 ドアが閉まるとシンと静かな部屋に二人で取り残された、そしてこの“なかよし”という部屋… 元からなのかアリツカゲラさんの仕業なのかしらないが。


 ベットがひとつ枕が二つ…。


 何をさせようと言うのか?いや話すだけだから実質どんな部屋でも構わないがわざわざ用意したということはなにか大きな勘違いで動いていることになる、昨日の件は終わりではなかったのか。


「と、とりあえず座ろうか?」


「は、ハイ…」


 声が消えそうだよ、このままではかばんちゃんの声がミュートになってしまいそうだ。

 あとできれば向かい合って話したかった、なぜか並んで座る仕様にしかなっていないのはなぜ?


 近い… 緊張させないで。

 

 ここはまず誤解を解くとこから始めないとなるまい。


「シロさん…?」


「え?」


 先手を打ってきたのはかばんちゃんのほうだ、上手いこと切り出せればよいが。


「僕、その… こういう経験なくて… あんまりよくわからないですけど…」


「う、うん…」ドキドキ


「僕なんかよりもっと美人だったり可愛い子はいっぱいいるのに… その理由とか…?」


 これはまずいですやんか?


 どう伝わったのかしらないが俺は今日かばんちゃに告白しなくてはならないことになっているらしい。


 しかもかばんちゃん自身は初のことなので感情のコントロールが追い付かずどうしたらよいかわかっていない、色男ならここで「君じゃなきゃダメなんだ」とか言うが、まったく別のことを話しにきた俺にはそんな無責任なことは言えない。


 かといって切り出しにくくなってきた。


「かばんちゃん一旦深呼吸しようか?」


「え?あの…」


「いいからいいから、せーの」


 すー… は~…

 大きく息を吸い、それを大きく吐く。

 たったこれだけで少しは変わるものだ。


「落ち着いた?」


「は、はい少し」


「じゃあ質問に答える前に博士達から何て聞いたか教えてくれる?」


「え?えっと… その、シロさんから… その…」


 目がキョロキョロとして落ち着きがない、顔も真っ赤だし… 何かスケベなこと吹き込まれていなければいいんだけど、俺の風評被害も勘弁してくれ。

 

 なんて思いながら彼女の言葉を待ち、やがて絞り出したような声でその理由が明らかになった。


「ラブレターがあるって…」


「あ、あぁ~…」


 ギルティですよこいつぁ、なんてこと言っちゃったんだよ博士達。

 とりあえず説明だ、俺はそういう手紙でないことをまず話し、今回の件は誠に申し訳ございませんと伝えることにした。


「え、えぇぇ!?それじゃあみんなの勘違いですか!?」


「うん… ごめんね困らせて?」


「でも、それじゃあ二人だけで話したい大事なことって?」


「うん、実は悩みごとがあってさ?話せるのがかばんちゃんしかいないんだよ」


 やっと本題に入れるよ…。


 話したのは食物連鎖、そしてフレンズと肉料理、さらに魚のフレンズについて。


 これが基本だろう。


 伝えると彼女もすぐに落ち着きを取り戻し、いつもの冴えた感覚でさくさくと俺の悩みや疑問き答えてくれた。


「確かに難しいですね、料理の為にお肉は… 僕らがそれを始めたとしてもフレンズさんは食べないってこともあると思います」


「うん… まぁ肉を使いたいわけではないんだけど、それを突き詰めていくとさっき話した魚とか、すでに使ってる卵もよくないってことになるでしょ?だとしたらここらが料理の限界になるんだけど、逆にどんどん新しいものを作ることになったらいずれは…」


「そうですね… あの?シロさんは“いただきます”と“ごちそうさま”の意味を知ってますか?」


 それを言われて初めて考えた、二つの意味か… いただきますはそのまま貰いますみたいな言葉だ、ごちそうさまは?わからないな?


「“いただきます”は食材の命をこれから頂きますよ… という意味らしいです

 “ごちそうさま”は… 馳走、走り回るって意味のことばなんですけど?これは命を糧としました、今まで生きてきて今日食べさせてくれてありがとう… という意味だそうです」


 そういうことか… だから“頂く”と“馳走”という言葉を使うのか、食材への感謝を表していたんだ。


「博士さん達は、シロさんの料理を残したことはありますか?」


「そういえばないかも、初めのほうに作ったお粗末な料理も文句言いながら食べてくれたから」


「それは二人がそれをよくわかってるからだと思います、命を糧とする以上敬意を払っているのかと…」


 すごいやかばんちゃん、そんなとこまで頭が回らなかった… 人間にしてみれば料理なんて欲を満たすためだけの行為だ、残してはいけないって言うのも、作った人に失礼とか結局人間基準の考えだもの。


 真の意味なんて、何人がわかってるんだろうか?


「それとお魚のフレンズさんなんですが… 僕もあったことはないんですけどひとつ話を聞いたのが“人面魚”のフレンズさんが昔いたとかどうとかと言われてるそうです」


「じ、人面魚?それはまた不思議な…」

 

 都市伝説じゃないか最早… 魚扱いでいいのかな?


「でもそれは置いといて、僕はお魚ならすぐに出しても大丈夫だと思います… ちゃんと感謝の心がわかっていれば食べるのも生きていくのに必要なことだと思いますし、いずれはお肉も… 昔のパークはジャパリマンだけでなくいろんな料理も出していたそうなので?」


「なるほど… それにしても詳しいねかばんちゃん?本で読んだの?」


「いえ、今言ったことは全部ゴコクである人に言われたことをそのままシロさんに言ってるだけなんです、エヘヘ…」


 ちょっと待った… なんだって?


「ゴコクエリアに… 人がいたの?」


「はい、“カコさん”ってすごく頭が良くて優しい方でしたよ?その人からいろいろ聞いて、勉強してからこっちに戻りました」


 よい思い出を作ってきたのかなにやら嬉しそうに俺に話してくれる彼女。


 しかしなんてこった… カコさんだって?その人は確か父さんの上司じゃなかったか?会ったことも無いし記憶が曖昧だからハッキリ覚えてないけど、いや今はそれはいい… それは追い追いだ。


「実は向こうにいるときお魚の料理も食べたんです、サーバルちゃんがすごく気に入っちゃって!」


「猫はお魚が好きだからね?俺は骨取るの下手だから好きってほどでもないけど、美味しいよね?お寿司とか」


「おすし?どんな料理ですか?」


 ここからは普通の談笑、なんか気が楽になった。


 やっぱりかばんちゃんに話して正解だった、安心したし吹っ切れた… 明日からまた料理に専念できそうだ。


 やがて話が途切れて来た頃、俺達は外の連中に誤解を解く為部屋を出ることにした。


「さ、そろそろみんなのとこ戻ろうか?」


「はい、なんだかお腹が空いてきちゃいました!」


「あ、そうだ… 最初の質問の答えだけど」


「え…?」


 なんで僕なんですか?って言われたよな確か、なんだか消極的だったしここは男の目線で一つ一応答えておこうと思う。


「かばんちゃんだってみんなに負けないくらい可愛いし魅力的だと思うよ?自信持ちなよ!」


「え!?あ… ハイ…///」


 よし… それじゃこの事件にかたをつけるとするか。


「お待たせみんな~」


「やっと出てきましたかこの色男」

「その分だと… 心配はいらなかったようですね?」


「そうだね、二人ともちょっとおいでよ?」


「なんです?あぁまたあれですか?仕方ないですね!」バッ! 

「なかなか可愛いとこがありますねお前も!」バッ! 


 受け入れ体制の長に向かい両手をゆっくりと広げ近づいていく俺。


「そうそうこれだよこれ」野生解放


ガシッ!ガシッ!

「「えっ!?」」


「ラブレターと勘違いしたのはこの明晰な頭脳かなぁ…?」ギリギリギリギリ


「「あぁぁぁぁぁあ!?!?!?」」



 この日、長の暴走はようやく終わりを迎えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます