第36話 捜索

 やるしかない、まさにそんな状況だった。


 ここでコイツらを野放しにする訳にもいかない!目標は全滅、かと言って自分の力を過信してはいけない… なら可能な限り減らす!


「野生解放でいっきにいくぞ!」


 火山故、既にフレンズ化はしていたが俺はさらに野生解放で体にブーストをかける。


 高揚感があり体がウズウズするが正気は保っている、このウズウズはこいつらで解消すればいい。

 

「まとめて相手してやる!」


 バギーに乗ったまま槍を抜き正面に現れたセルリアンに向かい突っ込むと一突きにした。


 グサッ!

 貫通し、背中の石まで届いた槍はそれを砕く、そのままセルリアンはパッカーン!と音出して弾け飛んだ。


 いいぞ、この調子だ。


 そこでバギーを止め、各個撃破に入る。


「小さいのがなんだ!」


 パッカーン!パッカーン!パッカーン!

 迫りくる1つ目の大群に力いっぱい槍を振り回し応戦し、倒していく。


「よしっ!」


 俺は次々とやつらの石を破壊した。

 

 今日はとても調子が良い、体は軽く疲れも感じない、サンドスター濃度の濃さが俺に味方してくれているのかもしれない。

 それに動きが単純なセルリアンはまっすぐ向かってくる、同じまっすぐでも師匠に比べれば威圧感も早さも無い、天と地ほどの差を感じる。


 経験が生きている、鍛えておいてよかった。


 ありがとう師匠!姉さん!





 が、何匹も倒した頃だった。


「なんだこれ… キリがない…」


 倒しても倒しても減りゃしない、もう最初に見た数の倍は倒したんじゃないか?だが見てみろ。


 前後左右からワラワラと一つ目の団体が押し寄せてくる、増える一方だ。


「グゥルアァーッ!!!いい加減にしろぉーッ!!!」


 負けじと槍を豪快に振り回す。


 パッカーン!パッカーン!パッカーン!

 そしてまた勢いのまま何体も弾け飛ぶセルリアン。

 それでも迫りくるやつらを俺は何度も迎え撃つ、師匠の槍を振るい石を砕く… がしかしまだまだ来る、まるで無双シリーズだ。

 

「あぁ!クソッ!もう一度!」

 パッカーン!

「まだまだ!」

 パッカーン!

「うぉぉああああ!!!」

 パパパパッカァーン!!!


 その時だ、俺は突如異様な脱力感に襲われた。


「あ…れ…?」


 ガックリと膝を着き息が上がる、これは?


 力が抜けて… しまった爪が、どうやら耳も尻尾ないようだ、なぜ?。

 まさかサンドスター切れか?嘘だろ?濃度の濃い山にいるってのにこの様か!燃費悪すぎるよ俺の体!


 回復なんて待ってられない、これじゃ分が悪い!逃げないと…!


 俺はフラつく体にムチを打ちバギーまで走った、気絶しないのはここがサンドスター火山だからかもしれない、あるいは修行の成果か、どちらにせよ戦略的撤退を余儀なくされた。


 何体か蹴散らしていたおかげかすんなりバギーに乗り発進することができた。


 これでひとまず大丈夫だな、あいつら足が早い訳じゃないからバギーには敵いっこない… ロッジで走ったときと同じだ。


 かといって俺は可能な限り早く走った。

 

 早く降りなければ、ヒグマさん達にこの事実を伝えなければ。

 やつらに追い付かれる心配は無いにせよ、放っておく訳にはいかない、どちらにせよあの数が脅威であることにはちがいない。


 にしてもなんで急にあんなに大量発生したんだ?俺のせい?何かした覚えはないし四神にも触れてないのに、もちろん最後までフィルターに動きはなかった。


 頭がゴチャゴチャになっていた… とにかく焦っていた…。


 早く、早く降りないとって。


 でも…。


 運転中に考え事なんてするもんじゃない、テレビで事故のニュースがよく取り上げられたり、そもそも運転免許証なんて物が必要な理由がわかった。


 ガンッ! 


「しまっ…!?」


 こういうことになるから適正ってのを判断してんだろう、ルールに乗っ取った運転はできるか?よそ見はするなとか集中してるのか?とか、でも後悔しても遅いよ…。


 道の悪さからハンドルをとられてしまった、バギーはそのスピードのまま岩にぶつかり、俺は空中に投げ出され崖の向こうへ消えていく。


 成す術はなく、宙に投げ出され、足場も何も無い崖の向こうへ…。




 

 約束の三日後…。



「博士!シロは帰ってるか!」


 場所は図書館、ヒグマはシロとの約束通り安否を確認しにきたのだ。


「「…」」


 そこには青ざめたような表情で固まる長の姿があった、二人はヒグマが来ることでなにがあったのかを瞬時に悟った。


 すぐに帰ると思っていた彼、なかなか戻らないことに不安を感じつつも無事に決まっていると二人は自分に言い聞かせていた。


 しかしそれは、ヒグマの登場により深刻な事態へと早変わりしたのだ。


「その様子だと帰ってないんだな…?」


「シロそんな… 私が一人で行かせたばっかりに…」

「我々の責任です、こっそり着いていくこともできたのに…」


 シロはあれから戻っていない、即ち行方不明である。

 もっとやり方があったはず、何も一人で行かせることはなかったと、博士達は帰らぬ彼を己が招いた結果だと責めていた。


「私達はすぐに火山に登って捜索に入る!二人は他のフレンズに手を貸すよう声をかけてくれ!」


「「…」」


「しっかりしろ!島の長がこんなことでどうする!私達は行くからな!周辺の捜索は頼むぞ!」


 長を叱咤し、火山へ入るのに許可も返事ももらわぬままヒグマは駆け出した。

 同時に長達は、ヒグマの言葉で気を持ち直し無言のまま目で語り合うと図書館から飛び立った。



 シロが行方不明となった。



 それを聞きすぐにたくさんのフレンズが協力しに集まり、火山周辺の捜索が始まった。


 山頂ではヒグマ達ハンターがセルリアンと遭遇しそれを撃退、その数からかなり苦戦はしたが三人で協力し切り抜け、掃討に成功した。


「すごい数でしたね… オーダー、なんとか完了です」


「二人とも無事ですね?シロさんもこれに襲われたんでしょうか?」


「ひとつひとつ個体は大したことないが、こう多いとさすがにキツいな… シロ、だから着いていくと言ったのに!」


 三人は途中でシロのバギーがひっくり返ってるのも確認している、山頂から下りでそこまでは逃げたのでは?と予想を立てた。


「お前達!無事ですか?」

「なにか手がかりは?」


「博士達、いや… 大量のセルリアンに襲われた、全部倒したが」


 フレンズ達を集め捜索に当たらせた長の二人は一度山頂へ飛びヒグマ達ハンターに経過を尋ねた。

 そこでセルリアンの大群の存在と横転したバギーの存在を知らされることになる。


「あっちにシロさんの乗り物がありました、もしかするとセルリアンの数を見て逃げたのかもしれません!」


「かなり薄いので微妙だけど、あそこで臭いが途切れてます、だから… ここで追い詰められたのか、あるいは崖から…」


 三人の情報から長達は苦虫を潰したような顔をした、そうこれは最悪の二択だ。


 セルリアンに食われたか崖から落ちたか… もしもシロが完全なフレンズなら崖から落ちても無事だっただろう、しかし彼は半分はフレンズとは言えヒトである。


 故に、生身の生き物がこの高さから落ちたらどうなってしまうのか… 博士達にはそれが容易に想像できてしまった。


 死んでいない、死んでいるはずがない。


 二人はそう自分に言い聞かせ、捜索に更に力を入れる。


「下の者達に捜索を強化させるのです!」「一旦降りましょう…!」


… 


 既にシロの行方不明から三日である、その間に雨も降った。

 そのため鼻が自慢のフレンズも捜索には難儀していた、匂いが雨で流れてしまったのである。


「かばんちゃーん!」


「サーバルちゃん!どう?なにか手掛かりは?」


「ごめんね?匂いもないしそれらしい音も聞こえなくて…」


「そっか… うん、大丈夫だよ?ありがとうサーバルちゃん」


 頭のいいかばんだったが気が急いているためかいつものようにうまく考えることができなかった。

 彼女はそれでもみんなの前では気丈に振る舞った、本当は彼女も押し潰されそうなほど不安だったのに…。


「シロさん… どうして一人で…」


 しかし耐えきれず涙を流すかばん、そんな彼はをサーバルはいつものように元気付ける。


「大丈夫だよ!シロちゃんすっごく強いし!かばんちゃんみたいに器用だから無事に決まってるよ!」


「うん、そうだね!シロさんがいなくなるわけないもんね!」


 そうだ、信じよう。

 信じて落ち着いて考えよう。


 かばんは焦っていた自分に気付くと一旦深呼吸して思考を巡らせた。


 匂いは雨でわからない、目立った音も聞こえない… ならどうすれば?


 そうだ熱源… 生き物は熱を帯びている!


「サーバルちゃん!ツチノコさんを呼んできてくれる?」


「え、ツチノコを?どーして?」


 ピット気管、赤外線を見ることができる気管… 蛇特有のその器官の存在、かばんはそれを思い出したのだ。


「オレならここだ」


「ツチノコさん!よかった!お願いがあるんです!」


 謀らずも木の影から彼女は現れた、しかしその表情はどこか暗く、いつもの勢いはなかった。


 力無く俯き、フードを深く被っている。


「オレのピット気管だろ?さっきからやってるよ…」


「ま、まだ!まだ探してないとこもありますよ!だから!」


「こんなに沢山のフレンズで探しているのにか?蛇だってオレだけじゃないんだぞ?」


 少し顔を上げかばんを睨んだツチノコの目にはいつものキラキラとした輝きはなかった、ひどく悲観的で絶望した目をしていた。


「大丈夫です、大丈夫に決まってます… だって…」


「アイツは…」


「え…?」


 ツチノコはフードを深く被り、俯いたままポツポツと彼の話を始めた。


「アイツはさ?見栄っ張りでさ?すぐ無茶するんだ… きっと今回だって“迷惑かけたくない”とか“自分のことだから”とか言ってまた一人で見栄張って山に登ったんだ

 でも素直に頼んでくれりゃさぁ!オレは喜んで着いてったさ!クソッ!オレはこんなめんどくさい性格だけどさ!アイツの頼みなら断るつもりなんかないんだ!グスン クソぉ!なんで… なんでアイツはいつもこんな…!ぅヒグ…」


 彼女にしては非常に珍しく涙を流しているところを人に見せていた。


 ツチノコがこれほど感情的に悲しみを表しているところを何人見たことがあっただろうか?恐らくこの姿はスナネコでも見たことはないだろう。

 

「ツチノコさん… ツチノコさんはシロさんが大好きなんですね?」


「あぁ!そうだよ!悪いかよ!グスン」


「いえ、僕もです… だから信じましょう?信じて探すんです、すぐに会えますよ?まだ探しはじめてそれほど時間もたってません… だから」


「うぇヒッグ… 大丈夫かなぁ?アイツ…」


「大丈夫です!だってシロさんですから!」


 ポツ… ポツ… とまた雨が降ってきた、これでは鼻が自慢のフレンズはますます不利になる、せっかくの匂いがまた雨で流れ視界も悪くなる、さらに捜索は難儀するだろう。


「「かばん!」」

  

 そこに飛んできたのは長達だ、二人はバギーの位置から彼が落ちたと仮定して、大体の落下地点を割り出していた。


「調度良いとこにツチノコもいますね!」「泣いてる暇はありません!来るのですお前達!」


「な、泣いてない!雨が降ってるからそう見えるんだよ!」ゴシゴシ


「なにか手掛かりですか?」


 長の二人は頭の回転が早く指揮を取るのに秀でているかばんと、捜索に必要なピット器官を有したツチノコの元へ降り立った。


 彼の捜索の手掛かりを伝え今度こそ見付ける為に。


「山頂から少し下った崖のそばにバギーがあったのです」

「そこから落ちたと仮定して、落下地点を探したいのです」


「が、崖から!?」


「大丈夫だよな!?」


「それを今から確かめるのです!」

「行きますよお前達!着いてくるのです!」

 

 バギーのあった位置の崖からまっすぐ真下、落ちているならそこにいる可能性が高いのである… にも関わらず彼が見つからなかったのは、彼が僅かでも移動したからではないだろうか?


 即ち生存している。


 かばんは考えたくもない彼の死からその答えを導きだしていた。



 もしも死んでいたらそこには…。

 


 そう、死体が残る。


 かばんはその光景を想像するだけで恐怖心から吐き気を催した。


 でも彼は見付からない、それはつまり落下から動きがあったということ。


 がこれは非常に前向きな考えだった、セルリアンに補食された可能性は完全に度外視して、彼の体が残っているという大前提の考えである。


「ここです!」

「この周辺を探すのです!」


 大体の落下地点にフレンズが集合、博士達の一声で周辺は捜索をさらに強化された。


「ぐぬぬ~…」


「どう?アライさーん?」


「雨が降ってきたからちっともわからないのだ!でも必ず見つけるのだ!シロさんが元気になったらアライさんも料理を教えてもらうのだ!」


「そうだね?絶対見つかるよ!」


 アライグマの強く希望に満ちた心を感じ、普段あまり感情を大きく見せないフェネックも力のこもった声をだした。


「どうしようかばんちゃん… この近くにいるはずなのにどんどん雨が強くなって音も聞こえないよ?」


「大丈夫だよサーバルちゃん… ツチノコさん?どうですか?」


「待て… 悪いが視界に入らないでくれ…」


 余計な熱源を見せないためにフレンズ達は彼女の後ろに回った。


 彼女は、ツチノコは雨に打たれるのも気に止めず周辺を見渡し熱源を探っている。


 集中しろ… オレがアイツならどうする?あの高さならまともに動けないんだ、近くにいるはずだが。


「ちくしょー…!どこだどこだどこだ!」


 彼女もまた、気が急いていた。


 なぜいない?いるはずだ、絶対に…。



 ツチノコのピット器官でも見付からない… それを見たかばんは、先程の“落ちた後移動したとしたら?”という推理を改めていた。


 もし僕が崖から落ちて助かっても歩いて動くことはできない、自信がない…。

 シロさんなら地面に張ってでも動く?でもだとしたら…。


 跡が残るはず、でもそういう跡はどこにもない、それは不自然。

 雨で流れたとしてもどこかに少しくらい跡がのこっててもいいはずなのに、ということは下にはいない?上?頂上ではなく、もし山の中腹にいたとしたら?


 かばんは上を見上げると岩壁に足場になりそうな場所を見つけた、まさか?


「ツチノコさん、あそこ!」


「なんだ?… そうか、もしかして!」


 足場のようなところを見付けた二人は博士達に上に運んでもらうよう頼み込んだ、丁度横穴のようになったそこには…。


「こ、これ…」


 地面に赤黒い物が付着しているのが見えた、そうそれは…。


「血…か?ってことは怪我をしてるんじゃ!?おいシロ!いるか! …は!?いたぞ!奥だ!」


 ツチノコは横穴の奥にうずくまる熱源を発見した、見るからに弱々しいそれは皆が探し続けた彼…。


 とうとう見付けた彼、しかし血を流し酷く衰弱した様子で気を失っている。


「ひ、酷い怪我だ…!?シロ!おいシロ!起きろ!迎えに来たぞシロ!返事しろよ!」


「シロさん!お願い起きて!」





「シロぉ!」「シロさん!」




 う… 呼ば… れた…?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます